名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

蜷川幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蜷川幸雄のプロフィール

蜷川幸雄、にながわ・ゆきお。日本の現代演劇の演出家、映画監督、役者。海外でも高い評価を得た。そのほか、桐朋学園大学短期大学部学長、女子美術大学客員教授などを務めた。主な受賞に大英帝国勲章受賞、紫綬褒章受章ほか多数。

蜷川幸雄の名言 一覧

昨日と今日のおまえは違うだろ。昨日からの1日で経験した何かを足さなければ、その演技は過去のもの。常に新しいものを提示する意識を持て!


俺は自分自身にも厳しいんだよ。例えば「今回は舞台装置を使わない演出をしよう」「避けてきた歌舞伎に挑戦しよう」と常に新しいことに挑戦するよう意識している。


意識すれば、いくらでも変わる。コミュニケーションは恐れず、訓練を積むべきだ。


自己模倣するようになったらみっともない。人ってハードルを越えていくことで成長するものでしょ。


俺は「常に困難なほうを選ぶ」タイプ。守るものなんて何もないし、いつも挑戦したい、攻撃的でいたい意識が強いんだ。


「もっともっといい演出家になれる」といまでも俺は信じているんだ。だって目の前で82歳の役者が自己主張してがんばっているんだから。負けていられないよね。
【覚え書き|72歳時の発言】


若い人はデジタルの中にアナログの感覚を持ち込んで欲しい。身体的な触覚や生理感覚。表現や人との関係もきっと広げられるよ。


心がけているのが「皆の顔を見る」こと。稽古場で衣装の子がしょげていたら「何かあったか?」と話しかける。「昨日のあの演技、酒落ていたな」と伝える。俺は演出でも細部に凝るからね、現場の細部もものすごい見るんだよ。「大丈夫、キミのことは見ているよ」という信頼関係を築かないと、それ以上のものは生まれない。だからスタッフがどんなに増えても、なるべくちゃんと名前を覚えて、呼んでやる。これも大切なことだね。


社会とはすべて他者との関わりから成り立つ。とくにいまの時代は文化や国境も越えて行かなきゃならない。それなのに気持ちが自分の心の中にしか向かっていなかったら何もできないよ。


ゴールドシアター(55歳以上を集めた劇団)の劇団員を見ていると、「高齢者」とひとくくりにするのは本当に危険だとわかるよ。60歳より80歳がふけているかというとそうじゃない。個々でまったく違うからね。


とくに脚本に関しては、僕はセリフやト書きを変えることは絶対しません。作家というのは言葉を選び抜いて、ちょっとした語尾や句読点にも身を削るようにして書いている。そこに言葉を選び抜いてないヤツが勝手に変えるなと。だから、俳優に演技はいろいろ試させるけど、セリフを変えさせない。


役者にもスタッフにもまずは「それぞれのアイデアを出してくれ!」と頼むんです。もちろん俺が最終的なジャッジはするけど、それぞれが自分の分野のプロだからね。互いに尊重しあわないと、いいものなんてできない。


舞台での上演は企業で言う商品化に値するだろう。商品価値が高くなければ誰も観に来てくれない。


帝国劇場で「ハムレット」を演出したときは、朝日新聞に酷評された。批判されることは問題ないけど、論拠がおかしかったんだ。そのくせつまらない作品はほめてるし。そこで僕は「ニナガワ新聞」という反論を書いた新聞を発行して劇場ロビーに貼ったんだ。朝日数百万部VS壁新聞1部のケンカだよ。不当な権威には抗う。そんな態度が一貫してある。


高校に進むと当時の開成は成績順に机を並べられるんだ。受験のことしか考えてない世界。それを当たり前に受け入れる環境にも嫌気がさして、学校をさぼるようになったんですよ。だいたい受験勉強だけできて人間的には何も魅力のない、おもしろみのないヤツが多かったしね。このときに「勉強ができることで人間の価値が決まるものではない」と実感したわけ。一緒に留年した仲間たちのほうが、よほどユニークなヤツらが多かった。


蜷川幸雄の経歴・略歴

蜷川幸雄、にながわ・ゆきお。日本の現代演劇の演出家、映画監督、役者。海外でも高い評価を得た。そのほか、桐朋学園大学短期大学部学長、女子美術大学客員教授などを務めた。主な受賞に大英帝国勲章受賞、紫綬褒章受章ほか多数。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

モチベーションがずっと高いままという人はいません。いつもヤル気満々に見える人でも、必ずヤル気が下がるときはあります。でも彼らは、自分なりの「ヤル気を短時間で高めるコツ」をたくさん持っていて、それを絶えず実践しています。だからいつもモチベーションが高いように見えるものであって、人一倍気合いを振り絞っているわけでも、生まれつき強靭な精神力に恵まれていたわけでもないのです。


ヘミングウェイ

勇気とは、窮しても品位を失わないことだ。


森澤篤

優れた発想力は、頭の良し悪しとは関係ない。発想が豊かな人の共通点は、「次の問い」を思い付く好奇心の強さだ。答えを導き出したとき、「なぜだろう」「だとしたら」と次の問いにどんどんつなげられる力。それは知識の幅と深さなしにはあり得ない。


上田準二

苦手な人にも興味を持って話を聴く。これが一番有効。相手があれこれ話してくれれば、困っていることがわかるでしょう。そこに必ず自分がお役に立てるヒントがあります。それを考えれば、やがて商売の成果にもつながる。


立川志らく

今では、異次元の世界だと思っていたバラエティにも出演している。即興大喜利をやっているようでとても面白い。「これは、本来落語家が得意とする分野ではないか」とやってみて気がついた。53歳にして新しい発見があり、楽しく仕事をしている。


福島文二郎

「このようにやればいいのか」と日々仕事の中で学び、その体験に基づき、自分で判断できるようになる。それが問題解決につながるのです。また、もし判断できないなら、先輩に協力を求め、「どうすればできるのか」と相談することも、問題解決に不可欠な能力だと思います。


古森重隆

注意深く見ると、一見無関係に見え、雑多にも見えた情報同士を結ぶ因果律が浮かび上がってくる。いくつかの事実の背後に横たわる流れが見えてくる。「1週間前のあの出来事があったから、いまこれが起こっているんだな」というように、事実を位置づけられるようになってくる。そして今度はその延長上にある「先」を見通すことができるようになる。


近江直樹

いずれの資格についてもいえるのは、昔と違い、資格を取ったからといって、待っていれば仕事が飛び込んでくる時代ではないということです。そういう意味で有利なのは、会社員時代に新規開拓に携わった経験がある営業職出身の人です。「会社の人間関係に疲れたから、資格を取って独立開業でもしようか」という人は、独立後も仕事を獲得するのが難しいでしょう。独立開業後は、会社員以上に人間関係が重要になりますから。


大田友昭

その時代に適した行動をとるためには、客観的に自分を見る目が必要。


木村惠司(木村恵司)

社員たちに「ちょっとだけ非常識になれ」と言いたい。常識とは、賞味期限切れの情報になりかねません。ここによりかかっていては、前進できません。


中原淳

模倣が容易な社会にあって、容易にコピー&ペーストできず、他者にも代替できない。さらに、本人が確かな能力を持っていることを第三者が想像できる。そうした経験の価値が飛躍的に高まっているように思います。


鈴木雄介

企画を反対されたとき、私はいつも、別に悪いことをしようとしているわけではないと自分に言い聞かせていました。「何かあったら自分で責任を取るつもりです」と何度口にしたことか。ときにはためらう上司の腕をがっちりつかんでハンコを押させたこともあります。