西川きよしの名言

西川きよしのプロフィール

西川きよし、にしかわ・きよし。日本の漫才師。高知県生まれ、大阪府育ち。中学卒業後、自動車修理工などを経て吉本新喜劇に入団。横山やすしと漫才コンビ「横山やすし・西川きよし(やすしきよし)」を結成。漫才ブームを牽引。また、参議院議員を3期18年務めた。

西川きよしの名言 一覧

71歳になった今でも、できるだけ多く公演に出させていただいています。休みすぎると、うまく喋れなくなってしまう。私の仕事は定年がないものですからね。喋れなくなるまでずっと舞台に立ち続けたいと思っています。

最近、インターネットで昔の自分の漫才をよく見るんです。「ネタが面白いなぁ」と、自分でも思うんですけど、きっと身近な内容を取り上げているから、時代が変わっても通用するんでしょうね。

漫才のネタは、身近な内容で作ることにこだわり続けてきました。自分が実際に見たり食べたりしたことを、面白おかしく脚色する。食べ物がグレードアップするとともに、ネタの内容も上がってきたように思います。

西川きよしの経歴・略歴

西川きよし、にしかわ・きよし。日本の漫才師。高知県生まれ、大阪府育ち。中学卒業後、自動車修理工などを経て吉本新喜劇に入団。横山やすしと漫才コンビ「横山やすし・西川きよし(やすしきよし)」を結成。漫才ブームを牽引。また、参議院議員を3期18年務めた。

ページの先頭へ