名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

藤間秋男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤間秋男のプロフィール

藤間秋男、とうま・あきお。日本のコンサルタント、会計士、経営者。TOMAコンサルタンツグループ代表。慶應義塾大学商学部卒業後、公認会計士2次試験に合格し大手監査法人に入社。その後独立し、藤間公認会計士中小企業診断士税理士事務所を開設。同社を育て経営、財務、財務、人事などの総合コンサルティング会社へと成長させた。著書に『法人税節税チェックポイント62』『手にとるように税金用語がわかる本』『会社と社員が元気になる実践経営計画』『税金のことがよくわかる早引き事典』ほか。

藤間秋男の名言 一覧

私はよく、「打つ手は無限」といっています。悩んでいる人は、現状改善のために「できることは全部やったか」と考えてみてください。


企業の経営アドバイスなどを行なうなかで、近ごろは閉塞感に悩んでいる人がじつに多い、ということに気づきます。理由の一つに、会社が夢を語っていないことがあると思います。「こういう会社にしよう」と経営陣が口にすることで、社員も目標を持てるようになります。目標を持つことができれば、毎日の仕事は楽しくなるでしょう。


いまの仕事を「天職」にするべく、努力することができるはずなのです。仕事を極めると、その仕事は天職になると私は考えます。そう信じる、思い込むことが大事なのです。「ここは自分の居場所ではない」と青くみえる隣の芝生に移っても、そこでまた不満が出てくるでしょう。


失敗の原因を考え、反省することは必要です。でも、ひとしきり頭のなかで反省したら、次のやるべきことを考えましょう。過去をすっぱり忘れて前向きになることが大切です。


他人を変えることは難しいですが、自分は変わることができるはずです。自分が変われば、周りも変わっていくという効果もあります。たとえば、職場の雰囲気をよくしたいと思ったら、すぐにでも簡単にできる方法としてお勧めしているのが、相手に感謝することです。「ありがとう」とは「有り難い」ということ。当たり前と思わず、意識的に感謝することで、相手の粗を探すのでなく、よいところを探す心持ちに変わるはずです。


「会社が悪い」「社会が悪い」と自分以外の何かを責めてグチをこぼしても、そこからは何も生まれません。夢とは逆に、不満は口にしないほうがいい。口にしても現状は何も変わらないのですから。代わりに、現状をよくするべく次の手を考えるべきだと思います。


「世界で一番『ありがとう』を集める」というのが、TOMAコンサルタンツグループの夢です。「明るく・元気・前向き」の経営理念に基づき、目先の利益だけを考えず、クライアントから信頼されることを第一に考えて仕事に励んできました。お客様の笑顔がみえると、自然に「仕事が楽しい」と感じるのです。


藤間秋男の経歴・略歴

藤間秋男、とうま・あきお。日本のコンサルタント、会計士、経営者。TOMAコンサルタンツグループ代表。慶應義塾大学商学部卒業後、公認会計士2次試験に合格し大手監査法人に入社。その後独立し、藤間公認会計士中小企業診断士税理士事務所を開設。同社を育て経営、財務、財務、人事などの総合コンサルティング会社へと成長させた。著書に『法人税節税チェックポイント62』『手にとるように税金用語がわかる本』『会社と社員が元気になる実践経営計画』『税金のことがよくわかる早引き事典』ほか。

他の記事も読んでみる

カルロス・ゴーン

互いの相違点を認識して、その価値を認め合うこと。相手を尊重したうえで率直に語り、また相手の言うことに真摯に耳を傾けること。こうした方針はあまりにも単純で当たり前だと思われるかもしれませんが、従来の経営マニュアルに書いてあるかというと、必ずしもそうではありません。大切なのは自社の文化を維持しながら、同時に相手の文化を理解し、それに適応していくということです。


安岡正篤

なるべく人の世話役を心がけよ。そして、報を望むな。求むるな。


金子和斗志

すべては「お客さまの感動のために」――これが、当社の経営理念の核です。何か現場で迷ったときも、この理念に合致するかどうかで判断ができます。


村田昭治

人は平均的であることに徹するのが一番楽であり、容易な生き方である。しかし、その壁を乗り越えてこそ、他の人とは異なった、より自分らしい専門的な領域を研ぎすますことが可能になる。


菊原智明

数字で説得力を高めるには、数字のあとに相手がイメージできる具体例を補足するのがコツです。「冷暖房効率が25%アップする」という説明であれば、そのあとに「一般的な家庭なら約2500円、ちょうど外食1回分に相当します」と補足します。そうすれば「25%」→「2500円」→「外食1回分」とイメージできるので、お客様がすんなりと理解できる説明になります。


エドワード・ギボン

歴史とは、そのほとんどが人類の犯罪・愚行・不運の登記簿に他ならない。


藤田晋

経験は「生かす」ものではなく「捨てる」もの。そう考えて仕事をゼロから取り組み、成果が出た後に「実は過去の経験が生きていた」というのが、正しい経験の生かし方ではないでしょうか。


宇佐美典也

(独立直後の上手くいかなかった時期は)思えば僕は肩書きを捨てても無駄なメンツを捨てていなかったんでしょうね。土下座して仕事を取るとか、どんな小さいチャンスでもつかみ取るみたいな「がむしゃら感」がありませんでした。でもそこからはメンツも捨てて、おごってもらえるものはおごってもらったり(笑)、できないものはできないと受け入れたり。


小野田寛郎(小野田少尉)

目的がはっきりしていると、いろいろ切り捨てられる。「思い切り」というけど、目的があれば人間は思い切れるんです。


松田公太

私は常に、より困難な道を選んできました。なぜなら、茨の道を行く方が人間は成長できるからです。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

ウィンドウズ95の開発において素晴らしかったのは、チームの意志を統一する方法でした。たった2ページの資料にまとめられたプロジェクトの目的や方針は、1992年から3年間の開発期間において、いっさいブレることがなかったですから。チームのひとりひとりが、その2ページの資料を見ながら、開発コンセプトを共有したまま仕事をやれたので、開発のプロセスにおいては必ず出てくる「ここでは、何を捨てるべきか」などという時にも、すぐに妥当な結論を選ぶことができていました。


森田康

英国の劇作家バーナード・ショーは「余暇は休息ではない、休息は睡眠のようにとらなければならないものである。本当の余暇とは我々が好きなことをする自由であって、何もしないことではない」と書いている。余暇を単なる閑ではなく遊びの世界に高めることは、人それぞれの価値観があり、生活の知恵でもあり、人生の生き方そのものであるので、閑中遊ありもまた心がけ次第となる。