名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

西川徹(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西川徹(経営者)のプロフィール

西川徹、かわにし・とおる。日本の経営者、プログラマー。「プリファード・ネットワークス」社長。東京都出身。小学校4年でプログラミングを開始。東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修了。プリファード・インフラストラクチャー、プリファード・ネットワークスを共同創業。

西川徹(経営者)の名言 一覧

階層が深い会社にはトップと現場のスピード感にギャップが存在する。こうしたギャップを埋めていかないと、新しいスピード感のあるベンチャーには勝てない。


プログラミングは、何でもできる一人の天才がいなくてもいい。チームで一人一人の強みを掛け合わせれば、大きな力を持てる。


(AIはアイデアやノウハウを)特許で守ることが難しいので、情報を公開して「我々は先進的な研究をしていますよ」と宣伝しながら、データと(データセンターなどの)計算資源を押さえることが重要なんです。我々がトヨタさんと提携したのも、自動車のデータを押さえたいということもあるんです。


僕らはディープラーニングの研究開発はいろいろな人がやった方がいいと思っているんです。僕らの予想では、ディープラーニングはいろいろな分野で使えて、しかも成功するという状況がしばらく続きます。であれば、いろいろな分野で試してもらった方が世の中のためになる。


意外かもしれませんが、トヨタは意思決定に関わる人たちの判断が速い。AIの自動運転などのプロジェクトに関して、何か問題があれば、常務クラスの人がすぐにミーティングを開き、解決してくれる。しかもいったんやろうと決めたことに関して、裏切ったり、はしごを外したりしません。


今までの技術を守りたい現場の人がいる。でも事業のトップは新しい技術で変えていきたい。現場とトップの意識がズレるときがある。「新しいものを入れていかないといけない」と上の人が言って、調整しないと実現できないことは少なくありません。


いま世界ではプログラマーの採用競争が過熱していて、いい人材をいかに集めるかが課題になっています。いい人材を集めるには報酬も大事ですが、それ以上に、中長期でどのような技術をつくり、何を変えていきたいのかというところが鍵になる。


日本で生まれてよかったとは思いますが、日本だけで活動しようとは考えていません。たとえばいまカリフォルニアに拠点をつくって、ネットワーク装置をつくっているシスコシステムズと協業しています。ITの分野だと日本は遅れているので、そこは世界と積極的に組んでいきます。


いまやグーグルも大きな組織になりました。これからコンピューティングの世界が大きく変わる中で、それに合わせて大きな組織が全体的に方向を変えるのは難しい。一方、僕らは40人くらいの会社なので、機動力では負けません。自分たちの力でグーグルの次の時代をつくりたい。


最初はとりあえず持っている技術で起業しましたが、ビッグデータを扱ってさまざまな技術分野に触れるにつれ、ようやくやりたいことが見えてきました。具体的にいうと、人工知能を自動車やロボットといったたくさんの機械に埋め込んで機械を賢くしたり、機械同士が連携してより複雑なタスクをこなす技術をやりたくて、事業を思い切ってシフトしました。


我々には守りたい領域があります。当社に近づく企業の中には、全部を囲い込みたいというケースもありますが、それでは協業は進みません。我々も会社を大きくしたい。トヨタの場合、我々の守りたい自由度を保ったまま、一緒にできるやり方を探してくれます。我々が成長したい領域は、最大限尊重してもらっています。


大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)世界大会にはいろんなカラーの国が参加します。たとえば中国のチームは1日20時間も練習してきたという人たちでした。一方、僕らは3人が別の学科だったので、中国チームほど練習ができません。そこで、それぞれ得意分野を決めて強みを活かすというやり方で大会に臨みました。すると、ものすごい練習を重ねてきたチームとも互角に戦えた。


西川徹(経営者)の経歴・略歴

西川徹、かわにし・とおる。日本の経営者、プログラマー。「プリファード・ネットワークス」社長。東京都出身。小学校4年でプログラミングを開始。東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修了。プリファード・インフラストラクチャー、プリファード・ネットワークスを共同創業。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

