名言DB

9425 人 / 110833 名言

藤野祐美の名言

twitter Facebook はてブ

藤野祐美のプロフィール

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

藤野祐美の名言 一覧

企業における人材育成は、経営戦略の一環。人・モノ・金の経営資源のなか、唯一その価値が無限大に増殖するのは、人材資産であり、ゴーイング・コンサーンを図る上では要となるべきものです。いかなる人材資産も眠らせておくわけにはいかない。


「誰もがかけがえのない価値を持っている。しかしながら、多くの人はその価値の発揮の仕方と発揮できる場所を知らない。だから、研修がそのきっかけを提供する」これが私の研修における信条です。


学びを学びで終わらせないためには、実践あるのみ。実践機会の提供、実践のための仕組みづくりも含めて研修であると私は考えています。そして実践の中で得る成功機会。それが研修をイベントごとで終わらせないための、次へのモチベーションにつながります。


研修は、人材戦略の一環であり、一時のイベント的な打ち上げ花火であってはいけません。「ああ、よかった。いい研修だったね」ではなく、「さあ、じゃあ、次どうする?」につながることが大切です。


意識・行動の変化は長い道程です。それだけに、息切れしがち。当事者はともかく、周囲の支援を得続けるためにも、短期間で何らかの成果を見える化していくこと。社内外への広報が必要です。


「わが社の女性陣が、ここまでできるとは思わなかった」実はこれは、女性研修ではよく耳にするフレーズです。せっかくの能力もそれを発揮する機会がなければ、埋もれてしまったままなのです。研修を通して、本来開くべき花が開いたのです。上司や同僚男性が彼女らに仕事についての意見を求め、意思決定の場への参加を要請するようになりました。


逆風の中で行う研修の成功は、いかに周囲を巻き込むかにかかっています。そしてその最大の担い手は、トップ経営者にほかなりません。


藤野祐美の経歴・略歴

藤野祐美、ふじの・ゆみ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。大阪出身。オーストラリア・ボンド大学大学院でMBAを取得。ミノルタ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)・ファー・イースト・インク、ニュートレコなどを経て独立。人材育成、人事戦略などのコンサルティングを行った。著書に『上司取扱説明書~MBA流ボスマネの極意~』『上司は仕事を教えるな!』ほか。

他の記事も読んでみる

高垣麗子

トレーニングの面白さに目覚めてサボらずに通うようになりましたし、「せっかく運動しているんだから、良い物を食べよう」と栄養バランスにも気を遣い始めました。すると、体つきがどんどん変わってきた。内面的にも変化が生まれました。疲れている時でも運動すると、気持ちがスッキリし、ポジティブになれるんです。これまで以上に、意欲を持って、仕事に取り組めるようになりました。そうしているうちに、CMの仕事をいただけたわけです。また、洋服ブランドの。プロデュースも任されるようになった。外見だけでなく、内面的な変化も評価していただけたのかもしれません。


菅野寛

経営者は「育つ」のであって、他人が「育てる」ものではありません。一人称、つまり自分自身の意志や努力で育つべきであり、誰かが自分を育ててくれると考えているようでは、まともな経営者になれないでしょう。経営者自身に学ぶ姿勢が必要なのです。


張富士夫

完成品を外注に出すということは割とよくやるんですが、最初の段階では自分で失敗してもやることが大切なんです。それがトヨタのモノづくりの伝統だと思います。私自身、先輩によく言われたものです。「失敗を積み重ねて現在があるんだ。失敗してこそ次の方向が決まるんだ。失敗することなく、成功例だけを手にしても、方向性を定めることはできないぞ」と。そういう考え方がトヨタの遺伝子として受け継がれているんですよ。


北島素幸

中途半端に商売をはじめたら人生が終わる。経営って、一回の失敗で終わりますからね。ハングリーでいなければ、勘違いをしたまま、借金だらけで終わりかねない。


大室正志

体の弱い人が「明日から風邪をひかない体質になろう」としても、急には無理な話です。こういう場合、長期的には体質改善を目指しつつも、「風邪をひきそうだから、今日は早く寝よう」といった短期の対処をすることが肝要です。長期目標と短期の対処を混同してはいけません。メンタルについても同様で、いきなり「ストレスに負けない心を作る」と構えず、まずは小さな対処法を覚えましょう。


藤原和博

感謝は人間関係を育み、人生をうまく回すために必要不可欠。ただし、おざなりの感謝をしていても、相手の心には響かない。それどころか、上っ面の感謝は見抜かれて「この人にはがっかりだ」と思われることすらあり得る。


大塚辰男

これまでの反省点としては、売上高目標の300億円という数字が少し前面に出過ぎて独り歩きしたかなと。それよりも、この6年は顧客数が年に250社くらいずつ増え、約6700社になったことの方が重要です。当社との取引が継続され、新規顧客が積み上がった結果なので、とてもうれしく思っています。


佐藤可士和

コマは軸を中心に高速で回転しているから安定する。自分の軸を作る方法も同じ。物事を考え続けたり、自分がずっと動き続けたりしていないと軸はできません。動き続けながらバランスを取っていく感じですね。


赤尾昭彦

米国は長年の取引が信用のベースになる国。取引先に儲けさせる関係を築くのが大事。


梅原誠

「おぬし、夢持っていますか?」。かつて我が社のテレビCMで、俳優の仲代達矢さんに使っていただいたキャッチコピーです。僕はこの言葉が好きでね。社長に就任した後も社員たちに同じセリフを繰り返し唱えてきました。