名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

藤重貞慶の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤重貞慶のプロフィール

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

藤重貞慶の名言 一覧

我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」。


人はつい過去の失敗にクヨクヨしたり、未来を心配し過ぎたりということをしがちです。もちろん過去を反省したり未来を想像したりすることは必要ですが、最も重要なのは今を大切にすること。


同じ価値観を共有することは、企業活動にとって重要なことです。近年、和歌山県のウミガメ産卵地でアライグマによる食害が問題になっています。それを聞いた当社の大阪工場有志が防護柵の制作をお手伝いしているのですが、うれしいことに、運送会社やビルメンテナンス会社の方など、社外の方々も参加してくださっています。ボランティア活動なので仕事とは直接関係ありませんが、このように社会にお役にたつという共通の目的を持っていると、チームワークが良くなって、仕事をする上でも生産性が非常に向上します。


心の豊かさを一言でいうと「量より質」です。たとえば日本人男性の平均寿命は2009年時点で79歳ですが、WHOが2004年に発表した日本人男性の健康寿命(自律的な生活が送れる年齢)は約72歳と、7年も開きがあります。女性も同様な傾向にあり、人生の晩年に何年間も人間の尊厳を傷つけられるような生き方をせざるを得ません。これが、果たして本当に幸せなことなのでしょうか。


21世紀になって幸せの方程式が変化しつつあります。20世紀はモノの豊かさが幸せを左右する時代でした。モノが充足するにつれて買いたいモノがなくなり、余ったお金が金融を肥大化させてリーマンショックを引き起こしました。もはや多くの人が、モノやお金ではなく「心の豊かさ」が大事であると気づき始めています。


自然と仲良くしてエネルギーや食糧などの恵みを受けつつ、新しいコンセプト、新しい技術で、人間本来の生き方を模索していく。それが21世紀の幸せの方程式で求められる心の豊かさ、そして社会の発展につながるものだと思います。


不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)。経営者として迷うことはよくあるのですが、そんなとき、いつもこの言葉を噛みしめています。この言葉は、中国の古典、荘子の内篇にあり、「道をわきまえる人は、去るものは去るにまかせ、ものごとの去来に応じて心に留めるようなことをしない。その心が虚であるから、どんな変化にも対応することができて、我が身を損なうことがない」という意味です。平たく言えば、過去や未来に執着しすぎるなと説いているのです。


華人たちは、一度失敗しても、自分さえしっかりしていれば、またチャンスをつかむことができるのだと。そして、いつかナンバーワンになるのだという気持ちを忘れません。何千年も、世界を舞台にビジネスを手掛けてきた華人たちは、過去や未来に必要以上にこだわらず、そのときにベストと思われる方法を瞬時に判断し、倒れても立ち上がれるだけの知恵を持っているのです。


日用品の市場は二極化しています。汎用的な商品は値引きを迫られているのですが、付加価値や新しい機能を提案し、それが受け入れられれば高価格の商品でも購入されています。昨年発売した音波アシスト歯ブラシは1800円程度と、一般の歯ブラシからすれば相当高価ですが、販売は好調です。


経営環境は昨年より厳しいでしょう。ただ、今回の不況は、単に景気循環のなかで起きているのではなく、大きな構造変化を迎えていると考えています。私は『幸せの方程式』が変わったと表現しています。20世紀までと違い、消費者は物よりも心や質を求めています。そのために新しい価値である健康、快適、環境がキーワードになり、これに答えるストーリー性のある商品の開発が不可欠になるでしょう。


人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】


1997年、アジア通貨危機が起こったとき、東南アジア各地で華人に対する暴動が多発しました。彼らは、そうした困難な境遇の中で、我々と一緒にインドネシアで新しい工場を立ち上げたのです。そしてこの工場は、今日の我が社のアジアビジネスの成長をもたらしてくれました。華人たちは万が一のことがあっても、またゼロからスタートすればよいという強さを持っています。


人生は先を予想できないから、困難に直面すると誰しも迷い、右往左往してしまいます。でも厳しい状況下であるほど心を無にして今に集中し、決断したことを勇気を持って実行するのです。


ライオンの企業スローガンに「今日を愛する。」というものがあります。一日一日を大切に生きること、その中で充実した瞬間を持つことの大切さをこの言葉に込めています。


1997年にアジアを通貨危機が襲い、タイのバーツが大暴落してしまった時のこと。多くの現地の財閥が財産を失いました。国際事業本部長だった私はタイの合弁会社のパートナーと今後の対策を練る必要があり、その会社の会長に会うために現地に飛びました。すると会長はにこやかな表情で私を迎え、次のように話したのです。「私の祖父は道端でせっけんを売って今の財をつくりました。だから、もし仮に私が一文無しになったとしても、今からまた、せっけんを売ってやり直せばいいのです」。中華系の彼らは、長い歴史に根差した知恵を持ち、とてもたくましく、したたかです。「過去にクヨクヨしても、未来を取り越し苦労しても仕方ない。自分の代では無理でも、孫の代くらいまでにまた財をつくれればいい」と、会長は戦う姿勢を崩してはいませんでした。


