蟻田剛毅の名言

蟻田剛毅のプロフィール

蟻田剛毅、ありた・ごうき。日本の経営者。洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」などを展開する「シュゼット」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際ビジネスコース修了。大手広告代理店「電通」勤務を経てアンリ・シャルパンティエ(のちにアッシュ・セー・クレアシオンを経てシュゼットに名称変更)に入社。同社創業者が設立した「クールアース」副社長、アッシュ・セー・クレアシオン副社長、クールアース社長などを経てシュゼット社長に就任。

蟻田剛毅の名言 一覧

利益が残るから、お客様に受け入れられたことになる。
お客様に受け入れられるから、ブランドになる。


さまざまなアイデアは、外からの視点だからこそ生まれてくる。


広告マン3年目くらいのとき、担当していたクライアントからコンビニスイーツの仕事をいただきました。これが、やってみると楽しい。初めて褒められる経験もしました。それで、「やっぱり自分が好きなことを仕事にしないといけないな」と思うようになったのです。


「看板」、つまりブランドというものをどう作ればいいのかは、あまりに複雑で得体が知れません。ただ、本質は「利益が残るかどうか」の一点に尽きると思います。利益が残るからこそ、ブランドは「のれん代」という資産になるのです。


当社の社員が他の会社で働かせていただく機会も、できるだけ多く設けています。私自身も他社の研修に参加しています。このように、外部に対してオープンであることが当社の“強み”だと思います。


外からの視点を学ぶために、中途採用も増やしています。当社を担当していただいたコンサルタントが入社したケースもありますし、大手電機会社や大手菓子メーカーなど、さまざまな企業から転職していただいています。とくに50歳以上の方を重視しています。やはり大手企業には先人の知恵がたくさん蓄積されていますから、それを教えていただいているのです。


経営不振に陥っていた当時の当社には、外の視点が決定的に欠けていました。持っている数字は自社のものだけ。何気なく社長に「うちの工場は本当に生産性がいいのでしょうか?」と尋ねたことがあるのですが、「いい」という答えだったので理由を聞くと「社員がみんなそう言っているから」。他社と比べて、自分たちを相対的に見ることができていなかったのです。そこに気がついたので、さまざまな業種や業界の経営者やコンサルタントに会って話を聞いたり、経営改革プロジェクトに参加していただいたりしたのです。


蟻田剛毅の経歴・略歴

蟻田剛毅、ありた・ごうき。日本の経営者。洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」などを展開する「シュゼット」社長。兵庫県出身。関西学院大学卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際ビジネスコース修了。大手広告代理店「電通」勤務を経てアンリ・シャルパンティエ(のちにアッシュ・セー・クレアシオンを経てシュゼットに名称変更)に入社。同社創業者が設立した「クールアース」副社長、アッシュ・セー・クレアシオン副社長、クールアース社長などを経てシュゼット社長に就任。

他の記事も読んでみる

小枝至

とにかくいい本を読み、知り、そこで自分なりに何かを考えること。それがいつか自分の血となり肉となります。


徳重徹

経営者の本気度は社員に感染する。振り返るのも辛いような地獄の半年間は、私に本物の覚悟と経営力を与えてくれた試練の半年間でもあった。


亀井勝一郎

明日とは、実は今日という一日のなかにある。


鳥羽博道

ここ数年、日本の企業の多くが縮み志向、内向き志向になってしまって、自分たちが生き残ることだけしか考えられなくなっている。だが、それは企業だけの問題ではない。悲しいかな、日本の社会全体が夢や安らぎや活気を持てなくなってしまった。世相がここまで暗くなってくると、夢が持ちにくくなるのも確かに真実だ。だが、こうしたときこそ、夢を抱いて明日を切り拓いていこうという気概を強く持たなければならない。


谷真

企業経営の根幹はマーケティング。マーケティングができてこそ、それを基に経営戦略を立てられる。そして、経営戦略から個々の施策が生まれる。


隅修三

今やグローバル化は、どういう人材ネットワークを持っているかで大きな差がつく時代になっている。


黒須新治郎

事業を興したんですから、全身全霊で打ち込むのは当たり前。前向きに夢を追えば気力は湧いてくる。


ぐっどうぃる博士

実は、ちゃんと「ゴマをする」というのは結構高度なテクニックが必要なんです。まず、相手の価値観を100%理解しないといけない。つまり、その上司の重視するサバイバルスキルは何かということです。以前、僕がいた研究室を例に挙げると、アメリカの大学から来たボスは、死ぬほど働くことを重視していましたが、欧州から来た部下はのんびりと結果を出すのをよしとしていました。結果、両者は理解し合えず、プロジェクトは失敗しました。もし、ボスに気に入られたかったなら、死ぬほど働くブリをする必要があったということです。


伊庭正康

ちょっとした効率化をしているかどうかで、大きな差がつくもの。


岡田祥吾

前職(マッキンゼー)で日々感じていたのが、ビジネスシーンにおける英語の問題。英語ができないことで企業のビジネススピードが損なわれ、また個人の活躍の幅が狭められているのを目の当たりにしてきました。実は私もその-人でした。しかし、既存のサービスではこの状況を劇的に改善することはできない。ならば、本当に英語力が上がるサービスを自分たちで作ろうと考えたんです。


柳生宗矩

治まれる時乱を忘れざる、これ兵法なり。


川村隆

苦しいときほど楽観は意志に属す。困難に直面するいまの日本に求められているのも、リーダーの強い意志と明確な意思決定ではないだろうか。


中村澄子

TOEICの勉強はだいたい2~3カ月で100点アップを目安に、短期集中型で、一気に点数を上げるほうが効果的です。学習期間が長期化すると疲労し、思うような結果が出ない場合が多いからです。


笠原健治

ユーザーが使用している様子をサイト上で観察したり、ユーザーを集めてヒアリングをしたり、アンケートを取ったり、コミュニティや掲示板でサービスの評判をチェックしたりと、相当な手間をかけて情報を収集しています。そして、集まった情報の中から、ユーザーが求めるサービスには何が大切か、優先順位を決めるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

原稿どおりに読んでいては人に伝わりません。自分の頭でよく考えたことしか聞く相手は理解してくれない。


ページの先頭へ