名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

蜷川幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蜷川幸雄のプロフィール

蜷川幸雄、にながわ・ゆきお。日本の現代演劇の演出家、映画監督、役者。海外でも高い評価を得た。そのほか、桐朋学園大学短期大学部学長、女子美術大学客員教授などを務めた。主な受賞に大英帝国勲章受賞、紫綬褒章受章ほか多数。

蜷川幸雄の名言 一覧

昨日と今日のおまえは違うだろ。昨日からの1日で経験した何かを足さなければ、その演技は過去のもの。常に新しいものを提示する意識を持て!


俺は自分自身にも厳しいんだよ。例えば「今回は舞台装置を使わない演出をしよう」「避けてきた歌舞伎に挑戦しよう」と常に新しいことに挑戦するよう意識している。


意識すれば、いくらでも変わる。コミュニケーションは恐れず、訓練を積むべきだ。


自己模倣するようになったらみっともない。人ってハードルを越えていくことで成長するものでしょ。


俺は「常に困難なほうを選ぶ」タイプ。守るものなんて何もないし、いつも挑戦したい、攻撃的でいたい意識が強いんだ。


「もっともっといい演出家になれる」といまでも俺は信じているんだ。だって目の前で82歳の役者が自己主張してがんばっているんだから。負けていられないよね。
【覚え書き|72歳時の発言】


若い人はデジタルの中にアナログの感覚を持ち込んで欲しい。身体的な触覚や生理感覚。表現や人との関係もきっと広げられるよ。


心がけているのが「皆の顔を見る」こと。稽古場で衣装の子がしょげていたら「何かあったか?」と話しかける。「昨日のあの演技、酒落ていたな」と伝える。俺は演出でも細部に凝るからね、現場の細部もものすごい見るんだよ。「大丈夫、キミのことは見ているよ」という信頼関係を築かないと、それ以上のものは生まれない。だからスタッフがどんなに増えても、なるべくちゃんと名前を覚えて、呼んでやる。これも大切なことだね。


社会とはすべて他者との関わりから成り立つ。とくにいまの時代は文化や国境も越えて行かなきゃならない。それなのに気持ちが自分の心の中にしか向かっていなかったら何もできないよ。


ゴールドシアター(55歳以上を集めた劇団)の劇団員を見ていると、「高齢者」とひとくくりにするのは本当に危険だとわかるよ。60歳より80歳がふけているかというとそうじゃない。個々でまったく違うからね。


とくに脚本に関しては、僕はセリフやト書きを変えることは絶対しません。作家というのは言葉を選び抜いて、ちょっとした語尾や句読点にも身を削るようにして書いている。そこに言葉を選び抜いてないヤツが勝手に変えるなと。だから、俳優に演技はいろいろ試させるけど、セリフを変えさせない。


役者にもスタッフにもまずは「それぞれのアイデアを出してくれ!」と頼むんです。もちろん俺が最終的なジャッジはするけど、それぞれが自分の分野のプロだからね。互いに尊重しあわないと、いいものなんてできない。


舞台での上演は企業で言う商品化に値するだろう。商品価値が高くなければ誰も観に来てくれない。


帝国劇場で「ハムレット」を演出したときは、朝日新聞に酷評された。批判されることは問題ないけど、論拠がおかしかったんだ。そのくせつまらない作品はほめてるし。そこで僕は「ニナガワ新聞」という反論を書いた新聞を発行して劇場ロビーに貼ったんだ。朝日数百万部VS壁新聞1部のケンカだよ。不当な権威には抗う。そんな態度が一貫してある。


高校に進むと当時の開成は成績順に机を並べられるんだ。受験のことしか考えてない世界。それを当たり前に受け入れる環境にも嫌気がさして、学校をさぼるようになったんですよ。だいたい受験勉強だけできて人間的には何も魅力のない、おもしろみのないヤツが多かったしね。このときに「勉強ができることで人間の価値が決まるものではない」と実感したわけ。一緒に留年した仲間たちのほうが、よほどユニークなヤツらが多かった。


蜷川幸雄の経歴・略歴

蜷川幸雄、にながわ・ゆきお。日本の現代演劇の演出家、映画監督、役者。海外でも高い評価を得た。そのほか、桐朋学園大学短期大学部学長、女子美術大学客員教授などを務めた。主な受賞に大英帝国勲章受賞、紫綬褒章受章ほか多数。

他の記事も読んでみる

大前研一

変人、大いに結構。坂本龍馬や勝海舟なんて超変人だったんですから。


FROGMAN(CGクリエイター)

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


ディオン・ワイズラー

決して小さい金額ではないが、取締役会のメンバーで話し合って本当に一瞬で決定した。多様なIT関連の事業を抱えていた旧HP時代には考えられないスピードで動けた。

【覚え書き|サムスン電子の複合機事業を買収したことについて】


山極清子

叱る以前に、なぜミスやトラブルが起きたのかを、部下と向き合って話し合う必要があります。もしかしたら、プライベートな育児・家事や介護の問題が仕事に影響したのかもしれない。仕事のプロセスの中に、甘い見込みが入っていたのかもしれない。要因がわからないかぎり、叱るポイントすらわからないではありませんか。


宮迫博之

今、一番やりたいことですか? うーん、ちょっとええカッコいうようですけど、大好きな後輩を全員、売れさせたいですね。一番叶えられそうもないというか、そんな、全員が売れるなんてありえませんから。それでも、「アメトーーク!」のような番組をもっとほかでもやって、一人でも多く売れさせたいんです。才能があるのに売れないやつって、お笑いの世界には山ほどいますから。そして、そのままやめていくやつも山ほどいる世界なんですよ。だから一番難しく、不可能なことだけど、なんとかできる限りのことはしたいなと。それだけ素晴らしい仕事だと思ってますから、お笑いっていうのは。


野村和史(経営者)

当社は「技術をもって社会に奉仕する」ということを社是に掲げています。お金儲けのためだけに働いているのであれば、あるいは(経営危機の時に)当社を退職するという人もいたのかもしれませんが、技術で社会に貢献するということをみんなが感じていたのだと思います。


山本俊之

当社の特徴のひとつは販路です。動物病院、ペット専門店、ブリーダーという専門家を通して製品を販売しています。当社のフードは、個々の犬や猫に合った製品をお届けするために多品種で細分化されています。そのため、専門家に栄養学の見地から最適な製品を選択し推奨していただくことが必須です。特に、療法食は病気の犬や猫に合わせて栄養バランスが調整されているため、現在の健康状態を獣医師が診断し、症状に合った食事を選んでいただくことが重要なのです。


おかざき真里

(『阿・吽』は)チャレンジできる原作はないかと探していたところにいただいたお話だったんです。できることなら普段自分が描きがちなものからは遠い、広い視野をもった作品を手がけたいと思っていた私には渡りに船に見えてしまいました。


田中角栄

「踏まれても、踏まれても、ついて行きます下駄の雪」ということだ。我慢、我慢ということだ。


北尾吉孝

経営者には、運も必要です。運とは博打のようですが、私は、努力次第で高めることができるものだと信じています。必要なのは、自分ができることを一心不乱に続けることです。私もみずからの天命を全うすべく、がんばり続けます。


清宮俊之

儲かるかどうかといった短期的な視点ではなくて、ビジネスで何を実現したいのか、旗印をどこに置くのか、ここが定まっている人は挫折しないと思う。


石坂正人

強く願えば、必ずかなう。