名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

藤野祐美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤野祐美のプロフィール

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

藤野祐美の名言 一覧

企業における人材育成は、経営戦略の一環。人・モノ・金の経営資源のなか、唯一その価値が無限大に増殖するのは、人材資産であり、ゴーイング・コンサーンを図る上では要となるべきものです。いかなる人材資産も眠らせておくわけにはいかない。


「誰もがかけがえのない価値を持っている。しかしながら、多くの人はその価値の発揮の仕方と発揮できる場所を知らない。だから、研修がそのきっかけを提供する」これが私の研修における信条です。


学びを学びで終わらせないためには、実践あるのみ。実践機会の提供、実践のための仕組みづくりも含めて研修であると私は考えています。そして実践の中で得る成功機会。それが研修をイベントごとで終わらせないための、次へのモチベーションにつながります。


研修は、人材戦略の一環であり、一時のイベント的な打ち上げ花火であってはいけません。「ああ、よかった。いい研修だったね」ではなく、「さあ、じゃあ、次どうする?」につながることが大切です。


意識・行動の変化は長い道程です。それだけに、息切れしがち。当事者はともかく、周囲の支援を得続けるためにも、短期間で何らかの成果を見える化していくこと。社内外への広報が必要です。


「わが社の女性陣が、ここまでできるとは思わなかった」実はこれは、女性研修ではよく耳にするフレーズです。せっかくの能力もそれを発揮する機会がなければ、埋もれてしまったままなのです。研修を通して、本来開くべき花が開いたのです。上司や同僚男性が彼女らに仕事についての意見を求め、意思決定の場への参加を要請するようになりました。


逆風の中で行う研修の成功は、いかに周囲を巻き込むかにかかっています。そしてその最大の担い手は、トップ経営者にほかなりません。


藤野祐美の経歴・略歴

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

他の記事も読んでみる

清水信次

安穏と余生を楽しむつもりはさらさらない。まだまだやらなければならない大事なことがあるからだ。
【覚え書き|83歳のときの発言】


藤井義弘

一日一生。最善を尽くして神に祈り、神に祈り手最善を尽くす。悔いを残さないよう努力すればおのずから道は開ける。


栗原幹雄

絵を描くと、アイデアがより鮮明になり、他のアイデアもどんどん浮かんできます。たとえば、店舗の外観の絵をみていると、「こんなメニューを出したら喜ばれそうだ」「食器はこんな形がいいな」と出てくるわけです。もちろん、新たに出てきたアイデアも絵で描く。気がつけば、すぐに実現できるレベルまでアイデアを具体化できるはずです。


武田良太

強い地域を作ればいいと思います。強い地域を作って弱い地域を守るという形です。そうすることによって大きな政府、大きな予算も小さくなってきますしね。足りないものすべてを地方交付税という形で守っていくのではなく、強い地域や強い産業から、弱い地域や弱い産業へとお金や人や活気などが流れて行くようなイメージです。


木村秋則

お米農家の人に講演をしたとき、私は最初に「誰がお米をつくっているんですか」と質問しました。するとみなさん、「私たち人間に決まっているじゃないですか」という顔をする。それで私は言いました「米をつくっているのは人間じゃない。人間の身体に米一粒実りますか?実らないでしょ。米をつくり、みなさんの生活を支えてくれるのは稲や土なんです。今日ここまで来たクルマもいま着ている服も、稲や土のおかげで買うことができたんでしょ。今年、田んぼに『ありがとうございました』と言った人はいますか?きっと田んぼの土は、『うちの主人は冷たいな。稲を育てたのは私だよ』と言っていますよ。だから今晩の宴会はやめて、そのお酒をもって田んぼにお礼を言いに行ってください」と。


川田修(ライフプランナー)

週末に平日とは違う外の世界の人と交流を深く持つことが、新規プロジェクトを考えるうえで非常に大事。


高橋大輔(フィギュアスケート)

日本人男子初として様々なタイトルを獲るためには、常に新しいことに挑戦する姿勢が求められました。現役時代、バリエーションがあるステップやスピン、ジャンプに挑戦できたのも、「やってみようよ」と周りが背中を押してサポートしてくれたから。ファンの方々の声援も含め信頼できる人と出会い、支えてもらったことは、自分を後押しする大きな力になりました。


林成之

人間の脳は、左右対称や筋が通ったものが好きであるという統一・一貫性にこだわる性質があります。脳に情報が入力されると、その統一・一貫性を元にものごとの正邪を判断するようになるのです。これはものごとを判断する一貫性を維持するには必要なことですが、自分とは違った意見を嫌い、その意見の持ち主まで嫌いになってしまうという負の側面もあります。


冨山和彦

地方にしっかりした中核都市を作ることが重要。東京が上で地方が下という考え方を捨て、異なる自己実現と幸福のモデルを作ればいい。すべての経済活動を首都に集約するのは加工貿易立国時代のモデルで、日本はその段階を30年前に終えています。日本には文化的、気候的な多様性があり、自分に合った都市を選ぶ生き方をした方がいい。


クリス・アンダーソン

ウェブの急成長は疑いなく無償労働によってもたらされた。人々は創造的になり、何かに貢献をし、影響力を持ち、何かの達人であると認められ、そのことで幸せを感じる。


糸井重里

4万人のステージに立つ前、永ちゃん(矢沢永吉)は「震えるくらい怖い」と話していました。でも、「矢沢は考えたのよ、『矢沢、楽しめ』」って。自分がこうしたいと思うプロセスをワクワクしながら楽しめば、不安を乗り越えて、道は開けると思うんですよね。


石川康晴

会社を22年間、経営していますが、毎日危機感はあります。同じところを目指している企業はチャイナなどアジアに複数ある。それなのに、一歩ずつだと言って時間をかけたのでは、我々が入っていく隙間がなくなってしまう。