蜂谷二郎の名言

蜂谷二郎のプロフィール

蜂谷二郎、はちや・じろう。日本の経営者。「フェイスネットワーク」社長。東京都出身。世田谷信用金庫融資担当を経てフェイスネットワークを設立。同社を東証マザーズに上場させた。著書に『不動産業界嫌いの不動産会社社長が教える不動産投資で夢を叶える方法』。

蜂谷二郎の名言 一覧

信用金庫でも私はリテール部門で個人のお客様とのビジネスを担当していました。そのときに感じていたのは、お客様の奥の奥まで見ていない限り、お客様にとっての最大のメリットを引き出すプレゼンはできないということでした。


当社はお客様の「夢の実現」をお手伝いすることが使命です。一人ひとり、その内容は違いますが、それらにひとつひとつ対応すると。それができることが当社の強みだと思っています。


(上場によって)取引金融機関を含めて変わりつつある感があります。採用面でも人材の獲得が厳しいと言われている昨今においても、上場が決まる前から比較的良い人材に入社していただいています。その意味でも、上場後の採用がこれから楽しみです。


私自身、右から左へ物件を仲介して手数料収入を得るというビジネスが多い不動産業界にあって、お客様本位で考える業者が少ないと強く感じていました。そういった問題意識を持っていたこともあり、起業を目指すようになりました。


当社はお客様の資産背景をはじめ、事業形態や事業展望などをお伺いしながら最大のプレゼンを提供しています。不動産投資会社はたくさんありますが、当社はお客様に既存の物件を右から左に流すことはしません。お客様に合う物件を我々がご提案していきます。


我々はオーナーさんにとって、どれだけリスクを軽減できるかに重きを置いています。当社の手掛ける物件はプランニングが難しいものが多いのですが、オーナーさんにとっては安心できる物件になります。


土地の取得という段階では建売業者さんなどが競争相手になりますが、エリアや物件を含めたビジネスモデルではライバルはいません。ですから、これからもナンバーワンでオンリーワンを目指していきます。


当社の営業は都市銀行の営業出身者だったりするので、お客様の資産形成などもできます。ですから、当社は営業力で物件を売っていく会社ではありません。お客様に一番合うプランニングを提案しながら、お客様に最も合う物件を提供していく。その意味では、他の不動産業者とは全く違う会社と言えます。


不動産会社がゼネコンや金融機関と組むケースがありますが、お客様の望むソリューションを提供するのは難しいのが実態です。というのも、不動産会社は不動産のことしか分かりません。ゼネコンは建築のこと、金融機関は金融のことしか分からないからです。三位一体でお客様にサービスを提供している会社はありません。一方で、当社はこれらの機能を持っているので、お客様にとって最も良い提案ができます。


社名の「フェイス」とは「信頼」を意味する英語「faith」を意味しており、「信頼のネットワークを広げる」という意味合いを込めています。起業する前まで私は世田谷信用金庫に13年勤めていました。顧客様から、顧客様の友人・知人様をご紹介いただくことも多く、常に500件ほどの顧客を持って仕事を続けてきました。つまり、お客様からの信頼を得ながら仕事をさせていただいたわけです。


(信用金庫勤務時代)珍しく支店異動もなく9年半、本店に在籍していたのですが、不動産の融資を担当するなど、不動産に関わる機会は多かったですね。いろいろな業種の方々にも出会えましたし、業種によって経営も違うということが分かりました。それに伴って安定的な所得を得られる手段として不動産があり、不動産投資をすることの留意点も学ぶことができました。


城南3区(世田谷・目黒・渋谷)に特化しているのは、賃料も安定し、安心できるエリアだからです。当社の物件で言うと、城南3区が8割を占めます。他にも後楽園など比較的、地価も安価で賃貸ニーズが高く、長期的な家賃収入が見込めるエリアでも物件はあります。当社の物件の特徴は賃料が下がりづらいという点です。


信用金庫の中で、誰でもできることしかできなくなったということが起業をした最大の理由です。バブルが崩壊し、お客様とつくってきたいろいろなプロジェクトがストップし、誰でも取り扱えるような金融商品や融資しかできなくなったのです。そうすると、私でなくてもいいのではないかと。私でなくてもできる仕事が多くなったので、お客様に必要とされる事業を自分なりにやろうと思ったことが信用金庫を飛び出したきっかけになります。お客様から相談を受けて面白そうだなと思ったファイナンスも実現できなくなったことが創業につながりました。


お客様に合った物件を提案することで、お客様が物件を購入したことによって次の行動が起こせなくなるような事態が起きることはなくなります。ですから、当社のお客様はリピーターが多くなります。3月に引き渡したお客様がいるのですが、この方は8棟目。去年物件を持ったお客様で安定的な家賃収入を得ることができたということで、ここ最近では2棟目、3棟目と新たな物件を購入される方が増えています。


当社には独自の情報網から1か月に約400~450件の非公開の土地情報が入ってきます。その中で、当社の設計担当者が30人ほどいるのですが、彼らがプランニングします。当社では土地情報を入手すると、1日でプランニングし、工事部が工事金額を1日で算出し、営業部が販売価格を決める。つまり、3日間でお客様にプレゼンができる状態になります。当社が設計部隊と工事部隊の両方を持っているから可能になります。通常であれば、自社で施工部門を持っていないため、工事単価を自社で算出することができず、他社に依頼することになります。そこでは大体2週間ほどの期日がかかってしまう。そうすると、優良な土地は100%なくなってしまいます。


