名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤本秀朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤本秀朗のプロフィール

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

藤本秀朗の名言 一覧

経営者には胆力が絶対に必要だ。


普段から、相手に嫌なことを言って、人から煙たがられることをいとわない性格になれ。人に好かれるだけでは大将にはなれない。他人に嫌われてもいいから信頼される男になれ。


社内の飲み会で、ある程度皆に飲ませてから「きょう来ている人の中で一番信頼されているのは誰々と思う?」と聞くと、「○△さんです」と答える。逆に「嫌われているのは誰だ?」と聞くと「×○さんです」という答えが返ってくる。この両方に名前が出てくるのが、将来偉くなる人物だ。尊敬されるわけでもなく、嫌われてもいない人は箸にも棒にもかからない。


社外から採用した人材で本当に使えるのは10人や20人に一人だが、社外から素晴らしい人材が一人入ってくると、それまでぬるま湯に浸かっていたかのような状態だったプロパー(前から板従業員)が目を覚ます。そのため、ヘッドハンティングの会社に依頼し、社外からよさそうな人を呼んでくるということも積極的に行なった。


会社の業績が悪化する原因はだいたい、人的に悪くなるか、マーケットの影響を受けて悪くなるか、事故あるいは災害で悪くなるかの3つに絞られるが、人的に悪くなるのが一番始末に負えないケースだ。たとえマーケットの変化や災害が起こっても、人材さえよければ何とか克服できる。ところが、トップがダメだと下が本当に地獄をみることになってしまう。だから、一に人材、二に人材、三、四がなくて、五に人材なのである。


かつて渋沢栄一、五島慶太、松下幸之助らが築いた日本の名経営者の伝統は、戦後になってソニーの井深大・盛田昭夫の両創業者をはじめとする世代に受け継がれてきた。彼らに共通するのは、「人をみる目」に優れていたということである。


新卒採用に力を入れ始めたとき、東大や東工大をはじめとする国立大学や有名私立大学にターゲットを絞って配っていたが、これが大きな間違いだった。たとえば、東大がいいとか悪いとかいう問題は別にして、実際に東大卒で使える人材が10人に一人というのが現実なのである。「経営者の育成」という観点からみても、学歴や出身大学などにこだわらず、幅広く人材を集めたほうが、はるかに優秀な人材を得られると思う。


ユニデンでは、将来の経営幹部候補を早期に選別し、特別な教育を施すようなことはしていない。選抜された人たちが皆に必要以上に意識され、伸びなくなってしまうのを危惧しているからだ。


社長というものは素質であり、究極的にいえば、経営者は育成できない。ゴルファーも野球選手も、政治家も育成できない。育成という言葉自体、何か偉い人が「上から目線」で話しているようで、おこがましいとさえ私は思う。彼らが素質や才能を伸ばすことができるための環境を、一所懸命に整えようとすることを「育成」というならば、それは正しい。


我々は円高を追いかけるために働いているのではない。長い年月の間には、十分な利益を出すことができないこともあるし、時にはこれまで積み立ててきた利益を取り崩す必要も出てくるだろう。今はそういう時期だ。【覚書き:日経新聞の円高対策に関するインタビューに答えての言葉。ユニデンは早くから開発は日本、生産は人件費の低い海外でという体制をとっていた】


企業と人間は違います。人事考課だったら僕は迷わず八勝七敗の方をとります。一勝十四引き分けの社員なんて面白くない。人間だったら攻撃していき時に敗れ傷ついて帰ってくる。人間なら八勝七敗がいい。


企業は一勝十四引き分けの論理です。企業というのは負けたら駄目。相撲だったら八勝七敗で番付からさがらない。ところが企業は八勝七敗より一勝十四引き分けの方がいいんです。たった一回の負けが命取りになる。


歴史の本を熟読することも大切だ。人間というものの本質が分かる。織田信長などの戦国時代ものも面白いが、私は直近の日本の歴史についてよく学べと教えている。第二次世界大戦、大東亜戦争がなぜ起きて、どういう経緯でこうなったのか。その遠因が日露戦争にあったとすれば、日露戦争のときに乃木希典大将はどう戦ったのかということを、歴史を通じて学んでおくことは、会社の経営を預かる「大将」にとって非常に重要である。


幹部が一堂に会して顔を合わせつつ、研修を行うこともできなくはない。だが、時代がどんどん変化するなかで、研修そのものに意味がなくなっているのではないかと私は思う。「皆さん、きょうの午後一時から研修があります。常務からお話があります」と言っても、真剣に話を聴いてもらえるはずがない。それよりも、トップみずからが旬の話題をとらえ、「これは○△君にとって、ちょうどいい機会だから話しておこう」と時機を逸せずに話して聞かせるほうが効果は高い。


