名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤山勇司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤山勇司のプロフィール

藤山勇司、ふじやま・ゆうじ。日本の不動産投資家、作家。広島県出身。愛媛大学卒業後、大倉商事に入社。会社勤めをしながら兼業大家を開始。その後独立。著書に『サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣』。

藤山勇司の名言 一覧

私が始めた頃は、まだ副業の大家は少なかった。その上、宅建の資格が差別化につながり、投資の体験談だけでなく、不動産全般をテーマした講演、書籍の依頼も得られ、不動産の専門家の道を進むことができたのです。


難易度が高く、勉強の負担は少なくないですが、本業でも副業でも、不動産投資をするなら宅建(宅地建物取引士)はおさえておきたい資格です。宅建を取得すると不動産業者から、不動産のプロとして一目おかれる。自分は宅建の資格があると明示すれば、業者から変な提案を受けたり、騙されたり、舐められたりすることもなく、交渉もスムーズに進むでしょう。激安の指値をしてもバカにされることはなく、なぜその値段なのか、こちらの話を聞いてくれます。


藤山勇司の経歴・略歴

藤山勇司、ふじやま・ゆうじ。日本の不動産投資家、作家。広島県出身。愛媛大学卒業後、大倉商事に入社。会社勤めをしながら兼業大家を開始。その後独立。著書に『サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣』。

他の記事も読んでみる

和田裕美

最近は、会話が続かないという人がとても多い気がします。相手の表情を読んで、流れの中で、自然に話をすることが苦手な人が多いようです。でも、生まれたばかりの話すことができない赤ちゃんだって、ちゃんとお母さんの表情を読んでコミュニケーションできるんですから、表情を読む力というのは誰もが本来持っている能力なんです。


奥村綱雄

株価暴落の原因は供給の過剰にあるんだから、この過剰を吸収するプール機関をつくったらどうかということに一致した。そうしてそれはいいということになったが、それではどのくらい出してくれるかとなったら、10億だという。私のハラづもりでは、どうしても100億は必要だ。10億ぐらいならドブに捨てるようなものでものの役に立たぬ。この際100億出してくれと頼んだが、とても駄目だとなったので私はこのプール案を諦めた。
【覚書き|太平洋戦争後の株価暴落時に富国生命社長と日銀総裁にかけあったことについて語った言葉。その後、このプール案は投資信託という別の形で結実する】


新井田傳

今、タイに5店舗出店しています。ですが、これは将来の海外展開の布石という認識です。国内の飲食業や小売業を見ていると、国内で1千店舗くらいになると、チェーン内で業績を食いあうようになります。だいたい、国内1千店舗というのが限界のようなのです。そうなったら積極的に海外に出て行く。今はその準備段階です。


辻野晃一郎

人が生まれてきたのは、他人とコミュニケーションを取るためだと言っていいかもしれません。そこから学びを得たり、イノベーションが起こったり、あるいは騙されたり。そのコミュニケーションの基本はあくまで対面。相手の匂いや息遣いを感じながら会話することです。対面で話すというのは、人が生きるうえで最も大切なことの一つです。


北川邦弘

お金持ちは周囲からの祝福や感謝を素直に受け入れられる人が多い。自己を肯定している人というのは、やはり前向きで行動力があります。


稲垣えみ子

50歳で朝日新聞を退社したのは、ステップアップや第二の人生を咲かせたいと思ったわけでもありません。これまで何かを獲得していくこと、お金を稼ぐことをよしとした人生から、閉じていく人生を迎えるにあたって、手放していくことをポジティブにとらえたい。そんな心構えをつくらないと、今後の人生はイヤなことを我慢するばかりの人生になってしまう。そんな人生は絶対イヤだと思ったんです。


小宮一慶

日本の企業は目標を掲げるときに、こうありたい姿ばかりにとらわれがちです。本当に大切なのはそれに至るプロセスです。そこが戦略、戦術です。具体的に取り組むことがなければ、戦略が成功することは、まずありえません。その最初のステップが数字だと私は思っています。何でも数値化する。ビジネスにおいてはほとんどすべてのものが数値化できます。


渋沢栄一

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。


虫明元

未知のルートを見つけるには、思考の融通性が必要。


中本晃

実は日本国内でX線の実験に成功した研究機関は複数あったのですが、いずれも研究だけで終わっています。それに対し、「科学技術は人の役に立ってこそ価値がある」との信念を持つ二代目源蔵は、X線装置の実用化に取り組み、1897年に教育用X線装置を開発しました。これによってX線の実験が容易に行なえるようになり、その知識普及に貢献することができました。さらに1909年には、国産初の医療用X線装置の開発に成功しました。以来、現在に至るまで、医療用X線装置は当社の主力製品であり、百年以上にわたって医学界に貢献してきたものと自負しております。


吉見範一

営業マンは売るのではなく、お客様に欲しがらせなくてはいけません。


相澤賢二

他社のクルマをけなしたり、自社のクルマを必要以上に美化したりしてはいけません。そういうことをするから、お客様が離れてしまうのです。