名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

蜂谷二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蜂谷二郎のプロフィール

蜂谷二郎、はちや・じろう。日本の経営者。「フェイスネットワーク」社長。東京都出身。世田谷信用金庫融資担当を経てフェイスネットワークを設立。同社を東証マザーズに上場させた。著書に『不動産業界嫌いの不動産会社社長が教える不動産投資で夢を叶える方法』。

蜂谷二郎の名言 一覧

この20年は「失われた20年」などといわれ、不安ばかりが強調された時代でもありました。でも、そもそも自信を持てない人に仕事はやってきません。ぜひ「根拠のない自信」を持ってほしい。


信用金庫でも私はリテール部門で個人のお客様とのビジネスを担当していました。そのときに感じていたのは、お客様の奥の奥まで見ていない限り、お客様にとっての最大のメリットを引き出すプレゼンはできないということでした。


当社はお客様の「夢の実現」をお手伝いすることが使命です。一人ひとり、その内容は違いますが、それらにひとつひとつ対応すると。それができることが当社の強みだと思っています。


(上場によって)取引金融機関を含めて変わりつつある感があります。採用面でも人材の獲得が厳しいと言われている昨今においても、上場が決まる前から比較的良い人材に入社していただいています。その意味でも、上場後の採用がこれから楽しみです。


私自身、右から左へ物件を仲介して手数料収入を得るというビジネスが多い不動産業界にあって、お客様本位で考える業者が少ないと強く感じていました。そういった問題意識を持っていたこともあり、起業を目指すようになりました。


当社はお客様の資産背景をはじめ、事業形態や事業展望などをお伺いしながら最大のプレゼンを提供しています。不動産投資会社はたくさんありますが、当社はお客様に既存の物件を右から左に流すことはしません。お客様に合う物件を我々がご提案していきます。


我々はオーナーさんにとって、どれだけリスクを軽減できるかに重きを置いています。当社の手掛ける物件はプランニングが難しいものが多いのですが、オーナーさんにとっては安心できる物件になります。


土地の取得という段階では建売業者さんなどが競争相手になりますが、エリアや物件を含めたビジネスモデルではライバルはいません。ですから、これからもナンバーワンでオンリーワンを目指していきます。


当社の営業は都市銀行の営業出身者だったりするので、お客様の資産形成などもできます。ですから、当社は営業力で物件を売っていく会社ではありません。お客様に一番合うプランニングを提案しながら、お客様に最も合う物件を提供していく。その意味では、他の不動産業者とは全く違う会社と言えます。


私は元々は、金融業界にて銀行マンとして働いていました。その中で不動産の相談をよく受けたのですが、当時の不動産業界は顧客のほうを向いているように思えなかった。そこで、我々がそういう存在になるべきだと考え、起業しました。


我々が意識しているのは20~40代、とくに女性に好まれる部屋づくりです。女性に選ばれる部屋は、結局男性にも人気が出ます。洗面台の形やキッチンの長さまで、様々な設備を細かくプランニングします。そうすることで、人気ある物件を提供しています。


社名の「フェイス」とは「信頼」を意味する英語「faith」を意味しており、「信頼のネットワークを広げる」という意味合いを込めています。起業する前まで私は世田谷信用金庫に13年勤めていました。顧客様から、顧客様の友人・知人様をご紹介いただくことも多く、常に500件ほどの顧客を持って仕事を続けてきました。つまり、お客様からの信頼を得ながら仕事をさせていただいたわけです。


(信用金庫勤務時代)珍しく支店異動もなく9年半、本店に在籍していたのですが、不動産の融資を担当するなど、不動産に関わる機会は多かったですね。いろいろな業種の方々にも出会えましたし、業種によって経営も違うということが分かりました。それに伴って安定的な所得を得られる手段として不動産があり、不動産投資をすることの留意点も学ぶことができました。


城南3区(世田谷・目黒・渋谷)に特化しているのは、賃料も安定し、安心できるエリアだからです。当社の物件で言うと、城南3区が8割を占めます。他にも後楽園など比較的、地価も安価で賃貸ニーズが高く、長期的な家賃収入が見込めるエリアでも物件はあります。当社の物件の特徴は賃料が下がりづらいという点です。


不動産会社がゼネコンや金融機関と組むケースがありますが、お客様の望むソリューションを提供するのは難しいのが実態です。というのも、不動産会社は不動産のことしか分かりません。ゼネコンは建築のこと、金融機関は金融のことしか分からないからです。三位一体でお客様にサービスを提供している会社はありません。一方で、当社はこれらの機能を持っているので、お客様にとって最も良い提案ができます。