当社ではフェアな人事評価を行うために、経営陣に親族を一切入れないということを、設立当初から社の規則として決めていた。だから、当社の創業以来のメンバーは皆、自社株を持っていて、株式上場でそれこそ億万長者になった。


我々は創業当時、「絶対に上場する」という錦の御旗を立てた。また、我々独自の新しいビジネスモデルを確立しようという、もうひとつの目標も掲げた。


藤本秀朗の経歴・略歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

短期の変化に気をとられず、長い目で本質を見極めないといけない。本当に動くべきなのは、たまったマグマが噴火するときだ。


阿部祐二

時間はいつも足りないと感じていますが、仕事以外でやりたいことはすべてやっています。どうして時間を有効活用できるのかといえば、空き時間を無駄にしないことを強く意識しているからでしょう。時間ができたとき、漠然とテレビを見たり、ボーッとしていたりすることは絶対にありません。まずは、「今、一番何をすべきか」と自問します。そのうえで、空き時間を考えて、2時間なら2時間の間で何ができるか、瞬間的に予定を立てるのです。そして、一気に行動します。


菅野敬一

若い世代に技術を伝えるのが自分の最後の役目です。若い職人に、「自分が信じたことなら、失敗を恐れず一度はチャレンジしろ」と言っています。


鈴木喬(経営者)

3分考えても結論の出ないことは、3年考えても結論は出ない。


長谷川聰

新事業でうまくいくのは10のうち3つくらいだろう。だが、不振だからといってやめてしまえば、何十年か後に会社を支える柱がなくなってしまう。目先の収益のために投資や研究開発を絞らざるを得ないとすれば、それはメーカーにとっては危険な兆候だ。


首藤由憲

我々は自分たちがやっていることを無意識に正当化しようとする傾向があります。しかし、評価をするのはお金を出すお客様だけであり、お客様が一流の評価者だと気づかなければなりません。


塚越寛

結果として利益が拡大することはあります。でも、過大な目標を掲げて成長を追い求めることはいましめています。例えば、家庭向けの粉末寒天の「かんてんぱぱ」ブランド商品は、長野県と山梨県の一部でしか店頭販売していないのですが、昭和56年に販売を始めた「カップゼリー80℃(エイティー)」が人気を呼び、大手スーパーから全国の店頭に並べたいという申し入れがあったんです。私は、そのお誘いを断わることにしました。全国供給に応えられる態勢にないのに、ブームにのって規模を拡大させては、商品の寿命が尽きたときに業績が落ち込むと考えたからです。


西多昌規

板ばさみに陥らないためには、組織内での調整の負担を自分1人で抱え込まないことも大切。上司や部下を調整に巻き込み、自分にかかる圧力を分散させるのです。たとえば上司に「部署全体の売上目標を2倍にしろ」と言われた場合、「できません」とは言わず、「自信がないのですが……」と気持ちを打ち明けます。そして、「一緒に部下を説得していただけませんでしょうか」と上司を頼るのです。目下にこう頼まれて、断る上司はほとんどいないはず。場合によっては「部下に伝えるのは私の役割ですが力不足ですので、○○さんの言葉で直接伝えていただいた方がみんなも納得すると思います」と、上司に丸投げしてもいい。一見、無責任のように思えるかもしれませんが、過重な責任感に押しつぶされて苦しむより、精神的な負担を上司に持ってもらった方がラクです。


堤義明

「売るときは大いばりで売ってやれ」、つまり、お客さんの方が頭を下げて買いにくるようなモノをつくれ、ということです一方、「モノを買うときはいいものを安く売っていただくんだ」ということで、頭を下げて買ってくる。売りと買いが逆なんですね。これがうちのオヤジ(堤康次郎)の哲学でした。


安宅和人

「問題解決に取りかかる前に勝負はついている」と私がビジネスパーソンに話すと驚かれます。私の持論は「問題解決は、イシューの見極めから始まる」。イシューとは、「今の局面でケリをつける必要がある課題」のこと。「答えを出すと次のステップに大きな影響を与える問い」ほど解決に取り組む価値があり、それにまず手をつけるべきです。


和田浩子

自分が成長したいという気持ちもありますが、会社からこのブランドを託されて報酬を得ているからには、それに値する実績を出さなくては、と強く思ってきました。そういう使命感があるから、努力を続けてこられたのだと思います。


松沢幸一

キリンビールも長い間、努力が報われない時期がありましたが、2005年に「のどごし<生>」が出て、一気に社員の気持ちが変わり、数字もついてきました。どこかの段階で成果が出ないとモチベーションが上がりにくいのは事実ですが、私は継続していれば絶対成果につながると信じています。