名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤村忠寿の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤村忠寿のプロフィール

藤村忠寿、ふじむら・ただひさ。日本のTVディレクター。愛知県出身。北海道大学法学部卒業後、北海道テレビ放送(HTB)に入社。HTB東京支社営業部から、本社制作部(のちにコンテンツ本部報道制作センター制作グループ)に異動。バラエティ番組やドラマの制作を行う。中でもバラエティ番組『水曜どうでしょう』はカルトな人気を博し、ローカル番組であるにも関わらず全国的なヒットとなった。

藤村忠寿の名言 一覧

僕らはもともと、低予算・低姿勢・低カロリーの「三低」をモットーにしてきたので、制作費が少ないからいい番組がつくれない、なんて思ったことはありません。


情報って、そんなに必要でしょうか。むしろ、東京は情報が多すぎて、みんながそれに振り回されているように僕には見えます。膨大な情報を毎日処理していたら、考える暇もないですよね。テレビがつまらなくなったというのは、案外そのあたりに原因があるのではないでしょうか。


中央進出の野望はありません。僕はこれからも面白い番組をつくり続けていきたい。それには東京より、情報やしがらみに縛られずのびのびとやれる地方の方が、絶対にやりやすい。それに、面白ければ地方でつくっても全国の人が注目してくれるということがわかったので、東京に行く必要性は感じません。これからも面白い番組づくりはこうやるんだというのを、こちらから東京に向かって発信していくつもりです。


僕も制作に移ってしばらくは、視聴率を取ることしか考えていませんでした。でも、それは間違いだった。自分たちが目指すのは観た人の心に響く番組をつくることであって、数字をとることじゃない。当たり前のことですよね。


視聴率って、もともとはCMの値段に根拠を持たせる材料のひとつだったはずです。ところが、いつの間にか視聴率が番組の価値を決める絶対的な指標になってしまった。でも、視聴率がよければ中身は関係ないって、おかしいでしょう。


キー局にできて僕らにできないことって、大物タレントを使えないくらいでしょ。だったら、ローカルタレントさんや素人を使って、面白くつくればいいのだから、そんなのハンデでも何でもないですよ。逆に、自分たちの企画を自分たちで直接演出・撮影して編集できる僕たちの方が、番組づくりという点では恵まれていると思います。


北海道のテレビ局だから、札幌の大通公園やススキノでロケをするものだって、みんな思いますよね。でもそれじゃあ、できることが限られてしまいます。僕はとにかく面白い番組を自由につくりたかったから、地方色を出すことは最初から考えていませんでした。とはいっても、北海道の人間がつくっているんですから、その空気がちゃんと番組のどこかに漂っている。地方のカラーはそうしたにじみ出てくるもので十分だと思ったんです。


藤村忠寿の経歴・略歴

藤村忠寿、ふじむら・ただひさ。日本のTVディレクター。愛知県出身。北海道大学法学部卒業後、北海道テレビ放送(HTB)に入社。HTB東京支社営業部から、本社制作部(のちにコンテンツ本部報道制作センター制作グループ)に異動。バラエティ番組やドラマの制作を行う。中でもバラエティ番組『水曜どうでしょう』はカルトな人気を博し、ローカル番組であるにも関わらず全国的なヒットとなった。

他の記事も読んでみる

小林佳雄

大きな成功を手に入れなければ次のエネルギーが湧いてこないと思われている方もおりますが、そんなことはありません。小さな勝利の実感、小さな進歩で良いのです。仕事の大変な面や嫌なことばかりに目が行くかもしれませんが、とんでもなく進歩している自分に気付いていないだけなのです。


西室泰三

私が東京証券取引所の経営を任された2005年、システム障害が相次いだ東証は経営危機に陥り、大きな改革を迫られました。そんな中、当時の社員には東証の正確な状況がほとんど伝わっていませんでした。このため社員はテレビや新聞など外から入る情報に振り回され、本当に不安だったと思います。そこで私は、トップから直接メッセージを送って会社の状況を分かってもらうとともに、月1回の記者会見をすべて社内放送でリアルタイムに流すことにしました。同時に、40人ぐらいずつに分けて対話会をやり続けました。いまどんな危機が起きていて、それをどう解決するのか、報道される前に社内に理解してもらうことに努めたんです。記者会見をリアルタイムで聞いていれば、テレビで流れているニュースや新聞に書かれている記事について、家族にも説明できます。そのことで家庭の中の平安も違ってきます。


福嶋康博

「ドラゴンクエスト」がヒットした理由のうに、チームで作ったことがあります。エニックス設立前後のゲームソフトは、音楽、画、プログラミングなど全てを1人の手によって作られていました。それを画は画、音楽は音楽で担当者ごとに製作したのがドラゴンクエストです。つまり、それぞれの得意分野を持つ人材がチームを組んで、1つの商品を作りあげたのです。今までの常識だった「ゲームは1人で作る」を変え、「皆で作る」という新しい手法が当たったのです。


レイ・クロック

経営書を読む場合、漠然と活字を追うのではなく、読みながらこの会社を自分が経営するならどうするか、登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合せながらページをめくる。


佐々木圭一

日本人ほど勤勉で勉強熱心な国民はいません。一人一人と話してみると、みんなすごくしっかりと物事を考えています。頭の中には、知識も、知恵も、アイデアも、豊富に詰まっています。ところが、その知恵やアイデアを他者に伝える力が弱い。だから、潜在能力を十分に発揮できずにいるのです。


いっこく堂

確信を持って言えるのは、信じて続けていけば、絶対に何かが生まれる。投げ出すとラクにはなるけど、何も生まれないということ。


武藤清栄

うなずきは、「あなたの話を聞いていますよ」という一番わかりやすいメッセージです。浅いうなずきは話の展開を促し、深いうなずきは「そうだったんですね」という共感のサインです。タイミングよくうなずくことで、会話はぐっとスムーズになります。


飯島彰己

三井物産の創業の理念は、常に時代と社会のニーズに応えていくことです。昨年の東日本大震災と原子力発電所の事故を受けて、日本のエネルギー安全保障は非常に重要なテーマになっています。このために努力していくことこそが、三井物産に対するいまの時代の要請です。事業ポートフォリオを多少職牲にしても、エネルギー安保に寄与すること。それが第一の使命だと考えています。


菊川剛

一週間後、一か月後の予定がわかっていれば、自然と頭の中で仕事の優先順位をつけられるようになってきます。また、退社するまでに明日の仕事に必要な資料の整理などの事前準備もするようになって、仕事の効率が格段にアップするものなのです。


市川典男

100年前、魔法瓶という新技術に着目し、商品に象のブランドを付けて当社は創業した。その後、炊飯器やホットプレートに参入して総合家庭用品メーカーとなり、最近ではタイなど海外に製造拠点を設けた。今では売上高の3分の1は海外となった。大きな変化のあった100年だった。


山口照美

大人になると、自分が思う以上に単眼視点になります。自分中心にものを考えがちで、思考が停止しやすくなります。「自分の仕事に役立つか」「利益になるかどうか」が思考の出発点になると、企画のネタが落ちていても「自分には関係ない」「うちの業界の話じゃない」と見過ごしてしまいます。アイデアの引き出しを増やすには、目先の損得勘定を捨て、発想を楽しみ姿勢がまず必要です。


稲垣浩之

もちろん、不動産投資もリスクはゼロではありません。空室や滞納、家賃相場の下落など、いくつかのリスクは想定できます。ただし、「自分はなんのために不動産投資をするのか」という目的を明確にし、それに合った手法でリスクとリターンのバランスをとれば、リスクコントロールは十分可能です。