藤重貞慶の経歴・略歴

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

他の記事も読んでみる

安河内哲也

一人で勉強して、知識をつけ過ぎると、間違えることが怖くなり、話せなくなります。実は私も、大学時代にそんな時期がありましたが、アメリカを旅行したとき、考えを改めました。ユースホステルで、ネイティブとノンネイティブが国際政治や経済について議論していたのですが、前置詞なんてムチャクチャだし、「三単現のS」のルールなんて誰も守っていない。しかし、話は盛り上がっているのです。間違うのを恐れて黙っていた私は、その姿を見て、「なんてつまらないことを気にしていたのか」と気づかされました。


山﨑養世(山崎養世)

鉄道産業の中心もかつて車両でした。それから運営になった。でも鉄道運営の先に街を作らないといけないと思ったのが、小林一三です。ターミナル駅の梅田に百貨店をつくり、沿線に大学を誘致し、さらに彼は週に1回、東急の取締役会をやって、東急田園都市線、東横線に東京工業大学と慶応義塾大学まで誘致し、そこに住宅地を作り、ショッピングセンターを作り、今度はエンターテインメントで宝塚を作り、沿線開発を全てやってしまったんです。おかげで、世界の鉄道の乗降者数は1位から23位まで日本の駅ですよ。しかも世界一安くて安全。何でこのノウハウを自動車の市場が変わる時に使わないんですか。同じことです。車両の仕事よりも運営、シェアリングも大きくなるけど、もっとでかいのは都市そのものを開発し、経営することです。


本田宗一郎

やってもせんに! とべ!
【覚え書き|本田氏の要求に「難しそうです」と答えた社員に対しての言葉。「やってもいないくせに、いますぐ行け(やれ)」という意味】


聖徳太子

悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからの良いしきたりである。そこで人の善行は隠すことなく広め、悪行を見たら必ず正しなさい。へつらいあざむく者は、国家を覆す効果ある武器であり、人民を滅ぼす鋭い剣である。また媚びへつらう者は、上役の者に好んで下の者の過失を言いつけ、下役の者と会うと上の者の過失を誹謗するものだ。これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳も持っていない。これは国家の大きな乱れのもととなる。


亀田高志

どんな社会的地位にあっても、職業に就いていても、血圧とコレステロールが高く、肥満気味の人は要注意。太い血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞を起こします。命は取り留めても半身不随になる、言葉が話せなくなるといった障害に悩む人もいます。いきいきと働くためには生活習慣を整え、早期からのケアが必要です。


ハヤカワ五味

昔は雇用に興味はありませんでしたが、実際に経営を始めると、うちのブランドで食べていける人が増えるのは素敵なことだと思うようになりました。いまは経営者として人を雇っていきたいという気持ちが強いです。


穂村弘

何かをやろうとした時に、自分の才能や可能性の有無を考えても意味がない。人は無限にそれを考えてしまうけれど、結局は託すしかなくて、でもそれはすごく怖くて。例えば、自分は曲がった植物が好きだけど、お店中に曲がった植物を置いてやっていけるんだろうかなんて、いくら考えたってたぶんわからない。でも曲がった蔓がいかに生命力に満ちて魅力的かを語るとき、彼は輝いていたし、こちらが植物に詳しくなくても、そのパッションはわかるから説得される。カッコいいよね、そういう人って。


野中正人

お客様から当てにされるお店になりたい。新しいお洋服を買いたいとき、「しまむらに行けばあるんじゃないか?」と思っていただけるようになりたい。


貞末良雄

企業が生き延びるには、従来どおりのやり方をしていてはダメ。


冨安徳久

私たちが求める仕事は、マニュアルを超えたものです。新人が先輩社員に付き添えば、「こんなにもご遺族に寄り添っているのか」と驚くことでしょう。そして自分の仕事観が当社の仕事と一致すれば、大きく成長できるはずです。なにせ「感動を生み出せる人財」となるのですからね。


村上太一

データ解析技術を軸として、求人情報サイト、不動産情報サイトを展開しているのが現状です。様々なデータを活かし、それを元にしたユーザー体験で勝っていく会社になります。たとえば「就活会議」でもうすぐリリースしようとしているのは、就活生が大学情報や活動内容を登録すると、そのデータから企業に採用されるか否か事前にある程度分かるようなサービスです。これまでは就活の際、何社受けても受からないという不幸が起きていましたが、採用確率が分かれば、無駄なエントリーシートを提出する手間も省け、より自分にマッチした企業への応募に全力を注げます。採用される可能性の高い企業ばかり受けて、その中から入社する会社を選ぶ方が、就活生・企業の双方にとって幸せなはずです。


ドナルド・トランプ

ビジネスの世界で成功するにはビジネスの手腕だけではなく、誠実さも必要である。それは約束を守るとか、場合によっては自分のした約束を覚えているといった単純なものである。しかしある人々にとっては、単純なことが必ずしも簡単だとは限らないようだ。