名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

袴田武史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

袴田武史のプロフィール

袴田武史、はかまだ・たけし。日本の技術者、経営者。東京出身。上智大学理工学部、名古屋大学工学部航空宇宙工学コースを経て米国ジョージア工科大学卒業。経営コンサルティングファーム「ロベンダル・マサイ」でコスト戦略コンサルタントとして活動。Google主宰の宇宙開発レースにボランティアで参加。その後、会社を辞め「ispace」を設立。

袴田武史の名言 一覧

宇宙産業には、技術だけではなく、ビジネスを作る人も必要です。どうしても研究者肌の人が多い業界なので、考え方が研究者寄りになってしまいますから。


日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


撤退するという選択肢はありました。でも、いま撤退すると絶対後悔すると思いました。やめるのは、すべて投げ出して100%コミットしてからでも遅くない。そう思って会社を辞め、チーム「HAKUTO」を立ち上げました。


日本の大学は各研究室が非常にレベルの高い研究をしていました。ただ、一つ一つは最先端ですが、それを組み合わせて宇宙船をつくることを研究している研究室がなかった。探してみると、アメリカのジョージア工科大学に航空宇宙工学の概念設計を研究しているところがあった。それで修士課程はそちらに進みました。


袴田武史の経歴・略歴

袴田武史、はかまだ・たけし。日本の技術者、経営者。東京出身。上智大学理工学部、名古屋大学工学部航空宇宙工学コースを経て米国ジョージア工科大学卒業。経営コンサルティングファーム「ロベンダル・マサイ」でコスト戦略コンサルタントとして活動。Google主宰の宇宙開発レースにボランティアで参加。その後、会社を辞め「ispace」を設立。

他の記事も読んでみる

横山光昭

我が家の原則は、全てをオープンにすること。毎月1回、その月の収入と支出、現在の貯蓄額などを、子供たちも含めて共有する「マネー会議」を行っています。皆が正確な情報を共有することが、身の丈に合った支出レベルを保つために効果的。


岸見一郎

「上司が悪いから、成果が出ない」「労働環境が悪いから、仕事ができない」というように、責任を他者に転嫁することは、他人の人生を生きるということです。「他人がどうであれ、自分は自分の仕事をする」というのが、自分の人生を生きるということ。そのためには、他人に自分のことを認めてもらうのではなく、自分で自分のことを認めなければなりません。


中田亨

大きな問題になる前に、ミスの芽を小さなうちに摘んでおく秘訣は、職場内のコミュニケーションにある。


廣瀬光雄

日本の官製社会は良いところもありますが、弱点もたくさんある。その弱点をうまく活用しなければなりません。そこが知恵の見せ所なのです。


藤井孝一

自分自身の稼ぐ力を養うことで、世の中がどんな変化をしても、ドンと構えていられる。


和田一浩

「若い頃は良かった」と思うよりは、いま、ここにある体をいかに上手に使うか。


三木谷浩史

たしかにラジカル(過激)な発想だった。反発が起きるのも当然だろう。だが、リスクをとって利益を得るのが企業であり、そもそも、それくらいのラジカルな発想をするのが実業家という人種ではなかったか。
【覚書き|英語を社内公用語にしたことについて語った言葉】


熊谷正寿

脳細胞の数も24時間という時間のリソースも、人間はみな同じ。それなのに同じことをして違うアウトプットを出すのは論理的に無理。ですから時間の使い方も考え方も行動も、人と同じことはしない。


堀田力

検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。


六角精児

心に余裕がないところで物事を考えていると、なかなか周りが見えないですよね。仕事上の悩みにしても、後々になって気づくと、答えはすごく身近な場所に転がっていたりする。ところが、渦中では余裕がないから気づかない。


立花隆

その分野に関連する本を全部買ってきて片っ端から読むと、教科書のような本に当たるからそれを精読する。


室伏広治

はじめてハンマーを投げたとき、父が「お前にはセンスがある。しっかりやる気があるのならば、日本記録は超えられる」と言ってくれました。ですから、記録を超えることに悩むよりも、超えてからが自分の競技生活で本当の勝負になるんだと思ってやってきたんです。