名言DB

9425 人 / 110833 名言

藤田聰の名言

twitter Facebook はてブ

藤田聰のプロフィール

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

藤田聰の名言 一覧

ビジョンを達成するためのスキルや情報、人脈をもっている人は付加価値が高い。付加価値が高ければ、いい仕事も回ってくるし、結果も出せる。


一流の人は自己認識力が高い。自分のことをよく分かっているんです。それは能力やスキルだけではありません。パーソナリティー(性格特性)まで理解したうえで、自分らしいリーダーシップを発揮しています。


目的意識があれば自然にアンテナも高くなり、情報も入ってくる。メンタル面でもタフでいられるでしょう。逆にこれがないと、努力は続かない。


あなたの価値を上げるうえで最も重要なのがビジョン、つまり志や目標です。3年後、5年後の理想とする自分の姿を思い描き、実現に向けて行動を起こす。ビジョンは能力開発の原動力。


思考や性格パターンが似ている人とばかり付き合っていても、化学反応は起こらない。違うタイプの人と付き合う。それが潜在力を引き出すコツ。


キャリアの8割は、予想しない偶然から作り出されている。キャリア形成にとって、「中長期的に考えること」も「目の前の偶然を大事にすること」も重要。


出世をするためには、プロのアスリートと同様に「心・技・体」の基礎力を鍛えなくてはいけない。


リーダーシップやマネジメント能力などのヒューマンスキルを高めるためには、それ以外のビジネス基礎力も同時に高める必要がある。


志や目標がないから仕事がつまらなくなるのです。目標がないから、目の前のことをこなすだけ。それであと20年も仕事をしていくのはツラいし、会社もそんな人を必要とするほど余裕はないでしょう。


今はビジョン格差の時代。志をもった人は大きく伸び、ない人はジリ貧になっていく。会社に期待するのでなく、自分に期待する姿勢に変換すべき。


小遣いの使い方が上手い人は出世が早い。それは、目的意識が明確だから。「自分がこうなりたい」という仕事のビジョンがあるから、そのために時間とお金をどう使えばいいのかがわかってる。目的を達成するために、必要なら惜しまずに使うし、不要なら一切使わないわけです。


デキる人はたいてい、仕事を速く片付けるスキルや、価値の高い情報、有意義な人脈をもっているもの。一昔前は、お金を出さないとそれらは手に入りませんでした。しかしいまはツイッターやフェイスブックといったITツールがあります。そうしたツールを活用すればタダで手に入ります。


リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


伸びる人は、自責の人です。起きたことを謙虚にとらえて、どこが悪かったのか、自分で変えられるところは変えていく。そんな姿勢が必要。ダメな人に多いのが他責の姿勢。悪いとわかっていても、つい人のせいにしてしまうようでは力は落ちていきます。


会社にどんどん提案していく姿勢が大切。社内でもっと改善できることはないか、自社の商品で世の中に役立つ方法はないか考え、提案する。変革できる人材を企業は求めていますし、提案するためには能力を伸ばす必要がある。目標ができれば、人間は努力できるはず。


小遣いが少なくても、自己投資の費用だけは削ってはいけません。そこを削ったら、ますます「仕事がデキない駄目スパイラル」に陥ります。飲み代よりも遊興費よりも大事なのが、勉強のための費用。それを惜しんでいては、出世どころか脱落します。月収がいくらであっても、手取りの10%は自己投資に回すべきです。


ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


偶然を計画的に導く5つの行動方針

  1. 好奇心……新しい学習の機会を絶えず模索し続ける。
  2. 持続性……失敗しても諦めずに努力し続ける。
  3. 楽観性……「必ず実現」する、「可能になる」とポジティブに考える。
  4. 柔軟性……こだわりを捨て「信念」「態度」「行動」を変える。
  5. 冒険心……結果が不確実でもリスクをとって行動を起こす。

藤田聰の経歴・略歴

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

他の記事も読んでみる

中村剛也

試合で調子が出ない時もあります。その時の僕の対処法は、気にしないこと(笑)。調子が悪い時期に細かいことを意識しすぎると、変な知識が頭に入るんです。それを実践しようとすると、余計なところに力が入るし、普段しないようなことをして、打撃フォームが余計におかしくなる。


逢坂ユリ

企業のトップにアポをとるとき、秘書の方を通すと断られるのに、ご本人に直接お願いするとあっさり会ってもらえることがあります。これは上の人が、自由に使える時間を勉強時間としてキープしているからです。空き時間に細々と勉強するのは、下の人の発想です。エグゼクティブほど最初から勉強用にまとまった時間を確保している印象があります。


藤田晋

時折、自分はリスクを負わずに評論家のような発言をする人がいます。そういう人は、ビジネスパーソンとしての価値がとても低い。成長は完全に止まっていると言えます。目の前の仕事すらこなせないのに、新しいことばかりに目を向けたり、漫画やドラマの主人公のように、どう考えても無茶な事業案件に手を出したりするのはダメですが、安定した仕事をしている人ほど、危機感を持って困難な仕事に挑戦してほしいと思います。


中山哲也

我々の基点は常にお客様のため、お客様のビジネスに貢献すること。そうした原点を忘れず、今後も成長を図っていきたい。


中島義道

枠を外して物事をみる哲学の性質が、画期的な商品を生むことはありうるでしょう。

【覚え書き|「IT長者に哲学科卒が多いのはなぜか」と問われて】


駒崎弘樹

上の世代の方々に伝えたいことがあります。男性が仕事に全人生をささげる「課長島耕作」的な価値感で、日本を、日本の未来を語らないでほしいのです。職場での責任を果たしながら、家庭と地域社会にも参画し、自己実現しようと、僕らの世代は挑戦しています。それを、「いまの若いやつらは草食系で……。俺らの時代は朝まで働いた」といった話で、潰さないでほしいと思います。


峰岸真澄

長期的な数値目標は示しませんが、長期的な戦略ビジョンは掲げています。それは、リクルートのサービス領域すべてで、世界一になることです。まず、中期目標に掲げたように人材関連事業が先行して世界一を目指し、販促支援事業はアジアでナンバーワンになる。その後、時期は定めていませんが、全事業でグローバルナンバーワンの座を狙います。


宋文洲

せっかく雇ったのだから、残業させて目いっぱい働かせなければ損だと考えるのは、その経営者が社員を会社の私物だと思っているからです。でも、それは違う。会社はあくまで労働力を買ったのであって、社員の、全人生を買ったわけではないのです。だから、「俺は1000人食わせている」なんて経営者がいうのは失礼だし、入社式で「おめでとう」というのもおかしい。たまたまその会社で働く契約が成立したからそこにいるだけであって、社員にしてみれば、自分の労働力をもっと高く評価してくれる会社があれば、そっちにいきたかったわけだから、おめでたくもなんともないのですよ。


黒田如水(黒田官兵衛)

乱世に文を捨てる人は、軍の道理を悟らないから、制法が定まらず、国家の仕置に私心が多く、家人や国民を愛する術がないから、人の恨みが多い。血気の勇だけで、仁義の道がないから、士卒に敬慕の念が欠け、忠義の志が薄くなるから、たとえいったん軍に勝つことがあっても、後には必ず亡びるものである。


森川亮

「知らぬが仏」という言葉もあるように、人間は知らない方が挑戦できる。