名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西原理恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西原理恵子のプロフィール

西原理恵子、さいばら・りえこ。日本の漫画家。高知県出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に『ちくろ幼稚園』で漫画家デビュー。『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞、『毎日かあさん(カニ母編)』で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞、『毎日かあさん』で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。

西原理恵子の名言 一覧

今のご時世、会社なんてニキビより簡単に潰れちゃうし、自分も病気になるかもしれない。大事なのは転んだ時の立ち上がり方だと思うんですよ。そういうとき、教科書通りの正論って役立たないんでね。


自分の実力を認めるって怖いもんね。でも、要らんプライドをへし折られて、初めて自分の立ち位置がわかるから、若いうちはどんどん失敗したらいいんです。


日本には昔から我慢が美徳みたいな間違った宗教があって、自分たちも我慢してきたんだからと言いたがる人もいるけど、みんなで不幸になるより、みんなで幸せになったほうがずっといいじゃないですか。


迫い込まれて、身動きできなくなってからじゃ遅いんです。女の子こそ人生の戦略を立ててほしい。


私の人生は負の遺産でできている。七転び八起きしてきたからこそ、娘さんたちにはオバちゃんの屍を越えていって欲しい。


自分でお金を稼ぐっていうのは、ひとつひとつ自由を勝ち取ることなんですよ。だから娘にも言ってきたんです。社長さんのお嫁さんになるより、社長さんになりなさい。お寿司も指輪も、自分で買ったほうが楽しいよって。娘は、今、やりたいことが見つかって、必死でそれにしがみついてるところ。


アルコール依存症やギャンブル依存症にしても、愛の力で何とかしようとしても無理なんです。病気だから医療の力じゃないと救えない。専門家に任せて、家族は援護射撃に回るのが最善です。何か起こった時って、どうしてこんなことになっちゃったんだろうって原因や理由を考えてしまうけど、犯人捜しをしても意味がないってケースワーカーさんも言ってました。大事なのは、次の一手を打てるようにしておくことだと。


美人であろうが、そうじゃなかろうが、関係ない。どんな女の子であれ、おのれの現実を見極め、常に仕切り直さないことには、次の出目はない。大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。追い込まれて、次の一手が打てなくなる前に、生き抜くための戦略を必ず立ててください。


絵が好きだから、絵でなんとか食べていこうと上京したら、予備校で描かされたデッサンがいきなり最下位になって。もうどうしようって思ったけど、あの時、ペチャンコにされて良かったって、今でも思うんですよ。自分より才能がある人が山ほどいる中で、最下位の自分が絵で食べていこうと思ったらどうしたらいいのか。それで私はエロ本に行ったんです。自分は才能があると思ってる人が絶対に行かないところにこそ、自分の出目があると思ったから。


モラルハラスメントやDVって、人がいないときを見計らってやるんですよ。こっちが逃げられない状況で始めるから、人に相談してもなかなかわかってもらえない。逃げ遅れないためには、前もって正しい知識を入れておくしかないんです。もし、ちょっとでも変だなと思ったら逃げてください。いまは自治体が運営するシェルターもあるし、あとのことはあとで考えればいいから、まず逃げて欲しい。


西原理恵子の経歴・略歴

西原理恵子、さいばら・りえこ。日本の漫画家。高知県出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に『ちくろ幼稚園』で漫画家デビュー。『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞、『毎日かあさん(カニ母編)』で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞、『毎日かあさん』で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

自分を会社と見立て、自分の今後の戦略や看板を自ら確立する「アイカンパニー」の考え方が必要です。個人が勝負の時代なのです。


黒田武志

落ち込むことがあっても、意志を強く持って、前向きに考えなければいけない。


梅原勝彦

あるとき、社員教育に苦労している中小企業の若い社長から「社員を上手に使うにはどうすればいいか」という相談を受けたことがありましたが、私に言わせれば、そもそも「使う」という発想が間違っているのです。経営者はいかに社員に気持ちよく働いてもらえるように仕向けるか、毎日自分の命を削って会社のために働いてくれる社員に、どうすれば報いることができるかを日夜真剣に考えるのが仕事です。上から目線で社員を使うという発想では「こんな会社で働くのは嫌だ」と逃げ出したくなるのは当然でしょう。


谷原誠

重要なのは、相手の考えをできるだけ正確につかむこと。相手のニーズがどこにあるのか。何をしたくて、何をイヤがっているのか。彼らの考えに合わせて、自分の主張をすれば、相手も聞く耳を持ってくれるし、多少ムリな主張も通るものです。


小池信三

国も無策ではありませんが、障がい者やその家族に対する支援はまだ不十分です。財団の活動を通じて彼らが暮らしやすい社会にするだけでなく、社会の中で輝けることを目標にしています。賛同者を増やしていくことが必要ですが、その一方で弊社がより多くの出資を続けるためには、業績を伸ばさなければいけない。そのためにも、当社の家づくりを理解し、実現する人材を育成し、お客様が喜ぶ「世界にたった一つの家」を1棟でも多くつくり続けていきます。


石井てる美

東大大学院のトップ集団が定位置だった私は、いつしかマッキンゼーでも完璧なキャリアパスを描かなければいけないという呪縛にとらわれていた。自分1人だけができないと焦り、キャリアを傷つけたくないという真面目さが思考を停止させた。エリート街道を歩き続ける意味は何かと考えた時、私は誰もが羨むキャリアを手に入れるために選んだだけで、先のビジョンがないことに気づいた。本当にやりたいことを見て見ぬふりをして。


五月女圭一

自分の経験からも、健康には、毎日楽しく生活することが一番。そのため、いかに仕事を面白くするか、日々、工夫を重ねています。


水野泰三(経営者)

今はメインの工場が中国にあるんだけども、そこで作った商品は日本向けだけじゃなくて、OEM(相手先ブランドによる生産)でロシアや欧州にも出荷しています。そっちは原価販売で、利益を出さなくていいと言ってね。それで生産量を確保して、コストを抑えて利益を取る。ほかはここまでできないでしょう。


田中仁(経営者)

本気になることは、自分への最大にして最良の投資です。目の前の仕事に本気で取り組めば、それは自分の血となり肉となり、周りからも評価されるはずです。反対にサボって適当にやれば、一見、得するように見えても、自分の力にはならず、周りからも評価されない。結果として大きな損になるのです。


鈴木敏文

かつての売り手市場の時代であれば、ソニーの盛田さんが言う「おみこし経営」でよかった。しかし、いまはそういう状態ではない。これだけ変化対応を考えていかなければいけない時代には、トップダウンでないと物事を迅速に変えられないからです。ですから、企業が上手くいかないのはトップの責任であると考えています。


佐分利ユージン

マーケティングはただの販売促進ではなく、経営課題として捉えなければならない。


山本徳次

うちのカフェの店に行ったらお客さんと一緒に行列に並びます。待っている間に周りでお客さんが話をされてます。そういうところにヒントがありますね。中でも一番気になるのは待ち時間が長いことです。スタッフは皆必死にやってくれていますが、いつまで待たせるのや、と1人でイライラしてます。後はひたすら現場を見ますね。見たらだいたい良し悪しが分かる。