名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤田聰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤田聰のプロフィール

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

藤田聰の名言 一覧

ビジョンを達成するためのスキルや情報、人脈をもっている人は付加価値が高い。付加価値が高ければ、いい仕事も回ってくるし、結果も出せる。


一流の人は自己認識力が高い。自分のことをよく分かっているんです。それは能力やスキルだけではありません。パーソナリティー(性格特性)まで理解したうえで、自分らしいリーダーシップを発揮しています。


目的意識があれば自然にアンテナも高くなり、情報も入ってくる。メンタル面でもタフでいられるでしょう。逆にこれがないと、努力は続かない。


あなたの価値を上げるうえで最も重要なのがビジョン、つまり志や目標です。3年後、5年後の理想とする自分の姿を思い描き、実現に向けて行動を起こす。ビジョンは能力開発の原動力。


思考や性格パターンが似ている人とばかり付き合っていても、化学反応は起こらない。違うタイプの人と付き合う。それが潜在力を引き出すコツ。


キャリアの8割は、予想しない偶然から作り出されている。キャリア形成にとって、「中長期的に考えること」も「目の前の偶然を大事にすること」も重要。


出世をするためには、プロのアスリートと同様に「心・技・体」の基礎力を鍛えなくてはいけない。


リーダーシップやマネジメント能力などのヒューマンスキルを高めるためには、それ以外のビジネス基礎力も同時に高める必要がある。


志や目標がないから仕事がつまらなくなるのです。目標がないから、目の前のことをこなすだけ。それであと20年も仕事をしていくのはツラいし、会社もそんな人を必要とするほど余裕はないでしょう。


今はビジョン格差の時代。志をもった人は大きく伸び、ない人はジリ貧になっていく。会社に期待するのでなく、自分に期待する姿勢に変換すべき。


小遣いの使い方が上手い人は出世が早い。それは、目的意識が明確だから。「自分がこうなりたい」という仕事のビジョンがあるから、そのために時間とお金をどう使えばいいのかがわかってる。目的を達成するために、必要なら惜しまずに使うし、不要なら一切使わないわけです。


デキる人はたいてい、仕事を速く片付けるスキルや、価値の高い情報、有意義な人脈をもっているもの。一昔前は、お金を出さないとそれらは手に入りませんでした。しかしいまはツイッターやフェイスブックといったITツールがあります。そうしたツールを活用すればタダで手に入ります。


リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


伸びる人は、自責の人です。起きたことを謙虚にとらえて、どこが悪かったのか、自分で変えられるところは変えていく。そんな姿勢が必要。ダメな人に多いのが他責の姿勢。悪いとわかっていても、つい人のせいにしてしまうようでは力は落ちていきます。


会社にどんどん提案していく姿勢が大切。社内でもっと改善できることはないか、自社の商品で世の中に役立つ方法はないか考え、提案する。変革できる人材を企業は求めていますし、提案するためには能力を伸ばす必要がある。目標ができれば、人間は努力できるはず。


小遣いが少なくても、自己投資の費用だけは削ってはいけません。そこを削ったら、ますます「仕事がデキない駄目スパイラル」に陥ります。飲み代よりも遊興費よりも大事なのが、勉強のための費用。それを惜しんでいては、出世どころか脱落します。月収がいくらであっても、手取りの10%は自己投資に回すべきです。


ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


偶然を計画的に導く5つの行動方針

  1. 好奇心……新しい学習の機会を絶えず模索し続ける。
  2. 持続性……失敗しても諦めずに努力し続ける。
  3. 楽観性……「必ず実現」する、「可能になる」とポジティブに考える。
  4. 柔軟性……こだわりを捨て「信念」「態度」「行動」を変える。
  5. 冒険心……結果が不確実でもリスクをとって行動を起こす。

藤田聰の経歴・略歴

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

他の記事も読んでみる

井上康生

私は勝てば何でも許されるというふうに思っていませんから、選手たちが選手観、人生観をしっかりと持つことに関して非常に厳しく指導しました。


星野源

今後の目標はってよく聞かれるんですけど、僕としては長生きして、楽しいとか嬉しいとか、気持ちのいい時間がなるべく長い人生になればいいなって。それが一番の目標ですね。野望です。


永野毅

ブレないようにしていけば、必ず数字は上がってくる。


上田準二

本社から現場へ出されたスタッフは、たいてい理論と現実のギャップに戸惑い、すぐには成果を出せません。


中村靖(経営者)

10年後の働き方が、今と同じわけがない。


橋本孝之

グローバル化のためには、文化や国教というものを超えたダイバーシティー(多様性)そのものを受け入れる素養が必要です。


立花陽三

人に「あの人どう?」と間接的に聞いても、私の聞き方によっては、私の顔色をうかがいながら意見を言いますから。だったら自分がその人に直接話しかけた方が早いし確実。


渋沢栄一

一個人のみ大富豪になっても社会の多数がために貧困に陥るような事業であったならばどんなものであろうか。いかにその人が富みを積んでもその幸福は継続されないではないか。故に国家多数の富を致す方法でなければいかぬというのである。


嶋浩一郎

アイデアマンの場合、頭の中の引き出しに、一見するとムダとしか思えないような情報がたくさん入っている。引き出しの中には大草原が広がっていて、様々な情報が放牧されている。世の中みんなムダだらけ。ムダを愛し、ムダをたくさん集めた人がアイデアをジャンプさせる。


井上智洋

ちょっと努力すれば就けていた仕事こそがAIにとって代わられちゃう時代がきます。その点では資格はまったく頼りにならない時代になると思います。これまでは手に職をつければ一生安心だといわれていましたが、手に職を持つような仕事が一番なくなってしまいます。一方で企業の総合職なんかは、軟体動物のようにいろいろ柔軟に対応できるので、残る可能性は高いです。


裙本理人

保険適用になれば確かに患者さんの負担は減るが、医療費を国に肩代わりさせていることには変わらない。大局的な視点に立って社会貢献性を考えれば、保険に頼らずとも低コストで受けられる治療を実現できるよう、各企業は努力すべき。


片野坂真哉

理想とするリーダー像は、「目指すべき将来像を描いて、その実現に向かって社員を鼓舞して、ゴールにたどり着ける人」。なおかつ、勝つ人でなければならない。