名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

蟻田剛毅の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蟻田剛毅のプロフィール

蟻田剛毅、ありた・ごうき。日本の経営者。洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」などを展開する「シュゼット」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際ビジネスコース修了。大手広告代理店「電通」勤務を経てアンリ・シャルパンティエ(のちにアッシュ・セー・クレアシオンを経てシュゼットに名称変更)に入社。同社創業者が設立した「クールアース」副社長、アッシュ・セー・クレアシオン副社長、クールアース社長などを経てシュゼット社長に就任。

蟻田剛毅の名言 一覧

利益が残るから、お客様に受け入れられたことになる。
お客様に受け入れられるから、ブランドになる。


さまざまなアイデアは、外からの視点だからこそ生まれてくる。


広告マン3年目くらいのとき、担当していたクライアントからコンビニスイーツの仕事をいただきました。これが、やってみると楽しい。初めて褒められる経験もしました。それで、「やっぱり自分が好きなことを仕事にしないといけないな」と思うようになったのです。


「看板」、つまりブランドというものをどう作ればいいのかは、あまりに複雑で得体が知れません。ただ、本質は「利益が残るかどうか」の一点に尽きると思います。利益が残るからこそ、ブランドは「のれん代」という資産になるのです。


当社の社員が他の会社で働かせていただく機会も、できるだけ多く設けています。私自身も他社の研修に参加しています。このように、外部に対してオープンであることが当社の“強み”だと思います。


外からの視点を学ぶために、中途採用も増やしています。当社を担当していただいたコンサルタントが入社したケースもありますし、大手電機会社や大手菓子メーカーなど、さまざまな企業から転職していただいています。とくに50歳以上の方を重視しています。やはり大手企業には先人の知恵がたくさん蓄積されていますから、それを教えていただいているのです。


経営不振に陥っていた当時の当社には、外の視点が決定的に欠けていました。持っている数字は自社のものだけ。何気なく社長に「うちの工場は本当に生産性がいいのでしょうか?」と尋ねたことがあるのですが、「いい」という答えだったので理由を聞くと「社員がみんなそう言っているから」。他社と比べて、自分たちを相対的に見ることができていなかったのです。そこに気がついたので、さまざまな業種や業界の経営者やコンサルタントに会って話を聞いたり、経営改革プロジェクトに参加していただいたりしたのです。


蟻田剛毅の経歴・略歴

蟻田剛毅、ありた・ごうき。日本の経営者。洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」などを展開する「シュゼット」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際ビジネスコース修了。大手広告代理店「電通」勤務を経てアンリ・シャルパンティエ(のちにアッシュ・セー・クレアシオンを経てシュゼットに名称変更)に入社。同社創業者が設立した「クールアース」副社長、アッシュ・セー・クレアシオン副社長、クールアース社長などを経てシュゼット社長に就任。

他の記事も読んでみる

小島順彦

意見を持つためには、日ごろから考える習慣をつけなければなりません。しかし、日本ではそうした「考える力」を伸ばすことに力を入れてきたでしょうか。たとえば、米国では小学校、中学校のときから、実践的なディベートの時間があります。二者択一の結論をあらかじめ与えられていて、それをどう正当化するかを考えていく授業です。幼少期からこうした教育を通じて、自分の意見を持つ訓練をしていくのです。


清宮克幸

どんなに努力しても、必要最低限のレベルに達しないこともあります。その場合は、たとえそれが土台や基礎にあたることであったとしても、思い切ってその能力に見切りをつけることも必要です。その代わり、今度はその能力を使うシチュエーションはつらくならないような努力をするのです。


二宮雅也

地域が活性化し、地域で存在感を示すことが、持続的成長には必要。


宮本恒靖

忙しいという意味では学生時代も同様です。プロを目指してユースに所属していたころは、学校から練習場へ、そして練習を終えて自宅へ帰宅する移動時間を学校の宿題をする時間に充てていましたから。そんな時間の使い方がクセになったのか、選手時代は車を運転する時間を英会話の練習に充てていました。


村口和孝

お客様にとっては、見る商品や受けるサービスが、すべてであって、屁理屈や言い訳は通用しない。要は、「顧客に買ってもらえるかどうか」なのである。お客様は他人であるから、生活も違えば価値観も違う。商品サービスを買うも買わないも、また他社の製品を選ぶのもお客様の自由である。


川村隆

私自身は、電力システムの事業を担当している頃、世界各地でGEやシーメンスなどと競争し、彼らの強さを肌で感じていました。後任の中西宏明社長も米国でハードディスクドライブ事業の経営を担い、世界ナンバー1やナンバー2の競合たちとぶつかり合っていましたから、私同様に、自分たちがいかに世界レベルの強さを身につけるかという点に強い思いを持っています。ところが国内が主戦場である事業部門の人たちと話をしていると、なかなかそういう話題にならない。しかし、日本の市場はだんだん縮小していくわけで、この後世界でいろいろなことをやっていかなければ、きっと負ける。それこそが日立の今後の改革の重要な眼目なのです。


浅田すぐる

画面上でチェックしているときは気づかなかったのに、プリントアウトして見直したら文章に間違いがあった、という経験は誰にでもあるはず。同じ情報に接するときでも、パソコンなどの画面より、紙で見たときのほうが、前頭前皮質が活性化するという研究結果があります。とすると、パソコンの画面を見ながら考えるのは、わざわざハンディを背負うようなものです。


近藤大輔

美少女図鑑が成功した大きな理由のひとつは、単純ですが「タイトル」だと思っています。「新潟美少女図鑑」「沖縄美少女図鑑」といったように、地域名を冠することで、読者に「これは私たちのもの」と思ってもらえるのです。


宮島和美

企業の人材育成は形だけでは全く意味がないのですから、見た目や数字にとらわれないようにしています。


大久保博司

風車の大型ベアリングをつくってきたことで風車の技術が蓄えられたため、小型風車を手掛ける構想が持ち上がった。今のところほかに成功しているところもなく、私たちがやればリードできるのではないかと考えた。


久水宏之

悲しい性として私たちは、何ごとも自分の実力で成果を挙げたと思いたがる傾向がある。しかし現実には沢山の方々に、直接、間接にお世話になっている。その方々への感謝や、共に喜んで頂くという心遣いを忘れていると、思わぬつまずきや反感を買う。


豊田昌洋

我々は変化を見込んで供給体制、事業のあり方そのものを変えてきました。従来の沿岸大型プラントから小型プラントへ。これは物流とユーザーの変化を見て、事業の戦略を変えていったというところがポイントです。