中国の地場メーカーの便器は、高級品の10分の1ほどの価格です。戦う世界が違います。当社は海外ではハイエンド、もしくはアッパーミドルしかやらないと決めています。シェア拡大を狙わなくても、富裕層のパイが確実に伸びているから売上高も伸びます。「シェア争いはするな」と言っています。


鈴木修

難しい問題に直面したら、自分だけで抱え込まずに、上司に相談してほしい。相談を受けた上司が迷ったら、さらにその上の上司に相談してほしい。これを繰り返すことで、組織のコミュニケーションがよくなり、会社の実力がアップすると思います。


奥野長衛

すべての課題は現場にある。現場の声に徹底的に耳を傾けることで、JAは地域住民に必要とされる存在になれる。


藤田晋

5段階評価は対象をスクリーニングする(振るいにかける)意味では有効ですが、その評価に安易に振り回されないように注激することが大切。他人の点数を気にしすぎると、素直な自己判断ができなくなる。「自分基準」で判断するのは、自分に自信がなければできません。実際にやるとなると難しいかもしれませんが、意識して取り組むようにしてください。


伊東孝紳

日本では別ブランドは考えていません。過去、「アキュラ」ブランド(北米などで展開している高級車ブランド)を日本にも導入しかけましたが、リーマンショックでやめました。いまの国内市場でブランドを2つ動かしていくのは、うちの体力では厳しい。結果的にリーマンショックで救われたと思います。


石渡美奈

曖昧な言葉の代表が「すみません」です。これだけ聞いても、感謝か謝罪かわからないでしょ。だから当社では「すみません」の使用は、原則禁止です。


下村敦史

賞に応募し続けていた頃から、僕は海外の小説家が、その書き方やノウハウを記した本を数多く読んできたんです。それらからは「自らが楽しんでストーリーをつくる」というエッセンスのようなものを嗅ぎ取っていたんです。純粋に読者の立場であった頃も、おそらくそうした思いをもって書かれた小説に夢中になっていた自分がいた。けれどデビューしてからは、計算し、丁寧に物語を構築していくことに、ずっと意識を集中していたので、「つくる楽しみ」という部分からは少し離れてしまっていた感があったんです。だから今回(『サハラの薔薇』)は初心に返りました。


鈴木敏文

何かと平均値が気になるのは、一番比べやすいからです。何かを説明するとき我々はよく「一口でいうと」という言い方をしたがり、相手も聞きたがります。本当は一口では説明しきれないのに、そうした言い方でわかったような気になる。平均値と比べたがるのも、これと同じようなものでしょう。


楠木新

私は、人生には前半戦と後半戦がある、と考えています。前半戦は会社や顧客に役立つ自分を作り上げる時期。後半戦は老いや死を意識しながら組織と間合いを計り、自分のやりたいことを行動に移す時期だと考えています。その境目となるのが45歳くらいなのです。人間はすぐには変われない。自分の立ち位置を変えるには、ある程度の時間がかかります。45歳から考え始めれば、50歳までにはなんらかの方向性が見えてくるはず。定年を迎えるまでの10年間、新しい取り組みに挑戦できる。そうすれば定年時には、もう一人の自分を持つことができ、モードをチェンジできます。


出口知史

支配欲求が強いタイプは服従する相手を無下にできない。とりあえず「そうですね」「さすが」と同意と賞賛をしましょう。懐に飛び込み、「聞く耳」を持たせるのです。


佐藤優

初めて会う人と、もっと関係を深めたい、親密になりたい思ったら、相手に物を借ります。返さなければいけないから、それを口実に、また後日会う約束ができ、さらに近づけます。


小泉光臣

私は世界ナンバーワンになろうと社内で言っています。ただ、その時期や数字を明確にしているわけではないんです。もしそうした目標を設定すると、達成するために必ず組織に無理が生じるんですね。M&Aも手段ではなく数字を積み上げるための目標になってしまう。