藤重貞慶の名言

藤重貞慶のプロフィール

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

藤重貞慶の名言 一覧

我々が集中すべきなのは、「過去」でも「未来」でもなく、「今日」。


人はつい過去の失敗にクヨクヨしたり、未来を心配し過ぎたりということをしがちです。もちろん過去を反省したり未来を想像したりすることは必要ですが、最も重要なのは今を大切にすること。


同じ価値観を共有することは、企業活動にとって重要なことです。近年、和歌山県のウミガメ産卵地でアライグマによる食害が問題になっています。それを聞いた当社の大阪工場有志が防護柵の制作をお手伝いしているのですが、うれしいことに、運送会社やビルメンテナンス会社の方など、社外の方々も参加してくださっています。ボランティア活動なので仕事とは直接関係ありませんが、このように社会にお役にたつという共通の目的を持っていると、チームワークが良くなって、仕事をする上でも生産性が非常に向上します。


心の豊かさを一言でいうと「量より質」です。たとえば日本人男性の平均寿命は2009年時点で79歳ですが、WHOが2004年に発表した日本人男性の健康寿命(自律的な生活が送れる年齢)は約72歳と、7年も開きがあります。女性も同様な傾向にあり、人生の晩年に何年間も人間の尊厳を傷つけられるような生き方をせざるを得ません。これが、果たして本当に幸せなことなのでしょうか。


21世紀になって幸せの方程式が変化しつつあります。20世紀はモノの豊かさが幸せを左右する時代でした。モノが充足するにつれて買いたいモノがなくなり、余ったお金が金融を肥大化させてリーマンショックを引き起こしました。もはや多くの人が、モノやお金ではなく「心の豊かさ」が大事であると気づき始めています。


自然と仲良くしてエネルギーや食糧などの恵みを受けつつ、新しいコンセプト、新しい技術で、人間本来の生き方を模索していく。それが21世紀の幸せの方程式で求められる心の豊かさ、そして社会の発展につながるものだと思います。


不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)。経営者として迷うことはよくあるのですが、そんなとき、いつもこの言葉を噛みしめています。この言葉は、中国の古典、荘子の内篇にあり、「道をわきまえる人は、去るものは去るにまかせ、ものごとの去来に応じて心に留めるようなことをしない。その心が虚であるから、どんな変化にも対応することができて、我が身を損なうことがない」という意味です。平たく言えば、過去や未来に執着しすぎるなと説いているのです。


華人たちは、一度失敗しても、自分さえしっかりしていれば、またチャンスをつかむことができるのだと。そして、いつかナンバーワンになるのだという気持ちを忘れません。何千年も、世界を舞台にビジネスを手掛けてきた華人たちは、過去や未来に必要以上にこだわらず、そのときにベストと思われる方法を瞬時に判断し、倒れても立ち上がれるだけの知恵を持っているのです。


日用品の市場は二極化しています。汎用的な商品は値引きを迫られているのですが、付加価値や新しい機能を提案し、それが受け入れられれば高価格の商品でも購入されています。昨年発売した音波アシスト歯ブラシは1800円程度と、一般の歯ブラシからすれば相当高価ですが、販売は好調です。


経営環境は昨年より厳しいでしょう。ただ、今回の不況は、単に景気循環のなかで起きているのではなく、大きな構造変化を迎えていると考えています。私は『幸せの方程式』が変わったと表現しています。20世紀までと違い、消費者は物よりも心や質を求めています。そのために新しい価値である健康、快適、環境がキーワードになり、これに答えるストーリー性のある商品の開発が不可欠になるでしょう。


人生というものは、結局、予想がつかない。だからこそ、人は未来に迷い、意味がないとわかっていても、過去に拘泥してしまうのでしょう。この言葉は、心を原点に戻してくれるのです。
【覚書き|座右の銘「不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)」について語った言葉】


1997年、アジア通貨危機が起こったとき、東南アジア各地で華人に対する暴動が多発しました。彼らは、そうした困難な境遇の中で、我々と一緒にインドネシアで新しい工場を立ち上げたのです。そしてこの工場は、今日の我が社のアジアビジネスの成長をもたらしてくれました。華人たちは万が一のことがあっても、またゼロからスタートすればよいという強さを持っています。


人生は先を予想できないから、困難に直面すると誰しも迷い、右往左往してしまいます。でも厳しい状況下であるほど心を無にして今に集中し、決断したことを勇気を持って実行するのです。


