名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

蛭子能収の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蛭子能収のプロフィール

蛭子能収、えびす・よしかず。日本の漫画家、タレント。熊本出身、長崎育ち。高校卒業後、看板店に就職。4年半看板制作の業務に携わったのち、上京。25歳で漫画雑誌ガロで入選。練馬のダスキンに入社し、配達員や営業を行い支店トップの成績を収める。33歳で同社を退職し本格的に漫画家の道に進む。マンガだけでなくテレビや各種メディア、映画、演劇などでも活躍した。

蛭子能収の名言 一覧

見栄を捨てれば、生きる方法はいくらでもある。少し見方を変えれば、人生で思い悩むことは少なくなる。


相談できる友達は必要っていうけれど、大事なことは黙って自分で決めるもの。相談されたほうだって絶対迷惑ですよ。


好きなことしなかったら、生きている意味なんてないじゃないですか。


友達の誘いだから断れないとか、おかしいでしょ。誘いを断れないような間柄を友達というのなら、僕は友達なんていりません。


若い人には言いたい。「自分を選べ!」と。いろんな人に気をつかわないで、自分の好きなことに向かって行動することのほうが幸せですから。たとえ残酷でも、「人のために生きるんじゃなくて、自分のために生きろ」と。


人生で一番大事なことは、自分で自由に考えて、その思いを行動に移すことなんじゃないでしょうか。


僕は人から嫌われていると思ったことがない。だって人に迷惑をかけることをしていないもの。そう胸を張っていればいい。


みんな、嫌われるんじゃないかとか、友達だからとか、考えすぎです。他人にどう思われたっていいじゃないですか。


仕事は一生懸命やる。その結果として得られるお金と自由を楽しんで使う。この点は一貫していると思います。


収入が上がったからといって、生活を変えてはいけない。身の丈にあったペースで暮らしたほうが、絶対に楽しいですよ。


いまの日本では、子どものときから友達は多いほうがいいと学校で教える風潮がありますが、本当にそれでいいのですかね。友達が多い=人間の魅力があるみたいに評価されているじゃないですか。だから仲間はずれにされることを極端に怖がり、仲間はずれが有効ないじめとして成立してしまう。私は友達が大勢いることがいいとは思いません。


人間はひとりで死んでいくのだから、もっとひとりの過ごし方、楽しみを覚えたほうがいいと思います。


なにか頼まれても気軽に断ることができ、相手も仕方ないとあきらめてくれる、さらりとした関係がいいのではないでしょうか。うまくいっているときはいいけれど、ひとつ間違えれば、相手を憎んだり恨んだりすることになる。友達っていうと、どうしても相手に過剰な期待をしてしまう。


仕事関係者からしか電話がかかってこないというのは、きっと真面目に働いてきて、家庭も大事にしてきた証しでしょう。それはとても立派なことじゃないですか。


40歳過ぎて、新しい友達って本当に必要なのでしょうか。友達はつくろうとして「つくる」ものではなくて、自然に「なる」ものではないでしょうか?だいたい、友達が多ければ、結婚したら結婚祝い、子どもが生まれたら出生祝い、家を建てたら新居祝い。飲み会、遊びの誘い……、金が出ていくばかりです。


私がテレビに出るようになってから、「昔の友達じゃないか」という人からわんさか電話がかかってきましたが、結局みんなの目的は「金を貸してくれ」でした。人に金を借りにくる人はだいたい無計画で無責任。もちろん貸した金が返ってくるはずもなく、大損しました。でも、しつこく返してくれとも言えないし、言えない自分がまた嫌で、そんな気持ちになるくらいなら友達なんていらないですよ。


昔の学生運動にしろ、オウム真理教にしろ、最初は友達から始まったものが、行き着いた先は犯罪であり、殺し合いですよ。何人かが集まると、だいたいリーダーというか親分が出てきます。そういう人についていけば、考えなくていいから楽かもしれませんが、その先には死が待ち構えているかもしれない。これは恐ろしいことですよ。


