西川徹(経営者)の名言

西川徹(経営者)のプロフィール

西川徹、かわにし・とおる。日本の経営者、プログラマー。「プリファード・ネットワークス」社長。東京都出身。小学校4年でプログラミングを開始。東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修了。プリファード・インフラストラクチャー、プリファード・ネットワークスを共同創業。

西川徹(経営者)の名言 一覧

階層が深い会社にはトップと現場のスピード感にギャップが存在する。こうしたギャップを埋めていかないと、新しいスピード感のあるベンチャーには勝てない。


プログラミングは、何でもできる一人の天才がいなくてもいい。チームで一人一人の強みを掛け合わせれば、大きな力を持てる。


(AIはアイデアやノウハウを)特許で守ることが難しいので、情報を公開して「我々は先進的な研究をしていますよ」と宣伝しながら、データと(データセンターなどの)計算資源を押さえることが重要なんです。我々がトヨタさんと提携したのも、自動車のデータを押さえたいということもあるんです。


僕らはディープラーニングの研究開発はいろいろな人がやった方がいいと思っているんです。僕らの予想では、ディープラーニングはいろいろな分野で使えて、しかも成功するという状況がしばらく続きます。であれば、いろいろな分野で試してもらった方が世の中のためになる。


意外かもしれませんが、トヨタは意思決定に関わる人たちの判断が速い。AIの自動運転などのプロジェクトに関して、何か問題があれば、常務クラスの人がすぐにミーティングを開き、解決してくれる。しかもいったんやろうと決めたことに関して、裏切ったり、はしごを外したりしません。


今までの技術を守りたい現場の人がいる。でも事業のトップは新しい技術で変えていきたい。現場とトップの意識がズレるときがある。「新しいものを入れていかないといけない」と上の人が言って、調整しないと実現できないことは少なくありません。


いま世界ではプログラマーの採用競争が過熱していて、いい人材をいかに集めるかが課題になっています。いい人材を集めるには報酬も大事ですが、それ以上に、中長期でどのような技術をつくり、何を変えていきたいのかというところが鍵になる。


日本で生まれてよかったとは思いますが、日本だけで活動しようとは考えていません。たとえばいまカリフォルニアに拠点をつくって、ネットワーク装置をつくっているシスコシステムズと協業しています。ITの分野だと日本は遅れているので、そこは世界と積極的に組んでいきます。


いまやグーグルも大きな組織になりました。これからコンピューティングの世界が大きく変わる中で、それに合わせて大きな組織が全体的に方向を変えるのは難しい。一方、僕らは40人くらいの会社なので、機動力では負けません。自分たちの力でグーグルの次の時代をつくりたい。


最初はとりあえず持っている技術で起業しましたが、ビッグデータを扱ってさまざまな技術分野に触れるにつれ、ようやくやりたいことが見えてきました。具体的にいうと、人工知能を自動車やロボットといったたくさんの機械に埋め込んで機械を賢くしたり、機械同士が連携してより複雑なタスクをこなす技術をやりたくて、事業を思い切ってシフトしました。


我々には守りたい領域があります。当社に近づく企業の中には、全部を囲い込みたいというケースもありますが、それでは協業は進みません。我々も会社を大きくしたい。トヨタの場合、我々の守りたい自由度を保ったまま、一緒にできるやり方を探してくれます。我々が成長したい領域は、最大限尊重してもらっています。


大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)世界大会にはいろんなカラーの国が参加します。たとえば中国のチームは1日20時間も練習してきたという人たちでした。一方、僕らは3人が別の学科だったので、中国チームほど練習ができません。そこで、それぞれ得意分野を決めて強みを活かすというやり方で大会に臨みました。すると、ものすごい練習を重ねてきたチームとも互角に戦えた。


西川徹(経営者)の経歴・略歴

西川徹、かわにし・とおる。日本の経営者、プログラマー。「プリファード・ネットワークス」社長。東京都出身。小学校4年でプログラミングを開始。東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修了。プリファード・インフラストラクチャー、プリファード・ネットワークスを共同創業。

他の記事も読んでみる

中野信子

科学かどうかの分かれ目は、反証可能性。検証ができるかどうか、ということです。心理学の中にも、質のいい実験データがなかったりして、反証可能性がない理論は少なくありません。心理学の知見を学ぶときには、「どこまでがデータに基づく科学で、どこからがこの著者の個人的な意見なのか」に気をつけるといいでしょう。そうすることで、より深く読むことができますし、ビジネスに応用する際の精度も上がると思います。


