藤田弘道の名言

藤田弘道のプロフィール

藤田弘道、ふじた・ひろみち。日本の経営者。凸版印刷会長。

藤田弘道の名言 一覧

社員に対する評価も三年待てと言っているんです。三年待てば何とかなるものがたくさんある。種をまいてから目が出るまでに時間がかかる商材はありましたが、そのうちのいくつかは今すごい成果を上げています。


私は「こんなつまらん会社」と思って、入社後一か月で辞表を出そうと思いました。親父に「辞めるよ」と言ったら、「てめぇ、石の上にも三年だ。三年たって辞めるというならオーケーする」と言われた。それで三年くらいたったら俄然面白くなった。


わが社は技術の着想は良いんだけど、それを事業化するのが遅い。それが時々イライラするんだ。上司に挑戦状を叩きつけるくらいのことができないとダメだね。僕はそんなことの繰り返しだったけど「社長、それは違いますよ」と言ってくれるのはいなかった。それはさびしいことです。


バブルの時代には、本業以外絶対に手を出しませんでした。それでバブルがはじけて本業以外に手を出した企業は相当痛い目にあいました。でも、わが社の進むべき道はデジタル化を迎えて印刷というコア技術をどのように利用して、その市場の変化に対応するか。ほかの事業に手を出さずに、印刷会社は印刷技術をどう利用して、事業を確立するかということが経営の基本だったと思うんです。


藤田弘道の経歴・略歴

藤田弘道、ふじた・ひろみち。日本の経営者。凸版印刷会長。

他の記事も読んでみる

鳥塚亮

私がしたのは、お客様に喜んでいただけるように、サービスをフレキシブルに変えたり、物販をしたり、イベントを企画したり、ということです。これは、商店街の人たちやスーパーマーケットなど、世の中で商売をしている人ならみんなやっていること。つまり、「安全に走らせてさえいればいい」という旧国鉄の体質を、民間企業の体質に変えたのです。


樋口武男

運は勝手についてきませんが、特別な才能もいりません。「口」に「+(プラス)」と書いて「叶う」と読みますが、ポジティブな言葉を発するといい。そして私の祖母の教えのように、嘘とごまかしなく、人様に迷惑をかけることなく、堂々と生きればよいと思います。


田母神俊雄

部下との関係を縮められるか、遠ざけてしまうかを左右するのは、話し方と態度だと私は思います。


ジョルジョ・ヴァザーリ

修道院長はレオナルドに休まずに絵筆を持ち続けて仕事を完成させるように頼んだ。彼にしてみれば、レオナルドが時には半日も思索にふけったりするのが不思議に思えたのだ。彼は、レオナルドに庭を耕す労働者のように、絵筆を離さず仕事をしてもらいたかったに違いない。【覚書き:修道院長=ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼したサンタマリア・デル・グラーツィエの修道院長。上記は最後の晩餐制作中のダ・ヴィンチが急に休みを取った時のエピソード】


井村雅代

私は頭ごなしに指導しているように見えて、実は押したり引いたりしているんです。追い詰めていると思ったら、パッと救いの手を差し伸べる。でないと、その子を駄目にしてしまいますから。選手を追い詰めていることに気づかず駄目にしている指導者は非常に多い気がします。とくに「この子のため」と使命感に酔っている指導者はそうなりがちです。そんなの最低やと思います。


大坪速男

努力なしに運はついてきません。諦めず目標に向かって一歩一歩前向きに進めることが大切です。


藤田晋

AbemaTVをやって本当によく分かったのは、ユーザーの視聴習慣をつくっていくためにも忍耐というか、続けることが大切ということです。例えば、格闘技の試合を我々は中継していますが、だんだんと視聴者が増えてきました。最初はあまり見られていなかったのですが、現場の制作の人たち、宣伝の人たちの努力によって、「AbemaTVでやっている」ということが認知され、徐々に視聴者が増えていったんです。その意味でも、腰を据えてやらなくてはいけない事業だと感じています。


小田真弓(加賀屋女将)

加賀屋では女将や支配人などの接客責任者が夕食時に客室を訪ね、ご挨拶をしています。来館に対する感謝の気持ちを伝えるためですが、このとき、副次的に接客の情報をお客様から頂きます。お客様の表情や会話から、ご到着から夕食まで、接客に満足していただいているかどうかを知ることができるのです。


柴田昌治(コンサルタント)

「なぜ、この仕事をやるのか」が明確になれば、より良い方法が見えてきたり、そもそも「やらなくていい」と気づくことも結構ある。


下村朱美

先達の私たちが、働く楽しさをもっと発信していかないといけないですね。女性の側も、家庭に入って食べさせてもらいたいという甘えをなくす必要があります。外の世界には、刺激的な楽しいことがたくさんあるということを知ってほしい。


山田昇(ヤマダ電機)

私は、中国は中国人にやってもらうという考えですから。最初はお手伝いするけど、あとは中国の人。そういう採用をし、教育をしています。


澤田秀雄

現場のやる気を引き出すためには、経営トップがいつも気にかけているというメッセージを発することが重要です。


宮戸直輝

不況だから売れないといって過度に悲観することはありません。職員は、こういう状況だからこそ、前に進んでいこうという積極性を発揮することが一番大事です。


津曲孝

大きな会社も小さな会社も本質は同じだと思いますが、クオリティと価値観が大事だと思います。お客様が常に魅力を感じ続けてくれなければ、商品は売れなくなります。「昔と同じように作っています」では退化と同じ。毎日、改良していって、ようやく「昔と変わらないくらい美味しいね」と言われる。だから、日々改良が大切なんです。


サミュエル・スマイルズ

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。


ページの先頭へ