ライオンの企業スローガンに「今日を愛する。」というものがあります。一日一日を大切に生きること、その中で充実した瞬間を持つことの大切さをこの言葉に込めています。


1997年にアジアを通貨危機が襲い、タイのバーツが大暴落してしまった時のこと。多くの現地の財閥が財産を失いました。国際事業本部長だった私はタイの合弁会社のパートナーと今後の対策を練る必要があり、その会社の会長に会うために現地に飛びました。すると会長はにこやかな表情で私を迎え、次のように話したのです。「私の祖父は道端でせっけんを売って今の財をつくりました。だから、もし仮に私が一文無しになったとしても、今からまた、せっけんを売ってやり直せばいいのです」。中華系の彼らは、長い歴史に根差した知恵を持ち、とてもたくましく、したたかです。「過去にクヨクヨしても、未来を取り越し苦労しても仕方ない。自分の代では無理でも、孫の代くらいまでにまた財をつくれればいい」と、会長は戦う姿勢を崩してはいませんでした。


藤重貞慶の経歴・略歴

藤重貞慶、ふじしげ・さだよし。日本の経営者。「ライオン」社長。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、ライオン油脂(現:ライオン)に入社。主にマーケティング商品企画で頭角を現した。子会社の管理部門への出向、本社イノベーションルーム室長、国際事業本部長、常務、家庭品営業本部長、専務などを経て社長、CEO。

他の記事も読んでみる

西川光一(経営者)

創業者というのは特殊能力だと思います。社長になれる人はたくさんいても、起業家、創業者になれる人は稀です。だから、たまたま次の社長になった人が創業者を越えようと考えること自体がおこがましい。自分自身は特殊能力があるとは思っていません。


三須和泰

社内に対しては「変化しなければいけない」という話をしています。この105年間、我々の先輩たちも変化をし続けてきたから今があります。会社も、社員1人ひとりが変化、進化を続けることが重要であり、今年はそれを実現する年にしていきたい。


織田大蔵

金を貯めて困るだろうなどと余計な心配せずに、まず金を貯めることに精を出したまえ。


アレクサンドル・デュマ

どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


中村梅雀(二代目)

男女が一緒になろうとしたら、さらけ出したほうがいい。恋愛っていうと、どうしても互いにいいところを見せようとするじゃないですか。それが結局、結婚してからの失敗に繋がっていくわけですよ。大事なのは逆に「悪いところも本当に愛せるか?」なんです。隠さず話してお互いに自分をさらけ出す。そうすると相手が見えて発見があり、理解し合えるはずです。でも油断は禁物です。安心しすぎるとわがままばかりになっちゃいますからね。


為末大

米国オレゴン州では、各国の長距離選手が集まり、最先端の練習に取り組んで、みんなが強くなっています。そんなことが現実に起こっているわけです。スポーツと都市との関係としては、こうした特定種目に特化した「ホットスポット化」が進んでいます。そうなると国の機関が、あらゆる競技で選手を育成するのが本当に正しいのかという疑問が出てくる。いつの日か、「東京はどの競技でいくのか」を選択するときが来るかもしれません。そのときには、東京は日本人だけを育てる場所なのか、ということも考えていくべきでしょう。


小田禎彦

顧客ニーズの変化の手がかりにしているのが、お客様アンケートです。その中には、顧客が求める良いサービスとは何なのかを考えるためのヒントがたくさん詰まっています。


斉藤惇

日本の経営者は退くことにすごく躊躇する。これは撤退の物差しがきちんと決まっていないから起きるんでしょう。そのため先輩がやっている会社だからとか、そんな情緒的な理由で不採算事業をずるずると残してしまいがちなのです。


ミシェル・オバマ

大統領になっても、その人の人間性は変わらない。むしろ、その人本来の姿か明らかになる。


北島康介

水泳は子供から90歳以上の老人もできる生涯スポーツなので、年配の方には健康増進、女性にはダイエット、ビジネスマンには仕事に負けない体を作るなど、様々な切り口で提案できると思う。暇さえあれば、「東京マラソンにあれだけ人が集まるのはなぜだろう?」などと考えています。


大竹のり子

すべての資金を日本株へ投資して軒並み下落、といった失敗は多い。リスク分散のために、例えば日本株、外国株、外国債券など、最低3つの投資先に分けましょう。


野田憲史

事業立ち上げは、釣り竿戦略だと言っています。釣り糸を垂らしてみないと分からない。机上の空論より、「ユーザーに問え」です。


矢野博丈

20世紀が「攻め続ける時代」だったとすれば、21世紀は「守り続ける時代」になるでしょう。野球でも何でも、攻めるときの方が楽しいけれど、いくら攻めてもそれ以上に失点するのがいまの時代なんです。会社を大きくして成長を目指すのではなくて、とにかく足元を固めて倒産しないことに全力を注ぐ。そうでなければ、これからは生き残れないと思います。


畑村洋太郎

全体構造がわかれば、文章の構成は難しくありません。いきなり関係のない要素が割り込んできたり、本来なら因果関係のあるキーワードが離れ離れになるといった混乱も防げるはずです。


藤尾益雄

将来、食糧危機の時代がくる。その時、日本はコメや野菜を自給自足できなくてはいけない。自給率の向上、コメを守ることがわれわれの使命だと思っている。


ページの先頭へ