名言DB

9490 人 / 112001 名言

西川真梨子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西川真梨子のプロフィール

西川真梨子、にしかわ・まりこ。日本の経営者。「マッスルデリ」CEO(最高経営責任者)。関西学院大学卒業後、繊維メーカー勤務、サバイバルゲームフィールド運営会社設立、コンサルティング会社勤務などを経て「マッスルデリ」を設立。

西川真梨子の名言 一覧

私は仕事もプライベートも常に楽しんでいて、過度のストレスがたまらないようにしています。その意味では、心が健康であることも体の健康にもつながるのだと思います。


筋肉トレーニングを長く続けられるコツとしては、とにかく「楽しむ」ことです。メニューのバリエーションも多く取り揃え、自分の限界に挑戦しています。できなかったメニューができるようになったり、体の変化を感じたときは、とてもやりがいを感じます。


私個人は体が丈夫なので健康に対して課題感がなく、健康を意識した活動はしていません。ただ、美しくなるためにしている行動が結果的に健康維持につながっていると感じます。私が日頃から習慣として取り組んでいるのが運動と食事。ジムには毎週1~2回は顔を出し、マシーンを使った運動というよりも、腕立て、腹筋、スクワットといった様々な筋肉トレーニングを1時間のレッスンの中で毎回内容を変えながら行うようにしています。


西川真梨子の経歴・略歴

西川真梨子、にしかわ・まりこ。日本の経営者。「マッスルデリ」CEO(最高経営責任者)。関西学院大学卒業後、繊維メーカー勤務、サバイバルゲームフィールド運営会社設立、コンサルティング会社勤務などを経て「マッスルデリ」を設立。

他の記事も読んでみる

工藤公康

新人はいいところを見せようとして、つい飛ばしすぎてしまい、それが故障の原因になることもある。ガムシャラにやるだじゃなく、制御することも覚えた方がいい。


出井伸之

新しいことをやれば、ある程度の矛盾は避けられません。ですからあまり秩序的に考えすぎず、矛盾や混乱はむしろ喜ぶべきなのです。


青木仁志

「あがったらどうしよう」という気持ちを意識するよりも、まずは行動することが大切です。たとえば、研修会などで初対面の目上の人に接したときには、「こんにちは」と挨拶したのをきっかけに、「今日初めて参加した○○です。若輩者ですが勉強させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします」と話せば、相手は必ず反応してくれます。それに答えていけば、自然と会話が続き、人間関係を築いていけます。


貞松成

人口減や少子化の問題というのは結局、労働力人口の減少というのが最大の問題だと思うんですね。高度成長期までの日本は、東京一極集中で発展してきました。地方から優秀な人を集めて発展していたわけです。その結果、何が生まれたか。東京に住んでいると出生率が低い。東京で子供を産んでもせいぜい1人です。2人いたら珍しいくらい。でも、地方では2人産むのは珍しくありません。要するに、地方であれば子供を産めるのに、東京では子供を産み、育てる環境がないから、どんどん少子化が進んでいくのです。では、なぜ人が東京に集中するのかといったら仕事があるから。でも、子供を産み、育てる環境が東京にはない。だったら、我々が保育施設をつくろうという考えに至りました。


片田珠美

腹が立つ相手とのコミュニケーションを避ける人もいるが、それは部下の手段である。監督責任がある上司はコミュニケーションを避けてはいけない。


米山公啓

夢、やってみたいことがある人は、思っているだけでなく、手書きで書き出してみましょう。最初は、漠然とした思いつきでも専用ノートを用意。思ったこと、調べたことをメモしていくのです。


大久保真一

今も私は年間200日は海外出張に行きますが、歩くことは世界中どこでもできます。歩くことは全ての基本。今後も歩くことで健康維持につとめたいと思います。


出雲充

私は日本視点、先進国視点の製品を途上国に持ち込んでも、上手くいかなくなる日が来ると感じている。それどころか、将来は途上国で生まれた製品やサービスが、先進国に持ち込まれる逆流すら起こると考えている。


中西宏明

赤字を出さない経営、それを5年もやると会社の中はボロボロになる。設備投資しない、技術開発しない。口では「やってます」と言っているけれど、本当はやっていない。攻めていないからです。


田中仁(経営者)

私はもともとメガネが好きだったというわけではないのですが、商売すること自体が好きなのです。実家が商売をしていたこともあって、「自分もいつかは起業したい」と昔から思っていました。


城山三郎

東京へ出る予定なのだが、その前に仕事部屋へ寄り、机に向かった。書いた原稿はわずか一枚だが、それでも毎日仕事を続ける感じをと、わが身に言い聞かせて。サイトウサンペイ氏に、「三日続けて仕事をしないと、頭の配線図が消えてしまう」との迫力ある言葉があるが、この道四十年の私も、とにかく配線図が消えてはならぬと、いまなお、おびえている。


岩崎日出俊

株式投資は、リターンが大きい反面、リスクも高く投資資金が半分になることも珍しくありません。長者番付上位の常連で世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットですら、これまでに自分の資産を半減させたことが4回もあるそうです。みなさんもそういう目に遭う可能性は十分にあります。日常生活に支障を来さないように、半分になっても生活に影響のない余剰資金で株式投資を行うようにしましょう。