人から信用されるためには、どんな仕事であっても、誠実に自分のできることを精一杯やるっていうことが必要じゃないでしょうか。そうして人からもらった信用さえあれば、どんなに厳しい状況でもなんとかなるんじゃないかと思います。


サラリーマンでも漫画家でも芸能人でも、一番大事なものは信用だと思います。


オレの漫画はそんなに上手ではないし、人前で話しても面白いことが言えるわけじゃありません。ただ、昔から変わらず「なんとか人に喜んでもらいたい」という気持ちだけは忘れなかったつもりです。いま、俺に仕事を持ってきてくれる人がいるのも、この気持ちがあるからではないかと思っています。


(賭け)麻雀で捕まり、テレビのほうは3か月の謹慎になりました。謹慎が解けたら、レギュラーが3本か4本あったんだけど、すべてすぐに迎え入れてくれましたけどね。ありがたかったです。自分なりに、できることを手を抜かず、ちゃんとやってきたことを見ていてくれたのかなって。


とにかく自分に与えられた仕事を文句を言わずにやることが大事。オレ、テレビの世界で、自分からセールスしたことは一回もないですから。プロデューサーや演出家の言われたとおりにして、「ここはこうした方が……」なんて、一切言わない。だって相手は番組づくりのプロですよ。言われたことをマジメにやる。不平不満を言ってちゃダメですよ。


楽しく生きていくためには、人から好かれることは大切。コツは、相手より自分を低い立場に置くこと、相手の言うことを何でもハイハイ聞くこと、そしてケンカになりそうだったら、自分が悪くなくてもすぐ謝ること、これに尽きます(笑)。


もしイライラをその場で誰かに吐き出したら、現場の雰囲気が壊れ、つまらなくなってしまいますよね。そうなると、収録を続けることがストレスになってしまいますから悪循環。だったら、少々のことは呑み込んで、ニコニコしているのが一番ですよ。何より、他人に対して怒らない人は、周囲から好かれますから一石二鳥。


僕だって人間ですから、共演者からバカにされたりいじられたりすると、内心イライラすることもありますよ。でも、それを口や態度に出して、相手に向けては絶対にダメ。どうせどんな怒りでも、一晩寝ればたいてい忘れちゃうんですから。


何よりも意識しているのは、怒らないこと。僕、昔からケンカは絶対にしないんです。腕っ節が弱いので、ケンカしても絶対に負けるから、というのが一番の理由ですけど、プリプリ怒っているのはやはり健康によくないでしょう。


タレントも漫画家も、やっぱり人気商売ですからね。そのうち仕事が減っていくのは仕方ないです。でも、幸い体力的にはまだまだ問題なさそうなので、できるかぎり長くこの世界で生き延びたい。そのためには、なるべく呆けないようにしなければと思っています。最近は、収録中でも頭がはっきりしないことも多いので……。


ケンカは、どちらかが引かない限り、どこまでも発展してしまうもの。その先にあるのは殺し合いでしょう? それで死ぬなんてバカバカしい。僕は自分の命が大事なので、「相手のほうが悪い」と内心では思っていても、謝ることを選びます。


ギャンブルで負けても、自分なりのルールがあれば、引き際を見失わずにすみます。「このルールを破ってしまうとどうなるか?」を、いつも念頭に置いて行動しています。


上司が偉そうでも、部下が生意気でも、大した問題ではありません。そんなことよりも、仕事がきちんと進むことのほうが大事だと思っていたら、ラクになりますよ。


仕事だと考えているから、人間関係で我慢してもストレスにならないのではないでしょうか。ビジネスマンの方々も、ビジネスのことを一生懸命にやればいいのだと思います。会社は仕事をする場所であって、人間関係は二の次でしょう。


