名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

西山弥太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西山弥太郎のプロフィール

西山弥太郎、にしやま・やたろう。日本の経営者。川崎製鉄初代社長、千葉製鉄所設立者。東京大学鉄冶金科卒業後、川崎造船(のちの川崎重工)に入社。太平洋戦争終結後、川崎重工から製鉄部門を独立させ川崎製鉄初代社長になる。その後、千葉製鉄所を設立。大手三社によって牛耳られていた製鉄業界に新風を吹き込んだ。

西山弥太郎の名言 一覧

社長のあいさつというものはあまり流暢にやっては駄目だよ。もうすこし、訥々(とつとつ)とやれ。君のように棒暗記では軽くていけない。


西山弥太郎の経歴・略歴

西山弥太郎、にしやま・やたろう。日本の経営者。川崎製鉄初代社長、千葉製鉄所設立者。東京大学鉄冶金科卒業後、川崎造船(のちの川崎重工)に入社。太平洋戦争終結後、川崎重工から製鉄部門を独立させ川崎製鉄初代社長になる。その後、千葉製鉄所を設立。大手三社によって牛耳られていた製鉄業界に新風を吹き込んだ。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

仕事では辛辣なことも言うが、(兄弟)みんな分をわきまえて我慢している。一番は信頼でしょう。信頼の絆は血でしょう。
【覚書き|兄弟で経営を頑張ってきたことについて語った言葉】


成毛眞

「運鈍根」という言葉がありますよね。成功するためには、「幸運」と、「鈍さ」と、「根気」の3つが必要であるという意味の言葉です。「運」と「根気」が必要なのはわかりますが、なぜ「鈍」くなければいけないか。それは、鈍くない人は、成功すると有頂天になってしまって、それ以上考えなくなってしまうからです。一方で失敗すると、落ち込んだ気持ちを引きずって、嫌になってしまう。どちらにしても、仕事を続けられなくなってしまう。でも、鈍ければ、成功しても有頂天にまではなっていないから、もっと成功できるんじゃないかと考えるし、失敗しても引きずらない。そういう意味で、僕は幸い、「鈍い人」なんです。


江上治

一流ホテルに自腹で泊まってみるのもいいでしょう。帝国ホテルやリッツ・カールトンのサービス品質について書かれた本はありますが、本を読むだけでなく、実際に体験してみることで、一流とは何かの実感値を蓄積していくことができます。


山極毅

生産性を左右するポイントのひとつは社員個人の持つ能力や特性・個性。これを正しく把握することが求められます。また、仕事の性質も重要な要素です。多くの企業では、この2つのポイントから、適材適所へと導く手法が多いのではないでしょうか。私はさらに、チームワークがカギを握っていると考えています。チーム編成の改善で、この3点がきちんとかみ合うと、人はより力を発揮し生産性向上につながるのです。


的場浩司

ジャンルは違っても、熱のある人間が集まっている現場では、いい作品ができる。


俣野成敏

社内ベンチャー制度は聞こえはいいかもしれませんが、制度への応募は退職前提の片道切符でした。しかも、2年間という期限付き。挑戦してみてダメだったら、転職のネタくらいにはなるかもしれない、と思ったほどです。同じようにチャレンジする同世代はおらず、彼らは他社に活路を求めていったので、何かしら負けん気が出たこともあります。
【覚書き|リストラ候補になったのをきっかけに社内ベンチャー制度に応募したことを振り返っての発言】


坂本孝

新しいジャンルで成功を勝ち取ろうとすると、ゼロから無心で臨むことが求められる。


施崇棠(ジョニー・シー)

デジタルな製品であっても、ものづくりには必ずアナログなつくり込みが必要になる。そのときハードウエアのアナログな理論を知っていなければ、適切なコストダウンは図れない。


ベンジャミン・フランクリン

訪問は短く、冬の日のごとく。追い返される面倒が起きないように。


長井鞠子

最近、あらためて痛感しているのが「発する言葉の大切さ」です。語学力だけではありません。人に対して発するコンテンツをどれだけ備えているのか、という点です。


大田正文

ここ数年、勉強会やセミナーに参加して人脈を広げる方法が注目されています。普段の仕事では会うことができない人と出会って、知人や友人を増やす。その結果、自宅と会社以外の第三の場所をつくることにつながり、生活全体が充実したという声も多数耳にしています。


藤森義明

自分を大きくしてくれたのも競争であり、敗北の経験であり、そこから勝ち抜くための努力だった。