名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

袴田武史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

袴田武史のプロフィール

袴田武史、はかまだ・たけし。日本の技術者、経営者。東京出身。上智大学理工学部、名古屋大学工学部航空宇宙工学コースを経て米国ジョージア工科大学卒業。経営コンサルティングファーム「ロベンダル・マサイ」でコスト戦略コンサルタントとして活動。Google主宰の宇宙開発レースにボランティアで参加。その後、会社を辞め「ispace」を設立。

袴田武史の名言 一覧

宇宙産業には、技術だけではなく、ビジネスを作る人も必要です。どうしても研究者肌の人が多い業界なので、考え方が研究者寄りになってしまいますから。


日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


撤退するという選択肢はありました。でも、いま撤退すると絶対後悔すると思いました。やめるのは、すべて投げ出して100%コミットしてからでも遅くない。そう思って会社を辞め、チーム「HAKUTO」を立ち上げました。


日本の大学は各研究室が非常にレベルの高い研究をしていました。ただ、一つ一つは最先端ですが、それを組み合わせて宇宙船をつくることを研究している研究室がなかった。探してみると、アメリカのジョージア工科大学に航空宇宙工学の概念設計を研究しているところがあった。それで修士課程はそちらに進みました。


袴田武史の経歴・略歴

袴田武史、はかまだ・たけし。日本の技術者、経営者。東京出身。上智大学理工学部、名古屋大学工学部航空宇宙工学コースを経て米国ジョージア工科大学卒業。経営コンサルティングファーム「ロベンダル・マサイ」でコスト戦略コンサルタントとして活動。Google主宰の宇宙開発レースにボランティアで参加。その後、会社を辞め「ispace」を設立。

他の記事も読んでみる

福島保

福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


二宮雅也

損保ジャパンと日本興亜の合併後の人事は、出身会社に関係なく、人物本位の明確な評価基準を打ち出して一体化を進めていった。透明性を持った形でやってきたので、社員の中にそれほど不安は生じていない。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

幸運か不運かにかかわらず、運のイベントは必ず起きます。重要なのは運イベントに遭遇したときにどう対応するかです。目指すべきは運から最大の成果を引き出すこと、つまり「ROL(運の利益率)の最大化」です。これは運そのものとは全く別の問題です。


ゲーテ

興味のなくなるところ、記憶もまたなくなる。


長榮周作(長栄周作)

複数の道から、進むべき道を選択しなければいけなくなった時には、衆知をしっかりと集めた上で、リーダーがより正しい道を選んでいくことが肝要。


南場智子

マッキンゼー時代、上司に「南場さんは厳しすぎる。相手(部下)に逃げ道を作ってやるべき」と指摘されたことがあります。嫌だ、逃がしてどうする、と答えると、「ならば言いたいことをすべて言った後、最後にニコッと笑ってみてはどうか?」とアドバイスを受けました。若い頃は言われたことがよく分からなかったのですが、これは実行するとなかなか良い感じになります。人格を否定しているわけでもなく、その人が嫌いになったわけでもないのに、ガルルッと言いすぎると相手は全否定された気持ちになってしまいます。しかし最後に笑顔を送ることで、問題は「こと」であって、「ひと」ではない、ということが伝わるのでしょう。そして笑顔は人を遠ざけません。


根本裕幸

家族に愚痴を吐くときは、普段のコミュニケーションがとれているかが問題です。日常から夫婦の時間がとれていますか? 普段仕事の話もしていないのに、突然愚痴を吐かれても受け入れられません。男女が対等になってきているとはいえ、夫婦の仕事量や家事のバランスが本当にイーブンかというと、まだまだ疑わしい。互いに「対等である」という意識があり、会話を重ねているからこそ、「大切にしてくれている」という思いが培われ、弱音を漏らしても受け入れてくれるようになるのです。得手・不得手を認め補い合う関係が大切です。そんな関係を築くには、些細なことでも相手への感謝を口にすることです。信頼関係を築けたからこそ、愚痴を言えるし、相手の愚痴も受け入れることができるのです。


鈴木敏文

世の中はどんどん変わっていくのだから、変化に対して企業はきちんと対応していくことが重要。


小暮真久

それぞれが得意なことをやれば、個人はもちろん、組織としても効率が高まる。


奥正之

従来はお客様を銀行の都合で分けて担当させていただいていました。法人では大企業と中小企業の間を「壁」で仕切っていました。しかし、これはおかしいと考えたのです。それぞれの担当部署、スタッフはこのままではある意味、壁で区分けされた殻の中に入り込んでしまいかねません。壁を取り払った方が、効率的な事業展開ができるのです。


吉永泰之

自分の会社の立ち位置をもう一度冷静に見つめ直すことから始めました。そうすると、当社は規模の力で生き抜いていく会社ではないので、選択と集中、差別化、あるいは付加価値で強みを発揮していく以外に道はないと考えました。


曽野綾子

老年にとって、孤独とのつき合いが、一番勇気のいる仕事だと思います。今は家族といても、いつ一人暮らしになるかわからない。そういうこともあり得るのだと覚悟して、前もって備えなくてはなりません。