当社の物件は鉄筋コンクリート(RC)造りが90%ほどになります。木造アパートを造っている会社さんはたくさんありますが、RCは造れません。技術的に難しいのです。城南エリアでRCの1棟マンションを造れる企業はほぼありません。不動産投資市場が過熱してきて、当社と同じような会社さんが出てくるかもしれないと思っていたのですが、結果的に出て来ていません。やはり施工ができないということです。それだけ技術的なノウハウが当社にはあるということになります。木造アパートは大工と棟梁、電気屋と設備業者がいればできますが、RC物件は業者が40~50社必要になります。大工も型枠大工、内装大工と別です。そういった業者のネットワークを持ち、施工に当たってまとめられる現場監督はいません。しかし当社には配管ルートから電気、型枠、サッシ、左官、鳶など、そういった人たちをまとめられる現場監督がいるわけです。ですから、設計、施工、入居者募集、管理までをワンストップで提供できる。それが当社の強みになります。


蜂谷二郎の経歴・略歴

蜂谷二郎、はちや・じろう。日本の経営者。「フェイスネットワーク」社長。東京都出身。世田谷信用金庫融資担当を経てフェイスネットワークを設立。同社を東証マザーズに上場させた。著書に『不動産業界嫌いの不動産会社社長が教える不動産投資で夢を叶える方法』。

他の記事も読んでみる

鈴村健一

できなさそうなことをやる、というスリリングな感覚が、僕としては毎回楽しくて仕方ありません。


森平茂生

差別化できていれば市場に入り込める。ある特定の人がこれはいいと感じてもらえるまで、魅力を伝え続けることが重要。


馬場芳彦

旧態依然とした組織の中では、何を言っても伝わらないものがある。


勝間和代

すぐに手をつけなければいけないのは、クレームやトラブルのたぐい。初期に対応すれば、30分や1時間で対処できるのに、対応が遅れたために数日かかるという事態も起こりえますからね。


佐藤可士和

うまくいった仕事を振り返ってみると、「あの打ち合わせの5分が決め手だった」と気づくことがあります。それが「小さな奇跡」です。物事が決まっていく過程にはいろんな奇跡的要因が重なっています。どんな会社もプロジェクトも商品も「その場にどんな人がいて何を言ったか」の集積でできあがっているのです。


榊原英資

20代、30代のビジネスマンには「できるだけ海外に出なさい」と言いたい。留学するのが一番いい。それができなかったら、どんな形でもいいから外国へ出て行くことだ。自分を鍛えるためには必要だ。


生瀬勝久

僕は「目標をたてないこと」が一番ストレスをためない方法だと思います。目標が実現しなかったらストレスがたまるし、もし実現しても、決められた道をなぞっている気がして、楽しくない。


松本紹圭

仏教には「縁起」という言葉があります。すべての物事は深く関係し合いながら、相依って成り立っているという意味です。散らかった机の持ち主は、頭の中も散らかっている場合が多い。逆に、机を整理することで頭の中を整理することも可能。


益本康男

稲作は世界の耕作面積の4分の1しか占めていないんですよ。そこで好調だと天狗になっても面白くないでしょ。しかも、今後はそんなに伸びない。欧米だけではありません。中国でも稲作は臨海部だけで、4分の3が畑作なんです。中国はコメ文化だと見られていますが、実態は小麦文化なのです。今は、クボタの農機関連の社員の9割がコメに携わっています。一部の社員を集めて、「おい、畑に行くぞ」と呼びかけている最中です。そのうちに、畑へ行かざるを得ない社員が増えてくるわけですから。


渡辺利夫

「しなやかな諦観」を持つことが大事。今後の悲劇に対する対策を十分にこらすと同時に、何か不可避の厄事が必ずや起こるというしなやかな諦観を持っていなければ、私どもはこの日本列島の上で人生を送ることはできないと思うんです。仮に極端な話、日本の民族の半分が消滅したとしても、残った半分はこういう悲劇にあえばこそ生命力をみなぎらせて、日本民族の血を後世に引き継いでいかなければなりません。


藤井孝一

自分では完ぺきな予定を立てたつもりでも、必ずしもその通りにいくとは限りません。約束の相手から突然キャンセルの電話が入ることもあれば、電車の到着が遅れてホームで待たされることもあります。そういうとき、時間が10分あったらこれをやろう、30分ならこれというふうに、あらかじめやることを決めて準備しておくと、時間を無駄にせずに済みます。人生の目的や目標が明確なら、寸暇を惜しんでもやりたいことがあるはずで、空き時間の使い方に困るということはないはずです。


木川眞

宅急便が登場し、郵便小包市場を奪ったのかといったら、そうではありません。郵便小包も一緒に増えてきました。つまり新しい需要をつくったのです。


松本幸夫

仕事が速い人ほど、急な仕事を頼まれがちで時間管理ができないという傾向があると思います。できる人に押し付けてしまうというのは、組織の問題でもあるのですが、依然として現場ではありがちな話でしょう。こんなとき角を立てずに断るには、「最初に事実を述べてから」「ノーと断る意見を挟み」「1~2個の代替案を提出する」というスリーステップでノーと伝える話法を頭に入れておきましょう。


高橋一生(俳優)

今年は、本当に感謝の年でした。いい作品を作るために尽力している方々と一緒にやってくることができた。僕は恵まれているんだということに気づいたというか……僕は一人じゃないという喜びを感じた年だったんです。


似鳥昭雄

先が見えない時代に明るい兆しを他社に先駆けて見つけ、自分たちだけ次の好況へ向けて新たな手を打つ。これが一番、確実に差を付けられる。


ページの先頭へ