西山知義の名言

西山知義のプロフィール

西山知義、にしやま・ともよし。日本の経営者。焼き肉チェーン日本最大手の「牛角」などを展開するレックス・ホールディングス創業者。東京出身。日本大学法学部中退後、不動産会社国土信販(のちのレインズ→レックス・ホールディングス)を設立。その後、外食事業を開始。焼き肉チェーンの「牛角」を7年9カ月で1000店舗まで拡大するなど、同社を急成長をさせた。

西山知義の名言 一覧

不安なときほど、じっとしていちゃダメ。


逆風はいってみればチャンス。アゲインスト(逆風)のときにいいスコアが出せるのが本当に強い人。不景気なのは誰も同じ。そこで頑張れる人が頭ひとつ抜け出せる。


良いと思ったこと、役に立つなと思ったことはどんどん人に伝えたい。


不動産事業をやっていた頃、自分の成功ばかりを考えていた。だから社員たちも嫌になって辞めていった。


仕事を進めるうえで、仮説は必須です。そこは、社員にも口酸っぱく指導しています。


サービス業に限らず、ビジネスは仮説と検証の繰り返しが大切です。検証の機会が少ないと、仮説が間違っていたとき、それに気づくものも遅れてしまいますし、仮説の精度も鈍ってきます。


目的を頭で理解しているというレベルでは足りません。目的を本当に実現したいという強い思いがあって初めて行動が変わり、成果にも影響が出ます。若い人には、ぜひ行動が変わるというレベルまで、強く目的意識を持っていただきたい。


社内のプレゼンでも、数字だけを並べて何が言いたいのかわからない提案が少なくありませんが、それはお客様にどう感じてもらいたいのかという目的を忘れているからです。目的が明確なら、やるべきことも自ずと決まるはずです。


若いころ、自分の想いをテープに録音して、毎日聞いていました。日々の仕事に忙殺されると、何のために働いているのかが見えなくなって、行き詰ることってあるじゃないですか。そのとき原点を見つめ直すという意味で、自分はどのような人間になりたいのか、何を目指してレストランをやっているのかといった想いを、テープに吹き込んで確認するんです。いわば日記代わりですね。


仮説なのだから間違ってもいいのです。最初から完璧を求めるのではなく、とにかく始めてみることが重要です。


仮説は、最初は決め打ちでいいんです。牛角も「職人による調理や一等立地ではなくても、安くておいしければ若い人に喜んでいただけるはず」という仮説から始まりました。僕の前職は不動産業で、飲食店の経験は皆無だったし、実際にやってみると、細かな点で間違っていたところも多かった。ただ、間違いに気づいて修正できたのも、仮説を立てて実行したからです。


仮説がないまま仕事をすると何も進歩しません。友人のプロゴルファーに上手く打つコツを聞いたところ、「たんに練習量を増やしても意味はない。大切なのは、どういう球を打ちたいかという理想像を描いて、一球打つごとに振り返ること」だと聞いたことがあります。仕事も同じで、仮説を立てないままいたずらに仕事の量だけ増やしても、決して上達しないと思います。


取引先から新メニューの提案を募集するとき、「何かいいアイデアはありませんか」という言葉は駄目です。まず自分で新メニューを考え、「こういうメニューはできませんか」とこちらから仮説をぶつけてみて、初めて建設的な議論になります。


仮説の検証を習慣化する方法は極めて簡単です。気づく機会を増やすことに尽きます。スケジュール帳に予定として組み入れてしまうのもいいですし、誰かに質問してもらう機会をつくるという手もあります。若い人の中には、上司に質問されることを苦手としている人も多いようですが、見方を変えれば、上司への報連相の機会を利用して日々の検証を習慣化するのも賢いやり方です。


アンケートを毎日実施するのは、社員全員がお客様の変化に気づくためです。また、タイムリーなアンケートを検証することで、次の手を打つための仮説の精度を高めることができます。


お客様の属性や注文されるメニューの傾向は、POSレジで集計して分析しています。また、QSC(品質、接客、衛生)については、毎日、3割以上のお客様にアンケートを実施しています。料理の提供スピードはどうだったのか、笑顔の接客ができていたかなどの項目について、翌朝には集計を出して数値化します。数値が目標値に届かない店舗に対しては、その日のうちに改善を指示します。


実は創業当時と比べると、客層が変わってきたんです。当初は若者や女性が主なターゲットでしたが、チェーン展開後は、家族のお客様が増加しました。そうなると、特定部位のこだわり肉など、スパイクの立ったメニューだけではインパクトを出しづらい。それぞれの客層のニーズに合わせたメニューをきめ細かく開発していかないと、外食産業では生き残れなくなっています。


