藤田精一(経済学者)の名言

藤田精一(経済学者)のプロフィール

藤田精一、ふじた・せいいち。日本の経済学者。早稲田大学ビジネススクール教授。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業、ジョージア州立ジョージア工科大学産業システム工学科博士課程修了。名古屋工業大学経営工学科講師、テネシー州立大学工学部准教授・教授、産能大学経営情報学部教授、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学専攻教授などを務めた。専門は経済性分析(損得学)。

藤田精一(経済学者)の名言 一覧

収支を計算し、歴然とした差が出るようなら、生産機械をいますぐ買い換える以外の選択肢はないでしょう。


損得思考では「過去は振り返らない」が鉄則。


過去に支払った金にとらわれないこと。今さら取り返しようもない費用は「埋没費用」といい、損得計算には含めません。「もったいない」とか「過去の損を取り戻そう」なんて思うと判断を誤ります。


藤田精一(経済学者)の経歴・略歴

藤田精一、ふじた・せいいち。日本の経済学者。早稲田大学ビジネススクール教授。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業、ジョージア州立ジョージア工科大学産業システム工学科博士課程修了。名古屋工業大学経営工学科講師、テネシー州立大学工学部准教授・教授、産能大学経営情報学部教授、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学専攻教授などを務めた。専門は経済性分析(損得学)。

他の記事も読んでみる

河野英太郎

相手の感情を逆撫でせずに話の腰を折るにはコツがあります。まず、一人で話させないこと。ただ聞くだけではいけません。オウム返しや言い換えで「なるほど、○○なんですね」と言って、割り込みます。それから、相手の話を整理して締めの一言を添える方法もあります。これは「△△が□□ということなんですね。さて(ちなみに)、その件なんですが……」と話を平行移動させてこちら側に引き寄せるやりかたです。


鈴木敏文

ニーズに応えていけば飽和はあり得ない。


ジャスパー・チャン

たとえばインターネットで商品を販売するのはアマゾンが初めてやったこと。さらにインターネットで販売した商品を非常に速いスピードで届けるサービスも、それまでありませんでした。これらはまさに歴史をつくったといえますが、これで満足していてはいけない。成し遂げるべきことの基準をさらに高めていきます。


ジョン・グランバー

必ずしも知的なタイプではないのに、世の中をよくわかり、周囲に受け入れられてトップに上り詰める人もいます。彼らは感情の知的な活用、あるいは自信と周囲との対人関係をコントロールする能力である「心の知能指数」が優れているのです。


林文子

私がクルマを売っていた当時、セールスは男性ばかりの職場でした。そんな中で女性がいきなりトップセールスになるのだから嫉妬心もあったと思います。ですから私は、上司から優しい言葉をかけてもらったことはほとんどありませんでした。その寂しさ、つらさを経験していたから、自分が上司になったら、部下をどんどん褒めようと思ったのです。


佐藤康博

書くことは頭に入れることです。メモ帳は私にとって非常に大事なものです。ただ、モノ自体は100円程度のものですし、鉛筆もゴルフのスコアカードをつけるときに使うものを使っています。


小林喜光

事業部長だったころは、収益をあげろといった単純な指示でよかったのですが、レイヤー(階層、役職)が上がるにつれ、指示する相手の数も場面も増えるため、明確さや論理性に加えて、カリスマ性や情緒性が必要となります。


冨山和彦

重要なのはリーダーとしての立場で、とことん苦労してもらうこと。とりわけタフな環境の中で、それでも生き残った人をリーダーにすればいい。


玉川長雄

「やらまいか」は私の出身地、浜松の方言で「何でもやってやろう」という意味なんですが、おかげで運命の神様が扉を開いてくれたように思います。やったら何でもできるやんか、オーディオ屋もチューブ屋になれるんや、そう思いました。


おちまさと

自分にイライラする人にありがちなのが、本来は優先順位が低く、イライラするべきではないことに、イライラしているというケースです。そんなときは当初の目的に立ち戻ることが大切です。


日蓮

禍(わざわい)は口より出でて身を破る、福(さいわい)は心より出でて我をかざる。


セオドア・ルーズベルト

批判するだけの人間に価値はない。


張瑞敏

もし、開発した製品の売れ行きにかかわらず同じ給与が得られるとすればどうですか。技術者は設計図を描くことだけに集中し、売れないのはマーケティングや販売部門が悪いからだ、となりがちです。それではニーズに合った製品など生み出しようがない。


熊谷正寿

モノの見方が非常に大切です。私たちの仕事を、「ドメインを売っている」「サーバーを売っている」と感じるのか、「インターネットの情報を増やし、世の中を便利にしている」と感じるのかで、働く際の意識は随分変わってくるでしょう。要はモノの捉え方なのです。幹部全員が仕事の本質的な内容をきちんと理解できるように説明しています。


信太明

ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


ページの先頭へ