名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤野祐美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤野祐美のプロフィール

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

藤野祐美の名言 一覧

企業における人材育成は、経営戦略の一環。人・モノ・金の経営資源のなか、唯一その価値が無限大に増殖するのは、人材資産であり、ゴーイング・コンサーンを図る上では要となるべきものです。いかなる人材資産も眠らせておくわけにはいかない。


「誰もがかけがえのない価値を持っている。しかしながら、多くの人はその価値の発揮の仕方と発揮できる場所を知らない。だから、研修がそのきっかけを提供する」これが私の研修における信条です。


学びを学びで終わらせないためには、実践あるのみ。実践機会の提供、実践のための仕組みづくりも含めて研修であると私は考えています。そして実践の中で得る成功機会。それが研修をイベントごとで終わらせないための、次へのモチベーションにつながります。


研修は、人材戦略の一環であり、一時のイベント的な打ち上げ花火であってはいけません。「ああ、よかった。いい研修だったね」ではなく、「さあ、じゃあ、次どうする?」につながることが大切です。


意識・行動の変化は長い道程です。それだけに、息切れしがち。当事者はともかく、周囲の支援を得続けるためにも、短期間で何らかの成果を見える化していくこと。社内外への広報が必要です。


「わが社の女性陣が、ここまでできるとは思わなかった」実はこれは、女性研修ではよく耳にするフレーズです。せっかくの能力もそれを発揮する機会がなければ、埋もれてしまったままなのです。研修を通して、本来開くべき花が開いたのです。上司や同僚男性が彼女らに仕事についての意見を求め、意思決定の場への参加を要請するようになりました。


逆風の中で行う研修の成功は、いかに周囲を巻き込むかにかかっています。そしてその最大の担い手は、トップ経営者にほかなりません。


藤野祐美の経歴・略歴

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

他の記事も読んでみる

青井宏和

休日に動物園や水族館に行くことが多いですね。それがヒントになることがよくあります。動物にしろ魚にしろ、人工物ではない美しい姿が多くの人を魅了します。文具はまず機能や使いやすさを追求して形を作ってデザインを考えるんですが、動物や魚のシルエットを取り入れるケースもあります。ヒットした「ハリナックス」がまさにそうでした。


吉良俊彦

僕が専門にしているコミュニケーションは情報のやり取りによって成り立っています。情報が相手に伝わらなければコミュニケーションは成立しません。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

経営者が社員の管理や動機づけに多くの時間を割かなければならないとしたら、その経営者は採用で誤ったのです。適材であれば、上から指示されなくても自主的に最大限の努力をします。


山本昌(山本昌広)

歴史書、とくに中国古典が好きでよく読むのですが、その中で出てきた「己を高める」という言葉が好きです。どんな状況であっても自分を高め、いつでも何が起きても対応できるようになりたい、そうあり続けたいと思っています。


犬伏泰夫

90年代にはデフレの影響もあって鉄鋼会社は人、設備、債務の3つの過剰を抱える構造不況の代表業種とされました。しかしその間、各社は自分たちの強みを生かすため、事業の選択と集中を進めてきました。これらの過程では大変な痛みを伴いましたが、そのプロセスが終わりかけたころ、鉄鋼の世界的な需要が拡大するという追い風が吹きました。


沢渡あまね

「人は好きなこと・得意なことをしているときに、通常の3~5倍も生産性がアップする」ともいわれています。本当の働き方改革とは、やりがいを伴うポジティブな仕事を増やして、やらされ感を伴うネガティブな仕事を減らす取り組みであるべきなのです。


茂木誠

なぜ、世界史の教養を身につけることが、ビジネスマンが仕事の成果を出すうえで役に立つのか。それは、現在の政治・経済の問題を高い次元で考察するヒントが得られ、世界の動きが読めるようになるからです。


河野章宏

僕らのビジネスの根本は、「CDを売る」「曲を売る」じゃなくて、興行(ライブ)で利益を上げるのが基本なんで。曲は全部ダダであげてもいいかな、っていう発想に最近なってきてるんですけど、まだそこは様子を見ている感じですね。レンタルで聴いても、音楽が良ければライブには行くじゃないですか。そこに僕らは力を入れてるというか。そこに来てくれれば、売れなくても買わなくてもいいですよって。


奥谷禮子(奥谷礼子)

母に褒められた記憶はなく、何事も「やって当たり前、できて当たり前」という環境でした。何でもできて当たり前、と育てられたので、こと改めて「チャレンジする」という意識が薄いかもしれません。日本航空の採用試験を受けたときも、会社を辞めて独立するときも、チャレンジではなく、「自分で責任を取ればいい」という思いで行動してきました。


村上太一

広告費を掛けなければ売上高営業利益率を50%以上にするのは難しくないが、利益率を上げても成長に結びつかなければ意味がない。


奥田碩

自分たちの今があるのは、お客様のおかげ。


太田大介

仕事が終わったら、仕事以外のことに集中して、仕事から意識を逸らせる「スイッチ」を持つことが大切。その「スイッチ」として運動が効果的。英語を勉強するのでも、入浴をするのでもいい。ただし、できるだけ仕事とは違うことをするほうが、意識を切り替える効果が高くなります。