名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西川真梨子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西川真梨子のプロフィール

西川真梨子、にしかわ・まりこ。日本の経営者。「マッスルデリ」CEO(最高経営責任者)。関西学院大学卒業後、繊維メーカー勤務、サバイバルゲームフィールド運営会社設立、コンサルティング会社勤務などを経て「マッスルデリ」を設立。

西川真梨子の名言 一覧

私は仕事もプライベートも常に楽しんでいて、過度のストレスがたまらないようにしています。その意味では、心が健康であることも体の健康にもつながるのだと思います。


筋肉トレーニングを長く続けられるコツとしては、とにかく「楽しむ」ことです。メニューのバリエーションも多く取り揃え、自分の限界に挑戦しています。できなかったメニューができるようになったり、体の変化を感じたときは、とてもやりがいを感じます。


私個人は体が丈夫なので健康に対して課題感がなく、健康を意識した活動はしていません。ただ、美しくなるためにしている行動が結果的に健康維持につながっていると感じます。私が日頃から習慣として取り組んでいるのが運動と食事。ジムには毎週1~2回は顔を出し、マシーンを使った運動というよりも、腕立て、腹筋、スクワットといった様々な筋肉トレーニングを1時間のレッスンの中で毎回内容を変えながら行うようにしています。


西川真梨子の経歴・略歴

西川真梨子、にしかわ・まりこ。日本の経営者。「マッスルデリ」CEO(最高経営責任者)。関西学院大学卒業後、繊維メーカー勤務、サバイバルゲームフィールド運営会社設立、コンサルティング会社勤務などを経て「マッスルデリ」を設立。

他の記事も読んでみる

野村和史(経営者)

うちの製品は工場見学に来て1日じーっと眺めても、なかなか真似できないんです。特許情報を見て理屈がわかっても、加工精度と品質、耐久性が違う。


朝倉千恵子

「学びに無駄はない」と言います。そのときは関係ない、遠回りだと思うようなことも、あとになって必ず活きてくるもの。


諸井貫一

私は社長に就任して一番強く決心したのは、戦争時代からの持ち古しの老朽設備をなんとか若返らせて、生産性の向上をはかりたいということであった。こんな設備は思い切って捨ててしまい、新工場でもつくった方がよいと思ったが、それには莫大な資金が必要なうえ、当時は必ずしも最新式の技術を導入できる段階でもなかったので、私はむしろ着実な方法を選んで、まず厳重な年次計画を立て、第一期、第二期という具合に資金計画とにらみ合わせながら工場の若返りと能力増加をはかっていった。


高田明(ジャパネットたかた)

テレビもラジオもペーパーもインターネットも共通して、いかにお客さんの期待に応えていくものを作っていくか常にお客様の目線で考えています。


川上量生

企業の社会的役割で一番重要なのは雇用です。だから人数が多いのはいいこと。うちは多すぎますが、それだけ社会のために役に立たない人間を雇っているわけだから、多すぎることに胸を張ってもいい。もちろん、そのぶん儲ける必要はありますが。


中田敦彦

働く人は、報酬が評価の基準になることを月々の給与を確認するたびに実感しているのではないでしょうか。お金なんてどうでもいい、と思っている人も「努力した結果がこれだけ?」と感じる瞬間があるはず。それが積み重なると、いずれ疲弊します。そうならないうちに、やりがい一辺倒でなく「稼ぎ」も両立させることを考えたほうがいいと思うのです。


三浦善司

これまで何十年もハードだけを売ってきた社員にいきなりサービスを売れといってもそう簡単にはいきません。そこで、今年2月に米国のITサービスの会社を買収しました。自社だけでなく外部の力も積極的に取り込むことで、事業環境の変化に柔軟に対応できるリコーを作っていきます。


川村元気

企画は一枚の紙に文章でまとめて上司に見せます。本当に伝えたいことは紙一枚で十分です。ここに上司を納得させられる要素をどれだけ詰め込めるかが勝負です。


古森重隆

私は意識してものごとを前向きに考えるようになってから人生が変わった。前向き思考は誰でも訓練で身につけられるので、ぜひやってみてほしい。


林野宏

人間、それほど先のことが分かるわけではない。でも変化のファクターが何かは分かる。どういう変化の仕方をするかは分からないけれど、変わることを前提に遅れないようにすることが大切。


水野泰三(経営者)

今はメインの工場が中国にあるんだけども、そこで作った商品は日本向けだけじゃなくて、OEM(相手先ブランドによる生産)でロシアや欧州にも出荷しています。そっちは原価販売で、利益を出さなくていいと言ってね。それで生産量を確保して、コストを抑えて利益を取る。ほかはここまでできないでしょう。


大久保幸夫

人手不足の時は、会社を良くするには一番いい時期です。業績の良い会社は景気が上向きの時に生産性を上げる仕組みを作るほか、処遇の改善、社員にかかる制度の整備、組織改編といった組織強化の工夫に投資しています。この時行った対策が、その後景気が悪くなったとしても非常に良い働きをする場合があります。人手不足の時にとる行動が、企業にとって分かれ道になります。