藤森正路の名言

藤森正路のプロフィール

藤森正路、ふじもり・まさみち。日本の経営者。住友金属鉱山社長。そのほか、日本希土類学会副会長などを務めた。同学会の希土類学会技術賞は藤森賞と呼ばれている。

藤森正路の名言 一覧

人知れず努力することなしに人間の向上はない。


苦しい時でも、とにかく笑っていろ。笑える余裕、ゆとりがないと判断を間違える。


一緒にやろうという力がまとまってこないと物事は前へ進まない。成功の成否は人の和にあり。


藤森正路の経歴・略歴

藤森正路、ふじもり・まさみち。日本の経営者。住友金属鉱山社長。そのほか、日本希土類学会副会長などを務めた。同学会の希土類学会技術賞は藤森賞と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

森平茂生

経営者の息子でも、贅沢とは無縁の生活でした。父は子供にお金を持たせると堕落すると考えていたようで、お小遣いは小学生のときは1日10円のみ。中学になって学校の帰りにみんなでアイスを食べるときも、一人で我慢していたことを思い出します。いまだにお金を使うことに罪悪感を抱いてしまうのは当時の影響でしょう。


鑄方貞了(鋳方貞了)

これからの市場では何が求められるのか、利益を生み続けるにはどのような取り組みが必要か、などのヒントが潜んでいるのも現場。


岩崎裕美子

どの仕事にどれだけ時間をかけているかを一覧にしてみると、ムダは一目瞭然でした。たとえば、週に一度の会議の資料作成に、週8時間もかけていたことがわかりました。最初は作成時間の短縮も考えましたが、思い切って会議自体を月2回に削減。「やったほうがいい」というレベルの仕事は思い切ってやめる。やめて不都合があれば、戻せばいいのです。棚卸しは年に2回、定期的に行なっています。


高城幸司

「あいつは役員に媚びている」などと陰口を叩いたり、足を引っ張る作為を施されたりしたらどうすればいいか。結論から言えば、鈍感になること。対応策はこれに尽きる。陰口を言う人間は、反応を面白がっているのだ。「私はアンテナが低くて周りで何か言われていてもまったく気づかないんですよ」と、かわしているうちに、相手は陰口を言うことがつまらなくなってくるはずだ。


田村潤

お客が離れてしまったとき、上層部は「あれをしろ、これをしろ」と指示してくるはず。しかし、答えは必ず現場にある。お客の生の声、いわば心を現場はつかめる。そこに本当にテコ入れすべきヒントがある。


奥田務

大丸では、私が社長に就いてから改革を続けてきましたから、徹底した低コスト体質になっていた。ですが松坂屋は後発です。まだまだ無駄が多かった。統合と同時に大丸のコスト管理のプロを松坂屋に送り込みました。コスト管理に厳しい人物なので、大きな軋礫が起こるのではないかと危惧しましたが、松坂屋側の皆さんは、彼の言うことを忠実に進めてくれた。最初は驚いたのでしょうが、どんどんコストが落ちて赤字が減っていく。大丸のやり方を進めると利益が上がると分かったんです。改革は、利益が目に見えて上がると社員がついてきます。すぐに結果が出たので無用な軋轢は起こりませんでした。


須田将啓

15年に大々的なテレビCMを打った効果で、16年はあまり力を入れずとも新規会員が伸びていました。この勢いはすぐには無くならないだろうと見込んでいましたが、さすがに1年以上経つと効果は衰えてしまいました。そこで、15年に取り組んだ施策から良いものだけを抽出し、テレビCM、インターネット広告、サイト内でのセールなどを組み合わせたプロモーションミックスで、17年は効果的に会員が獲得できてきました。


安永竜夫

これから私が交渉していくことになる世界の経営トップは、40~50代が当たり前。私の人事に注目が集まっているのは、いわば日本が送れている証拠でしょう。
【覚え書き|役員序列32人抜きで社長に抜擢されたことについて】


紗栄子

いまは明るく元気ないまどきの女の子役が多くて、それを楽しんでいるけど、これからは役の幅を広げていきたい。そして、おばあさんになっても女優を続けたい。


テリー伊藤

40代の頃から「テリー伊藤」を名乗るようになった。テレビディレクターという裏方の仕事をしていた私が、コメンテーターとして表舞台にでたり、本や新聞に原稿を書いたりする仕事が舞い込むようになった頃のことだった。「どうせなら、ここでもう一発、パワーアップしていきたいな」そう思ったときに、昨日までの伊藤輝夫でいるよりも、リングネームみたいに別の名前をつけたほうが、思い切って暴れられるような気がした。


下義生

私は社長就任前の昨年春から1年間、トヨタに常務として出向しました。守りに入っていてもおかしくないほど経営状態は良かったのに、経営陣が極めて強い危機感を持っていたことに驚きました。私が今、社長としてしていることはすべて、この1年間の出向で学んだことと言えます。


福井威夫

ホンダは2輪車では世界一だが、4輪車ではまだまだほかに大きな会社がある。ライバルがなかなか動けない時こそ、ホンダは俊敏に動く必要があった。


西村英俊

社内の規則を厳格に守らせるためには、社長がやらないと誰もやってくれません。


槍田松瑩

成果主義は欧米流の収益至上主義の延長上として導入され、当初からそのほころびが指摘されていました。数字的な成果は、仕事が生み出す価値のほんの一部でしかないことに世間は気づき始めています。ただ収益をあげればいいという単純な動機と単純な満足感で人生を過ごしている人はいないということです。


松田洋祐

私は98年に旧スクウェアに入った。2000年に一度辞めたが、和田(洋一)が社長になるときに誘われ01年に再入社した。当時は「ドットコムバブル」が騒がれ、いろいろと魅力的な企業もあった。だがシステムで儲ける世界より、コンテンツの世界で勝負したいと思い、誘いを受けた。


ページの先頭へ