名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤田耕司(経営コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤田耕司(経営コンサルタント)のプロフィール

藤田耕司、ふじた・こうじ。日本の経営コンサルタント、公認会計士、税理士、心理カウンセラー。「日本経営心理士協会」代表理事。徳島県出身。早稲田大学商学部卒業。トーマツを経て独立。藤田公認会計士税理士事務所、FSGマネジメント、日本経営心理士協会などを設立。著書に『相続が気になるすべての方へ もめないための相続心理学』『リーダーのための経営心理学』。

藤田耕司(経営コンサルタント)の名言 一覧

日付を決めておかないと行動せず、ずるずる先延ばしにしてしまうものだ。


経営の引き継ぎのタイミングは会社が持続的に成長を続けるためにとても重要。まずは「何年何月何日に辞める」と具体的に決めておく必要がある。そのうえで、後継者を決めて、社長として必要な経験も積ませ、社内体制を整えるなど、自分がいなくなった時のために全力を尽くしておかなければならない。


事業承継を困難にしている公欲の部分では、「社長を任せられるほどの人材がいない」という考えから決断できなくなる。無理やりにでも自分が辞めてしまうと会社が駄目になってしまう、大事にしてもらってきた顧客に迷惑が掛かってしまうと。その結果、「辞めたいけど、辞められない」「自分は辞めちゃいけないんだ」という気持ちになってしまう。


社長の平均年齢が上昇し、60歳を超えている中で、体力や気力の限界を感じて事業承継を考え始めている経営者は近年急激に増えている。ただ、退任のタイミングや引き際を自分で決めるというのはすごく難しい。困難にしている動機は大きく分けて2つある。それは人間が持つ自分のために何かをしたいという「私欲」と、自分以外の周りの人に喜んでもらいたい、会社や社会を良くしたいという「公欲」だ。


事業承継を困難にしている私欲の動機としては「権力や地位を失いたくない。失ってしまうと周りから相手にされなくなってしまう」という危機感が生まれることにある。加えて、それまで第一線で活躍していたのに、退任後の目標がなくなってしまうことに不安を覚えるケースもある。何をしたらいいのか分からず、生活のハリのような部分や生きがいを失ってしまう怖さを感じてしまうのだ。自分が今まで懸命に築き上げてきた会社を後継者に譲るということが名残惜しくなる場合もある。


藤田耕司(経営コンサルタント)の経歴・略歴

藤田耕司、ふじた・こうじ。日本の経営コンサルタント、公認会計士、税理士、心理カウンセラー。「日本経営心理士協会」代表理事。徳島県出身。早稲田大学商学部卒業。トーマツを経て独立。藤田公認会計士税理士事務所、FSGマネジメント、日本経営心理士協会などを設立。著書に『相続が気になるすべての方へ もめないための相続心理学』『リーダーのための経営心理学』。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

能力とは、頭、手、足、身体、そのすべてを限界まで出しきる、使い切るということです。頭だけで、これはだめだ、こんなことは不可能だと決めないことです。自分の欲しいものを得ようと思ったら、とにかく自分の考えを行動に移してみるのです。身体を動かし、汗をかき、とにかく自分の持っている力のすべてを出してみるのです


ヘレン・フォン・ライス

自分の思い込みではなく、他者の声や市場の実情に耳を傾けないといけない。


江上治

問題は、不運に遭遇したとき、これをどう捉えるかである。年収1億円以上稼いでいる人は、不運をことごとくチャンスに変えている。そうして、さらに成長し、億単位の年収を稼いでいる。


マーラ・ヤマウチ

オリンピック出場を目標にしていた頃の私なら、満足していたでしょう。ですが、今回は、メダル獲得を目指していたので、レースも結果も、やや消化不良に感じています。41キロあたりまでメダル争いに絡みながら、最後の最後に届かなかったのは、やはりくやしいです。
【覚書き|北京五輪6位入賞について語った言葉。五輪6位入賞は英国女子マラソン歴代最高タイ記録】


渡辺真理

私の声は、とてもマイクに乗りにくい声なんです。ですから、本当はお話しするのは恥ずかしいことなのですが、毎日のトレーニングは欠かさないようにしています。さすがに、屋上で大きな声を出すなんてことはしませんが、クルマの運転中に発声や滑舌の練習を心がけています。そうやって声を出す練習をしても、ちゃんと視聴者の方々に届くという保証もないのですから、不安はまだありますね。


猪子寿之

感動するけれどもその理由を言葉にできないようなものを人々は昔から「アート」と呼んでいたんですよね。だから、すべてのプロダクトやサービスは、アート的な感動がなければならなくなってくる。つまり、すべてのビジネスが、ある意味、アートでなければ生き残れなくなると思っています。


遠藤功

私は企業にコンサルティングをする際、最近は「ミッション別組織」にするようにアドバイスすることが多い。それぞれの部門のミッションをできるだけ明確にして、シンプルにする。できればシングルミッションが望ましいですね。あれもこれも望むのは、この動乱期には望ましいことではありません。


酒井孝康

クオリティーが高い番組を作るためには、弁当選びだって手を抜けません。それに、相手に喜んでもらうためにはどうすればいいかを考えるという意味では、番組作りも弁当選びも同じです。


河合滉二

見せかけだけの和はいらない。


石田淳(コンサルタント)

勉強を継続するには、勉強のために行動を起こさないことが重要。だから音楽を聴いているiPodに英会話を入れるとか、ニンテンドーDSの学習ソフトで勉強するとか、普段の行動に勉強を組み込んでいくのもひとつの手。


山本敏博(福祉)

ホームページで最新年度の財務情報、決算書を公開しています。また、事業計画書、事業成績報告書、現況報告書も掲載するなど、大手監査法人の監査のもと上場企業と同レベルの情報公開を行っています。経営情報を公開することは、健全な運営が行われているかを地域から評価してもらうことだと思います。


白潟敏朗

部下のモチベーションを上げるには、「この仕事、やってみたい」と思わせることも大事なポイントです。「やりたい仕事」は興味を持って取り組むので、どんどん面白くなります。生産性も上がります。