私の場合は、最初から流れが悪かったです(笑)。いま考えれば自分で流れを悪くしていたのですが、当時はそれを他人や環境のせいにしていた。もっといえば、お客様のためという視点がなく、自分の成功が第一でした。


ITや不動産などを見ると、我々の業界のトップ企業でも太刀打ちできない大会社がたくさんあります。外の世界を見ることが成長につながるとの考えから、以前はあえて同業者との付き合いはなるべくしないようにしていました。


最初は素人集団でしたからクレームが多かった。ならばもっとクレームをいってもらって改善の方法を探ろうと、「会計時にお店の悪いところを聞かせてくれたら300円割引します」とやったんです。カイゼンできることはすべて取り組みました。そうしたら半年後には行列ができるようになっていました。

【覚え書き|牛角が1店舗だった頃を振り返って】


ビジネスの仕組みを学ぶため、マクドナルドでアルバイトをしました。あるときバイト先の店長に、揚げたポテトを7分経ったら捨てる理由を尋ねました。もったいないですから。すると、「君がお客様だったら、冷めたポテトを食べたいと思う? 食べたくないだろう」と。そう言われてハッとしました。商売はお客様あって成り立つ。自分にはお客様目線が欠けていたと。


西山知義の経歴・略歴

西山知義、にしやま・ともよし。日本の経営者。焼き肉チェーン日本最大手の「牛角」などを展開するレックス・ホールディングス創業者。東京出身。日本大学法学部中退後、不動産会社国土信販(のちのレインズ→レックス・ホールディングス)を設立。その後、外食事業を開始。焼き肉チェーンの「牛角」を7年9カ月で1000店舗まで拡大するなど、同社を急成長をさせた。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

挑戦的な体質が企業の発展に繋がる。


鮎川義介

親を楽にするため、自分は何とかしなくてはいけない、こうした思想の芽生えが私をして一途に立身出世の曙光(しょこう)に向かって脇目も振らず足も早めさせたものと思われる。


大山健太郎

短期間で集中する点では、会議室も同じです。当社には来客用や研修用の会議室はありますが、従業員の打ち合わせは基本、テーブルを囲んで立ちながら行います。部署をまたいだ従業員が、そこここで立ちながら話し合うのです。わざわざ会議室を予約して会議をすると、全員の時間をすり合わせるのも大変です。座ってしまうと相手との距離が遠くなって議論も活発になりません。さらに居心地がいいとダラダラと引き延ばしがちになります。


藤田精一(経済学者)

過去に支払った金にとらわれないこと。今さら取り返しようもない費用は「埋没費用」といい、損得計算には含めません。「もったいない」とか「過去の損を取り戻そう」なんて思うと判断を誤ります。


森田直行(経営者)

予算制度の問題は、予算という名目だと使いきることが正しいと思いがちになることです。


渡邉美樹

私は夢はあった方がいいと思う。単純に人生が楽しくなりますから。夢は毎日を生き生きと過ごすための最高の特効薬。


磯崎功典

実は「一番搾り」は発売以来、2回ほど味覚のリニューアルをしています。どういう味がお客様に求められているかを、常に見直すことが必要だと考えているからです。


弘兼憲史

一人ひとりが経営者と同じような危機感を持たなければいけないはず。


山崎将志

問題が起こったときに、上司に「どうしたらいいですか?」と相談する人がいるが、これが口ぐせになっている人は、上司からの評価は低いと考えたほうがいい。困ったことがあったときに、すぐに上司に相談する点では評価できるが、上司が部下に求めているのは、「こうしたいけれど、いいですか?」という承認、確認の相談である。


川野幸夫

最初に一番苦労したのは人材の確保。今は関東で150店以上を持つチェーンだが、当時はわずか5店舗で、全く知られていない。人事担当が連れてきた学生を、私自身が一生懸命口説くしかなかった。


大川隆法

それぞれの人間が、持って生まれた天命を生かし切ってこそ、本当の喜びがある。


堀地速男

お客が喜び、納得する商品、サービスがあってこそ利益が生まれる。


阿刀田高

スマホで夜も日も明けぬ子供たちの中で、しっかり読書をする少数派に徹すればチャンスがおのずとつかめるのではないか。


浅田真央

小さい頃から自分の目標を紙に書いて部屋に貼っているんですけど、オリンピックのことも、もちろん書いています。「金メダルを取る!」って。それはもうずっと前から書いてある、同じ言葉なんです。


押井守

仕事をしているときの顔は一切家庭には持ち込まず、「僕はあなたと結婚した時と同じ、ただのダメな男ですよ」という姿勢を崩さない。家では夫の顔、娘の前では父の顔、仕事場では監督の顔とそれなりに上手く使い分けられるように努力している。


ページの先頭へ