名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

西原憲一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西原憲一のプロフィール

西原憲一、にしはら・けんいち。日本のファイナンシャルプランナー、税理士。「UFPF」「西原会計事務所」代表。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業。

西原憲一の名言 一覧

ただ漠然と出費を減らそうとしても続きません。何のためにいくら減らすのか。そもそも自分はどれぐらいムダなお金を使っているのか。この際、一度書き出して自己分析してみましょう。


西原憲一の経歴・略歴

西原憲一、にしはら・けんいち。日本のファイナンシャルプランナー、税理士。「UFPF」「西原会計事務所」代表。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業。

他の記事も読んでみる

江幡哲也

いまは多様性の時代。いろいろなジャンルの専門家を集結することで、多様な価値観に対応するようにしています。ただ個の集まりによる面白さがある一方で、組織としてはバランスをとる難しさもある。大切なのはビジョンを明確にすること。多様な個が同じ方向を向けば、1+1が10にも100にも、想像もつかないようなブレンドにもなるでしょう。


小宮一慶

自分の肌で感じ取った情報は、人に話したり、ネット上で公表して、必ずアウトプットする。そして、第三者の反応を見て、生きた情報になるか検証すること。情報力というのは、インプットとアウトプットを繰り返すことで磨かれていく。


佐久間昇二(佐久間曻二)

会社が危機的な状況に陥っている。そのことを社員にも分かってもらうためにはどうしたらいいか。いろいろ考えた末に打ち出したのが「家計簿経営」です。1992年度を例にすると、346億円の売り上げに対して200億円もの赤字を出しているありさまでした。ところが数字を聞いても社員はピンと来ていない。そこで私は単位を置き換えて説明することにしました。我が家の年収は346万円なのに、1年間に546万円もお金を使って、200万円の借金を作ってしまった、と。こんな家が破綻するのは当たり前だと訴えたのです。


蟹瀬誠一

「仕事と家庭のどちらを優先させるか」、これは家族を持つ男性にとってはなかなか難しい選択です。私は結婚当初から、同じようにフルタイムで働く妻と「家庭51%、仕事49%」の比率で最後のギリギリのところでは家庭を優先させることを決めていました。


香山リカ(精神科医)

どうすれば怒りをまき散らす人からわが身を守れるのか。手っ取り早いのは、その場から離れることです。怒りの感情が物理的に届かないところに逃げれば、直接傷つけられることはありません。距離を取ったあとは、怒りをぶつけられたこと自体を忘れてしまいましょう。離れたあとも「あの人が怒っている原因は私にある」「こうしてあげれば仲良くできたのでは」と引きずる人がいますが、これでは逃げた意味がなく、逃げたあとの反省は自分を苦しめるだけ。さっさと頭の中を切り替えるべきです。


岡本行夫

私の友人が文部科学大臣だった時に、せっかく小学生から英語を教えることになったのに、次の大臣がそれをひっくり返してしまった。子供には無限の吸収能力があるので、小学生から教えればいいんです。今や英語は国際語ですから、そこに逆らってみても仕方ありません。


市居愛

まずは月初、お金を使うすべての予定とその金額を手帳に記入する。金額はアバウトでOK。飲み会や映画、買い物など、出費の予定はすべて書き込みます。金額を見える化することで、予定外の出費案件が舞い込みそうになったとき、「来週は予定が多いのに、残金はもう3万円。それなら、この飲み会はやめておこう」と自制心が働き、出費をコントロールできるようになります。


ウォーレン・バフェット

投資対象となる会社がどのようなリーダーによって経営しているかは、重要なことではありますが、最優先事項ではないかもしれません。ただし、卓越した事業を持つ企業のリーダーが道を誤り、まったく魅力のない企業を買収しはじめたりした場合には、気をつけなければなりません。


松井忠三

社長に就任したとき、断崖絶壁に立っているという意識でした。「ここで踏ん張らないと、もうあとはない。会社自体の存続も危ぶまれる」とまで考えていました。私自身のプレッシャーも相当なもので、ストレス太りで体重が80キロを超えた時期もありました。確かに大変でした。


藤沢武夫

良い管理は次の良い管理につながるし、アイデアはアイデアを生む。


澤田道隆

商品の性能が他社より多少いいというだけでは、価格競争に巻き込まれてしまいます。そのなかで、自分たちがどういうことをすべきなのか考えないといけません。我々は、安いものに追随することはしません。


高野登

アメリカのホテル勤務から私が学んだのは、「それぞれのホテルには、それぞれの哲学がある」ということでした。社員の働き方、考え方、使う言葉というのは、その会社の哲学が決めるといっても過言ではないと思います。そして哲学に沿った働き方、考え方、話し方をする社員が集まることで、企業の文化や風土はつくられていくのです。