名言DB

9412 人 / 110637 名言

藤田聰の名言

twitter Facebook はてブ

藤田聰のプロフィール

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

藤田聰の名言 一覧

ビジョンを達成するためのスキルや情報、人脈をもっている人は付加価値が高い。付加価値が高ければ、いい仕事も回ってくるし、結果も出せる。


一流の人は自己認識力が高い。自分のことをよく分かっているんです。それは能力やスキルだけではありません。パーソナリティー(性格特性)まで理解したうえで、自分らしいリーダーシップを発揮しています。


目的意識があれば自然にアンテナも高くなり、情報も入ってくる。メンタル面でもタフでいられるでしょう。逆にこれがないと、努力は続かない。


あなたの価値を上げるうえで最も重要なのがビジョン、つまり志や目標です。3年後、5年後の理想とする自分の姿を思い描き、実現に向けて行動を起こす。ビジョンは能力開発の原動力。


思考や性格パターンが似ている人とばかり付き合っていても、化学反応は起こらない。違うタイプの人と付き合う。それが潜在力を引き出すコツ。


キャリアの8割は、予想しない偶然から作り出されている。キャリア形成にとって、「中長期的に考えること」も「目の前の偶然を大事にすること」も重要。


出世をするためには、プロのアスリートと同様に「心・技・体」の基礎力を鍛えなくてはいけない。


リーダーシップやマネジメント能力などのヒューマンスキルを高めるためには、それ以外のビジネス基礎力も同時に高める必要がある。


志や目標がないから仕事がつまらなくなるのです。目標がないから、目の前のことをこなすだけ。それであと20年も仕事をしていくのはツラいし、会社もそんな人を必要とするほど余裕はないでしょう。


今はビジョン格差の時代。志をもった人は大きく伸び、ない人はジリ貧になっていく。会社に期待するのでなく、自分に期待する姿勢に変換すべき。


小遣いの使い方が上手い人は出世が早い。それは、目的意識が明確だから。「自分がこうなりたい」という仕事のビジョンがあるから、そのために時間とお金をどう使えばいいのかがわかってる。目的を達成するために、必要なら惜しまずに使うし、不要なら一切使わないわけです。


デキる人はたいてい、仕事を速く片付けるスキルや、価値の高い情報、有意義な人脈をもっているもの。一昔前は、お金を出さないとそれらは手に入りませんでした。しかしいまはツイッターやフェイスブックといったITツールがあります。そうしたツールを活用すればタダで手に入ります。


リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


伸びる人は、自責の人です。起きたことを謙虚にとらえて、どこが悪かったのか、自分で変えられるところは変えていく。そんな姿勢が必要。ダメな人に多いのが他責の姿勢。悪いとわかっていても、つい人のせいにしてしまうようでは力は落ちていきます。


会社にどんどん提案していく姿勢が大切。社内でもっと改善できることはないか、自社の商品で世の中に役立つ方法はないか考え、提案する。変革できる人材を企業は求めていますし、提案するためには能力を伸ばす必要がある。目標ができれば、人間は努力できるはず。


小遣いが少なくても、自己投資の費用だけは削ってはいけません。そこを削ったら、ますます「仕事がデキない駄目スパイラル」に陥ります。飲み代よりも遊興費よりも大事なのが、勉強のための費用。それを惜しんでいては、出世どころか脱落します。月収がいくらであっても、手取りの10%は自己投資に回すべきです。


ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


偶然を計画的に導く5つの行動方針

  1. 好奇心……新しい学習の機会を絶えず模索し続ける。
  2. 持続性……失敗しても諦めずに努力し続ける。
  3. 楽観性……「必ず実現」する、「可能になる」とポジティブに考える。
  4. 柔軟性……こだわりを捨て「信念」「態度」「行動」を変える。
  5. 冒険心……結果が不確実でもリスクをとって行動を起こす。