人を嫌うのは、決して愉快な感情ではありません。だから僕は、苦手な相手であっても、ネガティブな感情は絶対に見せないようにしています。誰かに対して「二度と一緒に仕事をしたくない」と思うこともないですね。どんな人とでも、頼まれれば何度でも共演します。内心の苦手意識は我慢します。


すごい作品を作ろうなんていっさい思っていません(笑)。ただ、締切りは必ず守ります。指示されたことだけはきっちりやるという仕事のやり方は、会社勤めのときから変わっていません。


プロの漫画家になるとき、会社を辞めて大丈夫かどうか、綿密に計算しましたよ。当面の貯蓄、退職金、失業保険、今後の収入の見込み。見込みは、連載など、確実性の高いものだけを計算しました。それらと1カ月の生活費を比べて、「これなら生活していける」と判断してから辞めたんです。だから、不安はありませんでした。


ダスキンのときはお客さんの家を1日に200軒くらい回るんです。勤務時間は8時間でしたが、ムダなく効率的に回れば5時間で終わります。そうすれば、早く競艇場に行けるわけですよ(笑)。好きなことをするために、どう効率的に仕事をするかを考えていました。


仕事はお金を得るためにしょうがなく働くもので、楽しく働くなんて、信じられんです。お金を貰えるから、上司のいうことをハイハイ聞いて、苦しいこともやるわけで。退社時間になって、やっと奴隷から解放されるのですから、そこからまた、しかも割り勘で飲みに行くなんて、考えられない。


それまで「ガロ」で描いていたものを単行本にまとめたら、結構評判になって、少しは売れたんですよ。それを「東京乾電池」の柄本明さんたちが見たんじゃないでしょうか。「劇団のポスターを描いてほしい」と依頼が来ましてね。公演ごとに、何回か描いているうちに、「蛭子さん、いるだけで面白いキャラクターだから、ちょっと芝居にも出てみない」と。できれば出たくなかったんですけど、「断る」っていうのもなかなかできなくてね(笑)。しょうがなくて出た最初の舞台をフジテレビの横澤彪さんが観にきていてね。すぐに「笑っていいとも」に出てくれと言われたんです。


オレね、マジメなんですよ。高校を出て長崎の看板店に就職したときも、東京に出てきてチリ紙交換やダスキンで働いていたときも、マジメだからまわりに好かれて。仕事を辞めるとき、どこでも残念がられましたから。「えっ! 蛭子くん、辞めないでよ」って。40代は、テレビという思いもしなかった世界に組み込まれ、「あれよあれよ」という間に流されていったような感じですけど、なんとか乗り切れたのはマジメだったからじゃないでしょうか。気が小さくて、頼まれると断れないというところもあるけど、よく上の人の言うことを聞きますから。見てますよ、上の人って。たとえば、上の人が部下を抜擢しようと考えたら、仕事の能力に大差がなかったら、まずマジメな人から選ぶと思います。


40代の終わりのころは月20本以上の出演番組を持っていました。年収が億を超えたときには、さすがに自分の能力以上に働いているなって。でも、好事魔多しというか、自分の能力以上に働いていた罰が当たったのかな。51歳のときに(賭け)麻雀で捕まります。テレビのほうは3か月の謹慎となって仕事が全部なくなっちゃったんだけど、漫画の連載は何事もなく描かせてくれて、そのときほど雑誌のありがたさが身に染みたことはないです。最終的に味方になってくれるのは漫画だと思ったし、いくらテレビの仕事が忙しくても、漫画の仕事を断らないでやってきて本当によかったなと。


蛭子能収の経歴・略歴

蛭子能収、えびす・よしかず。日本の漫画家、タレント。熊本出身、長崎育ち。高校卒業後、看板店に就職。4年半看板制作の業務に携わったのち、上京。25歳で漫画雑誌ガロで入選。練馬のダスキンに入社し、配達員や営業を行い支店トップの成績を収める。33歳で同社を退職し本格的に漫画家の道に進む。マンガだけでなくテレビや各種メディア、映画、演劇などでも活躍した。