名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

藤森正路の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤森正路のプロフィール

藤森正路、ふじもり・まさみち。日本の経営者。住友金属鉱山社長。そのほか、日本希土類学会副会長などを務めた。同学会の希土類学会技術賞は藤森賞と呼ばれている。

藤森正路の名言 一覧

人知れず努力することなしに人間の向上はない。


苦しい時でも、とにかく笑っていろ。笑える余裕、ゆとりがないと判断を間違える。


一緒にやろうという力がまとまってこないと物事は前へ進まない。成功の成否は人の和にあり。


藤森正路の経歴・略歴

藤森正路、ふじもり・まさみち。日本の経営者。住友金属鉱山社長。そのほか、日本希土類学会副会長などを務めた。同学会の希土類学会技術賞は藤森賞と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

エウリピデス

危険は、勇者の目には太陽のごとく光り輝く。


鹿島泰孝

改善点はどこかを常に考え、凝り固まった常識から飛び出して、ものを見るようにしてきた。


鈴木喬(経営者)

経営というのは、将来を見据えて1歩も2歩も先んじて動く必要があります。しかし人は将来のために、今、困難を受け入れようという判断がなかなかできません。そういう人たちの意見をいちいち聞いていたら、いつまでたっても改革は成し遂げられません。


小林章浩

時間をかけて大きな変革を成し遂げなければならない場面も出てきます。その意味で、長期的な視点から戦略を考える同族経営の良さはあると思います。卸事業という祖業からの撤退も、創業家の経営だからできた決断かもしれません。


小山勝弘(経営者)

親もいとこも漁師で船の仕事を幼いころから見聞きして育った。漁船員は組織の一員であり、時化(しけ)の時1人でも自分の役割を果たさないと船は沈んでしまう。生と死、組織観、人生観のはしりを幼い時に感じていて、それが自分の価値観、判断軸のベースを作ってきた。


茂木友三郎

海外進出では経営の現地化が必要です。そのためには、「よき企業市民」であり続けることが重要です。現地の人を多く採用し、現地の活動に参加する。それから条件が同じなら現地企業と取引をする。これがグローバル展開で欠かせない点なのです。


俣野成敏

仕事の目的と背景を確認する癖をつけるとよいでしょう。目的とは「何のために、誰のためにこの仕事をやるのか」、背景とは「なぜこの仕事をやるのか」ということです。この2つを押さえれば、あとはそのゴールに向かって最短距離で進むことができます。


豊田昌洋

合併に際し、両社のいい部分を新会社で採り入れようとは一切考えなかった。新しい風土を作る。合併の成功はそこから。そして組織を一本化するガバナンス、リーダーシップの確立が重要。やはり新しい酒は新しい革袋に盛らなくてはならない。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

何百回、何千回も同じことを言われて、ようやく親の言うことが理解できるようになりました。昔は鬱陶しいことを言うなと思いましたが、今は感謝することしきりです。


安藤忠雄

私は現在、韓国で3つの建築を手掛けていますが、ダメなものはダメとはっきり言います。それで最初は扱いにくい日本人だと思われていたようですが、こちらが本気だということが相手に伝わってからは、逆にいい関係で仕事ができるようになりました。


肥後克広

きっかけとなったのが、ビートたけしさんの『お笑いウルトラクイズ』。ここでリアクション芸人としてブレイクしたけど、僕らはそれ以上に番組作りの方法や人間関係の大切さを教えてもらいました。


小笹芳央

自らの手で変えられるのが「自分」「思考・行動」「未来」です。変えられないものに囚われず、こうした変えられるものにエネルギーを集中するほうが、ずっと生産的な仕事ができるはずです。いわば、ピンチをチャンスへと変える発想の転換が必要でしょう。