藤田聰の経歴・略歴

藤田聰、ふじた・さとし。日本の組織人事コンサルタント。「市場価値測定研究所」所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修修了。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

僕の会社SODでは過去何人もの社員が懲戒免職になっているんだけれども、えてして彼らは仕事のできる社員の部類で、会社にも貢献していたんだ。100の貢献をして1のルールを守らないでクビになっていたんだ。もったいないよね。やりなさい!と言ってできなくてクビになった奴はいないけれど、するな!と言ったことをやった奴は、すべてクビにしてきた。だって、やってはいけないことをやらないということは、意思さえしっかりしていれば誰にでもできることだよね。


上原美優

本当の意味での恩返しはまだまだ。いまは「大家族貧乏アイドル・上原美優」としてテレビに出演しているけど、「上原美優」というひとりのタレントとして認められたい。そのとき初めて、両親に恩返しできたと言えるんじゃないかな。


菅原洋平

「なんとなく落ち着かない」「些細なことで動揺する」といった状態も、セロトニン不足によって生じる睡眠不足のサインです。セロトニンは、脳を緩やかに覚醒させつつ、急な刺激に驚かないよう調整する物質です。セロトニンが不足すると、前述のように気分が不安定になりますが、一方でセロトニンはリズムのある運動で分泌される特徴があるため、「うろうろ歩き回る」「ボールペンをカチカチ鳴らす」「貧乏ゆすりをする」などの律動的な運動も生じてきます。これらは脳の覚醒レベルが下がっていることを示す生理現象です。生理学的な問題を心理学的な問題にすり替えるのではなく、脳という内臓の問題として、生理学的に解決していく必要があります。


辻庸介

英語ができるようになると、海外の友人や知人から生の情報を得られるようになる。何より、多国籍の友人との英語でのコミュニケーションは刺激的で楽しい。


小倉広

「他人を変えることなどできない」というのが私の持論です。家族や恋人とのあいだでさえ、相手が何でも自分のいうことを聞くなんてあり得ないのに、赤の他人である上司を思い通りに動かせるわけがありません。できるのは、上司が自分で変わろうと思うのを手助けすることだけです。だから上司の視点から見えるところにいろいろな意見を置くわけですが、それを採用するかどうかは上司次第だと割り切りましょう。


桐山一憲

最近、どうすれば日本人はグローバルに活躍できるのかと聞かれます。私は日本人の基礎的能力は高く、活躍できる資質を十分に持っていると思います。大事なのは本気で海外で勝負するぞという気持ちがあるかどうかです。退路を断ち、現地に骨を埋めるぐらいの覚悟を持てば、自ずと行動が変わり、力を発揮できます。


山科忠

「検討します」ではなく「検討していつまでに回答します」と答える。こうすれば倍のスピードになります。


朝倉孝景(朝倉敏景)

人の主人は、不動・愛染のごとくなるべき。
【覚え書き|上に立つ者は不動明王のような威厳と愛染明王のような慈悲を持つべき】


奥島孝康

生徒と教師の間に「こころの共鳴・共振」がなければ、知識は血の通った活きた知識とはならない。


元木昌彦

当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


奥野宣之

何をするときでも、必ず過去の記録を振り返り、そのときのやり方を参考にします。たとえば、企画書を書く際に以前の記録を振り返れば、「ネタ出しをする」「ネタを組み合わせて、フレーズを出す」「下書きをする」などという手順を踏んでいることがわかります。それを参考に、同じステップで考えていくわけです。場合によっては、その記録をもとにマニュアルをつくることもあります。たとえば、出張の際の持ち物チェックリストなどです。


八尋俊邦

成功するサラリーマンの条件は、「ネアカ、のびのび、へこたれず」です。


南雲吉則

若返りを始めるのは35歳だね。若い時は暴飲暴食も何とかなるけど、35歳過ぎたら手を打たないとまずい。


マザー・テレサ

あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう。ですが、気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。


坂本孝

任せることで、責任感が生まれる。