名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤田和生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤田和生のプロフィール

藤田和生、ふじた・かずお。日本の動物学・認知科学者。「京都大学」教授。大阪府出身。京都大学理学部動物学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士号を取得。京都大学霊長類研究所助手・助教授、京都大学大学院文学研究科教授、日本動物心理学会理事長を務めた。

藤田和生の名言 一覧

扇風機に細長い紙をつけて回すと、紙がぴらぴらして怖いですよね。そんなとき、犬は飼い主の顔を見ます。飼い主が怖そうにしていると行かない。ニコニコしていると行く。つまり、人の行動を手掛かりに行動する能力があるということです。犬ほどではないですが、猫もできます。


知性とはいわば「その動物の生き方に合った形で情報を処理する力」のこと。たとえば大雪の後、道の状態が気になれば、人は外から帰ってきた人に尋ねて靴を選ぶでしょう。犬なら自分で歩いて道の状態を確かめるでしょう。では烏は? たぶん何もしません。空を飛ぶ烏にとってはどうでもいいことだからです。でも烏に知性がないわけではない。つまり、その生き物が生きるために必要な情報をどれだけ上手に取り込めるか。それが知性が優れているということなんです。


藤田和生の経歴・略歴

藤田和生、ふじた・かずお。日本の動物学・認知科学者。「京都大学」教授。大阪府出身。京都大学理学部動物学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士号を取得。京都大学霊長類研究所助手・助教授、京都大学大学院文学研究科教授、日本動物心理学会理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

宮戸直輝

各社がそれぞれ持ち味を生かしていこうというのがT&D保険グループの考え方です。大同生命、太陽生命、T&Dフィナンシャル生命を中核とするグループ経営がスタートして約二年半。経営統合がどんなものか、みなわかってきて、各社からどんどんアイデアが出てき始めています。グループの本社機能も同一新本社ビルに集約しましたし、廊下やエレベーターなどで、役員同士が気軽に立ち話ができるようになりました。グループの結束力も強くなっている感じがします。


近藤良平

大学を1年休学して、ヨーロッパを放浪した時の経験も影響してるでしょうね。途中まで僕は「孤高の旅人」を気取ってたんだけど、旅先で出会った現地の人とちゃんと関わるようになった途端に、旅の概念そのものが変わったんです。自分がちょっと変わったり、視点を変えただけで、同じ旅の時間がこんなにも楽しくなるんだなって実感した。その経験は、やっぱり大きいと思います。


野口敏(話し方)

雑談は、チームの結束力を強めるのに役立ちます。雑談を通じて築いた信頼関係があるからこそ、お互いの仕事をフォローしたり、つらそうな人の話し相手になってストレスを和らげてあげたりする、これが、組織全体のパフォーマンスアップにつながります。


池田千恵

飲み会では可能な限り自ら主宰者になることにしています。たとえば、コース料理のお店を予約すれば、終了の時間が計算できるし、「ここでお開きです」と宣言しやすい。飲み会に行くといつも意に反して遅くなるという人に、ぜひ覚えてもらいたいテクニックです。


小松政夫

(付き人時代)時には進言もしました。ある公演に出かけるときの服装がアロハに短パン姿だったので、「オヤジさんは植木等なんですから、ちゃんとスーツを着てください」と。そんな私を「あいつはしっかりしている」と評価していただいたようです。


戸塚隆将

メンタルを強くしたいなら、中長期的に目指すものを真剣に探すべきだと思います。自分なりの大義があれば、どんな仕事でも頑張れる。


川上徹也(パナソニック)

会計や経理は他の部署の人にとっては難解に感じられるものです。専門用語や数字を振りかざすと、難しいと受け止められやすい。内容や真意をしっかりと伝えて、相手に動いてもらって、成果を出してもらわなければなりません。


山下孝一

駄目な子はいない。しかし、駄目な先生はいっぱいいます。駄目な子はいない。しかし、駄目な親はいます。子供のせいにしてはいけません。


川村益之

課題発見・解決のためには、まずお客様のことを理解しなければなりません。そのためには、管理職であってもお客様のところに足を運び、お客様の話に耳を傾けることが大切です。


堀之内九一郎

誰でも一度や二度は、もうこれで終わりかというような、立ち直れないほどの手痛い経験をするものです。しかし、あなたは必ずそれを乗り越えます。そのとき、乗り越えたという生命力を実感できれば、それはこれからの大きな糧となるにちがいありません


益子修

企業風土の改革には相当力を入れてきました。自分たちの会社は、自分たちで守らなくてはなりません。守るに値する会社になることを目指して、改革を進めています。


篠原欣子

仕事はひたむきに続けることが大切。そうするうちに体で会得できるものなのです。