名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

西原憲一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

西原憲一のプロフィール

西原憲一、にしはら・けんいち。日本のファイナンシャルプランナー、税理士。「UFPF」「西原会計事務所」代表。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業。

西原憲一の名言 一覧

ただ漠然と出費を減らそうとしても続きません。何のためにいくら減らすのか。そもそも自分はどれぐらいムダなお金を使っているのか。この際、一度書き出して自己分析してみましょう。


西原憲一の経歴・略歴

西原憲一、にしはら・けんいち。日本のファイナンシャルプランナー、税理士。「UFPF」「西原会計事務所」代表。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業。

他の記事も読んでみる

林野宏

泉に石を投げると輪ができて広がっていく。いくつか石を投げると輪が重なっていく。異なる輪が重なるところにアイデアが生まれる。これをつなげれば良いんじゃないか、これは関係がありそうだと発想が広がっていく。そのためには、深くて広い「知の泉」が必要なんです。


財津和夫

60歳を過ぎてから、否が応でも、手持ちの駒で勝負するしかないと悟りました。掴むべきものがハッキリしたことがありがたいんです。


柴田憲佑

今後日本が向き合う労働力の減少という課題に対して唯一の解決策は、世界中の人と一緒に価値あるものを作ることだと感じ、グローバルワークができる環境をつくりたいと思ったのが起業のきっかけです。


遠藤功

大胆に機会と役割を与えれば、個人の能力は一気に伸びます。もちろん失敗もあるでしょうが、元気なミドルたちにはそれを乗り越える突破力がある。さらに、この世代が活躍するのを見た20代の若手たちが、「俺もやってやろう」と影響を受けるので、組織全体が活性化していくわけです。


鈴木喬(経営者)

新商品はアイデアが肝です。他社のマネでは、価格競争になってしまいますから、儲かりません。それに、人のマネなんて悲しいじゃないですか。


羽生善治

着手を考える際も、40代半ばの今は、20代、30代の頃とは変わってきました。最初に局面全体の方向性を大ざっぱに、感覚的にとらえて、そこから細かいところをロジックで詰めていくというプロセス自体は以前とあまり変わりませんが、局面全体をとらえるところに力を傾ける比率が、以前に比べて上がっています。


加来耕三

「非常の才」を見抜く場合、上の者の才も問われます。自分と同じ才能なら分かりやすいですが、異才を見抜けるというのは、よほど度量のある人でなければなりません。


池田ゆう

ファッションで自分の価値観や世界観を表現できる人の方がより多くの人を惹きつけることが出来ます。だからおしゃれに関心を持たないということは非常にもったいないことなのです。


似鳥昭雄

人任せにしないということも大切です。土地や建物を見るにしても、不動産屋任せにしないで、自社で調査して交渉する。もちろん、リスクはありますよ。ただ、間に人を入れると、競合他社との競争になって、価格が高くなってしまう。情報が他社に出たときはもう遅い。静かに、誰も知らないうちに交渉する。それを自前でやってきたから安く手に入れることができた。


佐藤優

対人力を磨くには、小説を読むのも手。なぜ本を読むことが、対人力につながるのか? 「アナロジー」という言葉があります。対比、類比というほどの意味です。小説を読んでおくと、現実の場面でも「この人は、あの小説に出てきたあの人にタイプが似ているな」とか、「この出来事は、前に読んだあの小説に似ているな」などと比較をすることができます。これまで自分が体験したことのないような場面に出会っても、小説で疑似体験をしておいたおかげで、落ち着いて対処できるということが結構あるのです。


高橋淳(経営者)

郊外店を始めて数年間は客層を絞り込めず、広間も設けていました。ところがグループ客はお酒を飲むと大騒ぎして、家族で食事を楽しもうという雰囲気にそぐわない。ですから宴会用の広間をなくし、すべてをきちんと仕切られた個室感のあるテーブルにしました。家族や仲間でゆっくり楽しんでいただくというのが当店のコンセプトです。


佐々木常夫

鈍感力は人生を生き抜くうえで欠かせないと思います。他人に何をされても気にしない。失敗してもいちいち気に病まない。他人と自分を比較して悩まない。そうした「鈍さ」が、些細なことで揺るがない強さにつながるのです。