名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤崎清孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤崎清孝のプロフィール

藤崎清孝、ふじさき・きよたか。日本の経営者。「オークネット」社長。東京都出身。法政大学社会学部応用経済学科卒業。中銀マンシオン、フレックスホリデー、フレックスジャパンなどを経てオークネットに入社。取締役システム開発部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

藤崎清孝の名言 一覧

会社は堅調に成長しましたが、既存ビジネスが事業の中心となり、近年は新事業を生む風土が希薄化し、ベンチャースピリットが失われてきたと感じていました。そこで、また新たな事業を生み、グローバルに展開できる企業になるべく、創業の地・青山に戻ってきました。創業の地でまた新たな事業を創出し、世界を目指していきたい。


藤崎清孝の経歴・略歴

藤崎清孝、ふじさき・きよたか。日本の経営者。「オークネット」社長。東京都出身。法政大学社会学部応用経済学科卒業。中銀マンシオン、フレックスホリデー、フレックスジャパンなどを経てオークネットに入社。取締役システム開発部長、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

戴正呉

まず手をつけたのは「不平等契約」の解消だ。シャープは長年、業績低迷が続いていたので、一部の取引先とはシャープにとって著しく不利な条件の契約をしていた。しかし今やシャープは売上高15兆円のホンハイ・グループの一員なのだから、不平等な契約は見直してもらわなくてはならない。1社ずつ私が行って、契約の改定をお願いしている。


谷所健一郎

社員のスキルアップは、当然企業側にとっても重要な課題ですが、そこで鍵となるのがまさにキャリアパスの提示です。どんなステップを踏んでいけば、成長できるかがはっきりしている会社は、社員のモチベーションが総じて高い。キャリアアップは、ある面で社員と会社の共同の作業です。お互いに意識、目的を共有することは大事なポイントでしょう。


高橋晋平

個性的な企画を通すには、7割はマジメでいることが大切。バンダイ時代、7割はバンダイが得意とするキャラクター玩具づくりに集中し、定番の仕事は誰よりもマジメにこなす。すると、勝負所で尖った企画を出したときに聞いてもらえる。


丹羽宇一郎

エリートなき国は滅びます。国だけではなく、エリートなき企業も滅びます。どういう人をエリートと呼ぶかよくよく考えなきゃいけない。人に尽くす喜びを本当に感じている人こそが、真のエリートになる資格がある。


大朏時久

昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


柄澤康喜

これからますます世界はスピードを上げて変化していくことでしょう。企業のビジネスモデルが似通ってくるのは仕方がないことです。そうなると、ひとつの価値観だけに固執せず、二律背反の現実や矛盾を受け入れることも必要になってきます。


穂坂賢

近年、日本酒は様々なメディアで取り上げられ人気を博しているかと思われがちですが、実際には毎年、酒蔵の廃業が増加しています。昨今の廃業には2種類あって、造ったお酒が売れなくて廃業するものと、造り手の不足によってそもそもお酒を造れず廃業してしまうパターンです。限られた人材で効率よく酒造りを行うためにも雇用形態・生産形態の改革が進んでいます。


ジョエル・ティリングハスト

日本は小型株の投資家にとっては素晴らしい市場だ。米国よりも人口が少ないのに、米国に比肩するほど多くの小型株が上場しているからだ。この点は他の国の小型株も同じだが、米国に比べてアナリストにカバーされている小型株が少ない。また、他国に比べて日本は詐欺師まがいの悪質な経営者が少ない。これも私が日本の小型株を強く選好する理由の一つだ。


小宮一慶

数字に弱く論理的思考力の低い人は、複雑なものを複雑なままに見て判断する能力がありません。白か、黒かしかない。本当は白と黒の間には、何千、何万という何段階にもわたる濃淡のグレーが無数にある。訓練をすればそれが見えてくるようになります。桁数の大きな数字を扱うケースも増えるだけに30代の業務では特にそういう数字への慎重さやセンスが必要になるのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

どんな勉強がどこに役立つかを、すべて予測することはできません。実際FP(ファイナンシャル・プランナー)になったとき、数字を扱って問題解決をするということで、技術者だった経験がずいぶんプラスになりました。


井上英明

昨年9月、アマンキラというバリのリゾートホテルで過ごしました。花と緑に囲まれながら「やっぱり花と緑のある環境は気持ちがいいな」と再確認したときの気持ちが、そのままこのノートに書いてあります。じつは昨年まで、将来的には花以外にも多角的なブランド展開をしていきたいと考えていたんです。でも、アマンキラで花と緑の素晴らしさに触れたことで、いま一度、花と緑の事業に集中すべきだと身をもって実感したんですね。だったら本格的に市場を攻めるために、営業推進部を立ち上げようと思い立った。主要メンバーの名前もその場でノートに書いてます。会社に戻って、すぐにそのメンバーを集めて、営業推進部を立ち上げました。


小山昇

1990年までのビジネスモデルでは、社員が少なく売上は多く、利益がたくさん出ている企業が良い企業でした。しかし、コスト削減ばかり追求する企業は、結局ほとんど駄目になっています。理由は、必要以上に人材を減らすとお客様満足度が下がるからです。