名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

藤本誠之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤本誠之のプロフィール

藤本誠之、ふじもと・のぶゆき。日本のマーケットアナリスト。兵庫県出身。関西大学工学部電子工学科卒業。日興証券、日興ビーンズ証券、マネックス証券、カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズなどを経てSBI証券投資調査部シニアマーケットアナリストを務めた。また、テレビやラジオの経済番組にも出演。

藤本誠之の名言 一覧

ヒントはすべて過去にある。


朝に予測して、夜に反省を繰り返せば、実際買う時の理由に確信が持てるようになる。そして、買った理由がなくなった時に売ればいい。


株の売買がうまくいかない原因は、「基礎知識が足りずにいい情報を得られない」「情報に対する判断の仕方がまずい」「損切りが下手」この3つのどれか。


新聞に良いニュースが出たからといって、寄り付きで飛び付いても、安いうちに買えるとは限らない。他の投資家よりもほんの少し前に気が付かなければ意味がない。


社長に「永続的に続く夢や、たぎるほどの熱意」があると、結果的に株価上昇につながりやすい。同時に、一歩引いて冷静に判断する姿勢もあると安心して応援できる。


新興企業向けの株式市場に上場する企業の規模までは、「社長の人間力」が会社の成長力と置き換えられる。


皆が何を考えているのか。どういったものが、今世の中に受け入れられているのかを知っておきたい。だから最近は、専ら電車の中では、「ポケモンGO」をやっています(笑)。投資家ならこうした流行を自ら体験することも大切だと思います。


情報が速くて信頼できて、しゃべり好きな友人を持つといい。もちろんギブアンドテイクの関係ですが。上手く関係を築くには、情報をもらったらありがとうという気持ちで、絶対に批判しないこと。


相場を予測するには、過去の出来事と値動きのパターンから考えるしか方法はない。好・悪材料、イベントや業界の大型展示会、決算期末などでどの銘柄がどう動いたか、過去のパターンを習得していくことが大切。


藤本誠之の経歴・略歴

藤本誠之、ふじもと・のぶゆき。日本のマーケットアナリスト。兵庫県出身。関西大学工学部電子工学科卒業。日興証券、日興ビーンズ証券、マネックス証券、カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズなどを経てSBI証券投資調査部シニアマーケットアナリストを務めた。また、テレビやラジオの経済番組にも出演。

他の記事も読んでみる

有森裕子

2大会連続でメダルを獲得したマラソン選手がいなかったので、アトランタ五輪に挑む方法が分からなかった。その間、心の支えとなったのが、周囲の言葉でした。


星野源

倒れて入院していた時に、人は死ぬんだなってことが色濃く実感として分かった。死んだ後って何もないんだなってことが分かったので、死ぬまで楽しく生きないともったいないなって。もっと色んな人に会いたいし、色んな景色を見たい。その時に初めて大人になれたような、エゴっていうものから解き放たれたような感覚があった。


伊藤有壱

プロフェッショナルでありたい。常にそう思ってやってきました。プロとは自分にこだわらないこと。作家や芸術家は自分のために自分自身を表現する。一方、プロフェッショナルは自分以外の観客や世界に向けて表現する。世の中と関わるために全力を尽くすプロフェッショナルな姿勢に共感する。


西浦三郎

就任当時、まずは銀行色の強い会社を普通の不動産会社にした上で、小さいながらも存在感があって社員が誇りを持てる会社にしよう。そして業界トップの項目を増やしていこう、と考えた。


津田純嗣

まだ見えない新市場を創造するには何が大事なのかを、社長に就任してからも考え続けてきました。そこで感じたのは企業には「自由人」が必要だということです。様々な部署で働く人にはそれぞれの役割があります。開発の人にも、決められた枠やルーティンがある。その中だけで新しい事業を考えても、本当に優れたアイデアはなかなか見つかりません。


田中孝雄

経営と執行を分けることで、事業執行のスピードも上がりますよね。経営側もグループ全体でどこが成長し持続可能なのか、よく見極めて経営資源を配分する。その際、選択と集中じゃなくて、撤退と集中というマインドで進めます。


青山真治

自分が、流行りの映画のアンチテーゼをやっていると、殊更に主張するつもりはありません。基本的に、作品のテーマに沿って俳優の皆さんが演じておられることをいかにダイレクトに観客に伝えるかを考えるのが、監督の役割だと思っています。編集に凝っているといわれることもありますが、べつに凝っているわけじゃなく、伝えたいことが一番伝わりやすい編集を行なっているだけです。


川村隆

日本は島国だから、つい日本の中の評価でもって安心してしまうのが問題。


白川敬裕

知識が深まるともっと深く知りたくなって、さらに勉強したくなります。好奇心をエネルギーにしたプラスのスパイラルが自分の中に生まれれば、カバーできるスキルや知識、教養の範囲は黙っていても広がっていきます。


池谷裕二

仕事に集中したいが、どうにも気が散って進まないという経験は誰しもあるものです。ただ、動物としては、むしろ集中力が高い方が不自然な状態だといえます。野生の動物は、常に周囲に気を配って危険を察知します。人間も同じで、何かに集中して道を歩いていたら、事故に遭う確率が高まります。この脳の性質に抗って集中力を高めるには、よそ見できないように意識して強制的に視野を狭めるしかありません。


中村獅童(二代目)

先輩方の姿を見てきたから、僕も常にチャレンジ精神を失わないようにしています。古典を守りつつ、自分たちの世代だからこそできる新しいことを探さないといけないと思う。


永守重信

私はこれまで「赤字は罪悪」と公言してきましたが、今回の不況で赤字はさらに深刻な意味を持ち始めました。倒産の引き金と断言してもいいと思います。実際、昨年の大型倒産のなかには、決算は黒字でもキャッシュフローが赤字になり、資金繰りがつかずに破たんした実例があります。