津田大介

ブログを始めたときも最初はしんどかったですね。ライター仲間からは「プロは文章を書いたら金をもらう。どうして無料で書くんだ。ありえない」と言われましたし、自分の中にも抵抗感はあったので。とはいえ、すでに出版不況は始まっていて、自分の書いていた雑誌もどんどん潰れている。ここからは自分の名前で商売していけるようにしなくちゃいけない、と。それにライターは依頼があって書く仕事だから、自分の100%好きなことはやれない。もし、書きたいことがあるなら、無報酬でも始めた方がいいと考えたんですよね。


近藤宣之

「マタハラ、セクハラをしない」と理念的に掲げるだけではなく、女性が活躍できる仕組みをつくっておくことが重要です。当社がこの仕組みをつくったのは、法律の求めに従ったというより、女性社員に仕事と育児を両立させてもらうほうが、会社にとってメリットが大きいと判断したからです。


松本大

私自身、経済を勉強したことは一度もありません。その代わり、新卒で証券会社に入ったときに、「スプレッド・シート」を書くことを日課にしていました。複雑なものではなく、大学ノートに「日経平均」「NYダウ」「ドル/円」などの指標を書き込み、それぞれの終値と前日比の数字を毎日記入するだけです。これを繰り返すと、いつもと違う数字の動きがあったときに、その理由を考える習慣が身につきます。


勝俣恒久

ミッションを達成するには、みんなで力を合わせなければ切り抜けられません。そのような意味でも、平素からのコミュニケーションが大切です。


南壮一郎

本質的に正しいことをやることで社会を変える、それが私にとっての仕事のスタート。


太田彩子

イライラの感情は永遠に続くわけではありませんから、ひと息おいてクールダウンしてから、相手と向き合うことも大切です。メールや電話も、イライラした感情を抱えた状態で返さずに、時間をおいて冷静な気持ちを取り戻してからにするようにします。


樋口武男

海外担当の専務には、現地でオーナー社長やオーナー会長が健全な経営をしている会社と組むように言っています。相手とともに歩み、育てることで、自分たちも成長していく。それがWin-Winの関係です。Win-Winの関係をつくらないと事業は長続きしません。札束で乗っ取るようなことをしたら、恨みだけが残ります。


柴田励司

自分の成長のために役立たない仕事などひとつもないのです。


重光武雄(辛格浩)

上場すれば株主総会で「あれも駄目、これも駄目」と言われるでしょ。いままでのように思い切った投資ができるのかと心配にもなりました。それでも、企業としてちゃんとしようと思ったんです。
【覚書き|長年非上場でやってきたロッテを上場させ、個人商店というレッテルを剥がし次の世代に会社を引き継ぐことについて語った言葉】


三須和泰

利益率を高めるには、無駄を排除し製造原価を下げて、販売量を増やすしかない。売上高が安定して伸びれば工場の設備投資に資金が回せ、商品開発も活発になり売れる商品をたくさん作れます。


瀬戸内寂聴

小説を書くことは私にとって快楽なのです。この快楽を手放したくないという欲望が、私にはあります。煩悩は捨てなくてはなりませんが、私はいい小説を書きたいという煩悩だけは、いまも捨て去ることができません。死ぬまで煩悩を抱えて生きるのが、人間というものです。煩悩を完全になくせばブッダ(悟った人)ですが、世の中はブッダばかりになってしまったら、ちょっと困るでしょう。だから私は、そんなに立派なお坊さんではないのです。


田中要次

ただの映画好きや裏方で終わらなかったのは、出会った人との縁に救われてきたから。


堀雅寿

日本の本社が現地企業をどう支えていくかという観点では、まず、現地企業が置かれている状況をつぶさに見て、日本からどういう人材を送るのか、または、現地のどんな人材に権限を与えるかを、徹底的に議論します。そして、いったん決めたら現地に任せて、余計な口出しは極力しない。私はそれを基本スタンスにしています。


木村尚敬

単に「偉くなりたい」という人が犯しがちな間違いが、上司へのゴマすりやライバルの蹴落とし、手柄の横取りといった、本当に「黒い」手段に出てしまう。たとえ手段を選ばずにのし上がることができたとしても、早々に失脚するでしょう。


ページの先頭へ