名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤田康人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤田康人のプロフィール

藤田康人、ふじた・やすと。日本の経営者。マーケティング・プロモーション会社インテグレートの社長。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、味の素で低カロリー甘味料の開発営業を行ったのち、ザイロフィンファーイースト(のちにダニスコジャパン)の創業に携わる。日本でキシリトール・ブームを仕掛け、キシリトールガム市場をゼロから2000億円規模へと成長させた人物。その後、マーケティング・プロモーション会社インテグレートを創業し社長に就任した。

藤田康人の名言 一覧

私が相手先の経営層と会う場合、部下の担当者には事前に伝えておきます。「今日はこんな話をしに行くから」と。部下が動きやすいように、全力で情報収集するのが上司の役目です。


後任者は基本的に前任者の否定をしたがるものです。前任者とうまくいっていた業者を快く思わない場合もあります。「いままではこうしていたのに」という押しつけがましい態度はご法度です。前任者の批判をする必要はありませんが、「昔は昔ですよね。これからあなたと一緒に幸せになりたいのです」という姿勢を示しましょう。


私たちはどうしても自社の商品を絶対にいいと思い込みがちです。熱意は必要ですが、外部の人には押しつけがましいと思われかねません。客観的かつ効果的な情報を集めて、冷静に説得すべきです。


(いま使っているものよりも、我が社の商品の方が優れていますと言うことは)現在、他社の商品を使っている顧客の判断を否定することになってしまいます。むしろ、「○○社の商品はいいですよね。いまの段階ではベストチョイスだと思います」と評価してあげることが大事です。


業界の匂いを共有できる人でない場合、なかなか信用されません。私は味の素に勤務していた経験がありますから、食品業界では「この人はわかっているな」と思ってもらえやすい。理不尽に聞こえるかもしれませんが、入り口は大事です。


藤田康人の経歴・略歴

藤田康人、ふじた・やすと。日本の経営者。マーケティング・プロモーション会社インテグレートの社長。東京都出身。慶應義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、味の素で低カロリー甘味料の開発営業を行ったのち、ザイロフィンファーイースト(のちにダニスコジャパン)の創業に携わる。日本でキシリトール・ブームを仕掛け、キシリトールガム市場をゼロから2000億円規模へと成長させた人物。その後、マーケティング・プロモーション会社インテグレートを創業し社長に就任した。

他の記事も読んでみる

久瑠あさ美

上司が居並ぶ会議でプレゼンをする日に、「失敗したらどうしよう」「出席したくないが、仕事だから仕方がない」などと思っていては、モチベーションは下がる一方です。そうではなくて、「自分を認めてもらえるかも」「そうすれば、昇進・昇給が待っている」などと考えれば、やる気が出てきませんか? つまり、「have to(~しなければならない)」ではなく、物事を前向きに捉えて「want to(~したい)」と思えるように自分の意識を変えていくのです。


バートランド・ラッセル

不幸な人間は、いつも自分が不幸であるということを自慢しているものです。


田中良和(GREE)

人生には、夢を失う時、目標を達成できない時があります。人生の軌道修正を迫られる瞬間が必ずある。そんな時、「1つの目標を定めてそれに向かって頑張る」ことも重要だと思いますが、環境が変わり、決めた目標をどうしても達成できない時、「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要だと考えています。目標を再設定するのは難しいことですが、そうしないと行き詰まってしまう。このことを学べたのはよかったと思います。


前澤友作

みんなが「これが好きだから働く」という思いを共有していれば、スピードだ効率だと社員の尻を叩かなくても、自然と仕事は速くなります。


三浦友和

じつは役者が出演を決める要素には3つあって「脚本」と「監督」、そして「主演」なんですよ。その意味ではこの作品(映画『64 -ロクヨン-』)にこれだけの売れっ子が集まったのは「佐藤浩市主演だからやる」って決めた人が多いと思うよ。僕もその1人だしね。


ゲーテ

我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。


似鳥昭雄

やはり「お客様にとって一番重要なものは何か」を真剣に考えたことに尽きると思います。お客様のクレームは何かしっかり見極める。それを解決するために私たちは時間とお金を惜しみなく使う。お客様が得をするために私たちが損をするしかないのです。


川村謙(経営者)

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。


中原淳

近年、ミドルマネジャーのプレーイングマネジャー化が進み、現場を持つマネジャーが増えています。そのため、マネジャーの負担が重くなっていると否定的な文脈で語られることも多いのですが、これからの時代、現場を完全に離れてしまうことはリスキーだとも思うんです。


森澤篤

前提条件やルールが変わらない環境で、ある問いを論理思考(ロジカルシンキング)で突き詰めていくと、当然のことながら、どの企業も最終的には同じような答えにたどり着いてしまう。論理思考で違いを出すには、問いの設定自体を変えなければいけないが、そのためにはクリエイティビティ、つまり創造力が必要になる。


堀紘一(コンサルタント)

メディアは何であれ言葉を乗せるビークル(乗り物)である。書籍やテレビ、ラジオと同じく、メールもツイッターもビークルだ。しかし肝心のコンテンツ(内容)がよくないと話しにならない。僕はまったく地上波テレビを観ていないが、その理由もコンテンツがよくないからだ。見るに値するコンテンツなど皆無で、テレビを観る時間があったら、本を読めと言いたい。


堀之内九一郎

いまのあなたには失って困るほどのものは何もありません。だから、失うことに怖さを感じるのは無意味です。自分にこびりついている自尊心やうぬぼれを捨てて、一度、すっからかんの状態になってください。それが、いますぐでもできる上手な開き直り方です。そうすれば、成功へ続く軌道がくっきりと浮かび上がって見えてきます。