西川政一の名言

西川政一のプロフィール

西川政一、にしかわ・まさいち。商社日商の東京支店長を経て社長、その後合併を経て総合商社日商岩井の初代創業者。日商岩井は現在の双日。日本バレーボール協会会長などを務める

西川政一の名言 一覧

近年、戦後の荒廃から日本が立ちなおり、日本経済の順調な成長に沿ってトップ層も交代し、若返りをはかる時期が来たわけだが、社長が代わっても本当の意味での若返りと言えるかどうか疑問に思っていた。日本独特のいわゆる実力会長制がはびこり、せっかく後進に道を譲ると称して交代しても、代表権のある会長に収まってしまって、いわば奥の院的な法王的存在になって二頭政治の機運を醸成しかねない。


企業の全責任はあくまでも社長の双肩にあり、社長が思い切って手腕を発揮できるように、会長や相談役は意見を具申しても絶対に命令すべきではない。【覚書き:会長に就任した時の発言。どのような会長を目指すか表明した言葉であり会長観でもある】


企業の合併には綿密な現状分析と周到な準備、そして確固たる将来の見通しに立脚した経営責任を負う者の勇断が不可欠だ。【覚書き|日商と岩井の合併について振り返った時の発言。商社間の合併は企業文化や制度が違うため難航した】


西川政一の経歴・略歴

西川政一、にしかわ・まさいち。商社日商の東京支店長を経て社長、その後合併を経て総合商社日商岩井の初代創業者。日商岩井は現在の双日。日本バレーボール協会会長などを務める

他の記事も読んでみる

出原洋三

買収した英ピルキントンは24カ国で事業展開しており、グループ全体の株主や関係者のためには、グローバルに経営ができる人材をトップにするしかありません。現時点ではそれがピルキントン出身のスチュアート・チェンバースだったということです。


チャールズ・レッドドアー

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。


小原泰(ロビイスト)

結局、我々の起こしたアクションによって世の中がよい方向に変わらなくては、やっているほうも面白くない。


是川銀蔵

私は1日1日、それこそ真剣勝負をやっておるんです。失敗しても誰も助けてはくれんし、自分の努力で運命を開拓していく以外、生き残る道はない。だから私は1秒、1分間に全力を傾けて真剣勝負を続けました。だからどんな状況の時でも正確な判断が要求され、それを下してきた。


小松易

片づけとは「カタをつける」ことです。カタをつけられずに、未処理の案件が多く挟まった手帳や財布を持っている人に、効率的な仕事ができるはずがない。新しい情報やモノにも気持ちが向かないだろう。


宇佐美進典

どんな事業をやるにしろ、世界を変えてしまうようなすごいことをやるんだという想いで創業しました。


中山マコト

できるビジネスマンは、自分が熟知している分野であっても、必ず人に尋ねる習慣をもっています。企画スピードを要求される時代とはいえ、拙速では何の意味もありません。恥ずかしがらずに、勇気を出して人に聞いてみることが大切です。


ドナルド・トランプ

「アイデアの先を越された」と内心ぼやいたことはないだろうか。今実行しよう。そうすれば他人から「先を越されたよ。なんていいアイデアだ!」と言われるようになる。


菊地哲(経営者)

良い経営方針を作っても、社員が動いてくれなかったら何の意味もない。会社の考えと、社員の思いがひとつになってこそ、能力を発揮しやすい組織になる。そこで大事なのは自分の言葉で社員にメッセージを伝えることです。


森川亮

私がリーダーを務める際には、いかに「異質な者」を組み合わせてコラボレーションするかに心血を注いでいます。


内藤誼人

芝居の世界では「一に声、二に振り、三に姿」と言われている。一番大切なのは声だというのだ。身振りや外見も重要だが、それ以上に声が重視されているのである。いい声で話すのは、人を引き付けるポイントだと言えよう。いい声を出すときのヒントは、語尾をはっきりと言うことである。


上野金太郎

入社した当時のメルセデスベンツ・ジャパンはまだ教育制度なんて整っていない時代で、ひと言で言えば、とにかくやってみて体で覚えろという教育でした。朝起きると自宅からそのまま港に行って、船から降りてくる車を一台ずつ検品して、ガソリンを入れて、工場に寄って1日2回のメール便でディーラーとやり取りして、その後会社に行って来月の発注をして、週に一度は輸入通関をやって……。外国の車を輸入して販売ルートに乗せるという一連の仕事を、すべて一人でやらされたのです。しかも、事前の教育などなしにともかくやってみろというスタイル。まさに、体に叩き込まれたわけです。だから、社員がいい加減なことを言っているとすぐにわかる。僕は、一人ですべてをやりましたから。


辻慎吾

だんだん個性や独特の文化がなくなってきている時代。その中で企業は「ここは違う」という部分を持つべき。


岩城賢

社内でライフプランナー憲章を作成しました。ソニー生命の使命と、社員が果たす役割とは何か。お客様の要望をつかみ、それを販売するために社内でどんな協力が必要か。社員が皆で意見を出し合って本にまとめたのです。あえて活字にまとめたのは、私たちが目指す理想像をはっきりさせるためです。そうすれば現状を認識し、理想との差はどこにあるかもわかりやすくなります。理想と現実の距離がわかれば、そこに努力が生まれるのです。


エラン・カッツ

相手の前を忘れてしまった場合、相手から聞き出す技術もあります。「お名前をもう一度」と言い、相手が苗字を告げたら「それは知っているんですが、下のお名前は何でしたっけ?」と再度聞いてフルネームを覚える、というのが基本です。


ページの先頭へ