当社では新しい試みとして「グランファンディング」を開始しました。一棟のマンションを小口化して販売するもので、いわばクラウドファンディングの不動産版。より多くの人に、少額から不動産経営に参加してほしいと思っています。一人ひとりの人と向き合い、その人が本当に大事にしたいものを大事にできる場所を提供したいと思ったのがきっかけです。


社会問題といえば、待機児童数も挙げられますね。生産年齢人口が今後も増えると予測されている中、保育施設が不足しているのが現状です。そこで当社では、保育事業者と連携し、1階に保育所を併設する物件をつくりました。街づくりと社会貢献に目を向け、利便性の高い生活をその地に提供することも、私たちが背負うべき責任であると考えています。


当社では「グランストーリー」というシリーズを展開していますが、これは「自分らしさを実現できる場所」がコンセプトです。たとえば、音楽に特化した賃貸住宅があり、24時間無料で使えるスタジオが併設されています。元ミュージシャンのオーナーと一緒に作り上げたものです。その他に、ファッションディレクターの三浦大地氏がプロデュースした物件もあり、高額な家賃にもかかわらず満室で運営できています。


信用金庫の中で、誰でもできることしかできなくなったということが起業をした最大の理由です。バブルが崩壊し、お客様とつくってきたいろいろなプロジェクトがストップし、誰でも取り扱えるような金融商品や融資しかできなくなったのです。そうすると、私でなくてもいいのではないかと。私でなくてもできる仕事が多くなったので、お客様に必要とされる事業を自分なりにやろうと思ったことが信用金庫を飛び出したきっかけになります。お客様から相談を受けて面白そうだなと思ったファイナンスも実現できなくなったことが創業につながりました。


お客様に合った物件を提案することで、お客様が物件を購入したことによって次の行動が起こせなくなるような事態が起きることはなくなります。ですから、当社のお客様はリピーターが多くなります。3月に引き渡したお客様がいるのですが、この方は8棟目。去年物件を持ったお客様で安定的な家賃収入を得ることができたということで、ここ最近では2棟目、3棟目と新たな物件を購入される方が増えています。


当社には独自の情報網から1か月に約400~450件の非公開の土地情報が入ってきます。その中で、当社の設計担当者が30人ほどいるのですが、彼らがプランニングします。当社では土地情報を入手すると、1日でプランニングし、工事部が工事金額を1日で算出し、営業部が販売価格を決める。つまり、3日間でお客様にプレゼンができる状態になります。当社が設計部隊と工事部隊の両方を持っているから可能になります。通常であれば、自社で施工部門を持っていないため、工事単価を自社で算出することができず、他社に依頼することになります。そこでは大体2週間ほどの期日がかかってしまう。そうすると、優良な土地は100%なくなってしまいます。


当社の物件は鉄筋コンクリート(RC)造りが90%ほどになります。木造アパートを造っている会社さんはたくさんありますが、RCは造れません。技術的に難しいのです。城南エリアでRCの1棟マンションを造れる企業はほぼありません。不動産投資市場が過熱してきて、当社と同じような会社さんが出てくるかもしれないと思っていたのですが、結果的に出て来ていません。やはり施工ができないということです。それだけ技術的なノウハウが当社にはあるということになります。木造アパートは大工と棟梁、電気屋と設備業者がいればできますが、RC物件は業者が40~50社必要になります。大工も型枠大工、内装大工と別です。そういった業者のネットワークを持ち、施工に当たってまとめられる現場監督はいません。しかし当社には配管ルートから電気、型枠、サッシ、左官、鳶など、そういった人たちをまとめられる現場監督がいるわけです。ですから、設計、施工、入居者募集、管理までをワンストップで提供できる。それが当社の強みになります。


他にも人気のエリアはありますが、私たちにとって一番大事なのは、不動産オーナーを守ること。そう考えると、今、地価が上がっているところより、長期にわたって資産価値が落ちない場所を選ぶべき。その点、城南地域(品川区・目黒区・大田区・世田谷区など)が今も未来もベストなのです。


蜂谷二郎の経歴・略歴

蜂谷二郎、はちや・じろう。日本の経営者。「フェイスネットワーク」社長。東京都出身。世田谷信用金庫融資担当を経てフェイスネットワークを設立。同社を東証マザーズに上場させた。著書に『不動産業界嫌いの不動産会社社長が教える不動産投資で夢を叶える方法』。