名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤口光紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤口光紀のプロフィール

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

藤口光紀の名言 一覧

順調に見えるときほど落とし穴が待っているものです。仕事も同じで、たとえ計画通りに進んでいても、万が一に備えて準備はしておくべきでしょう。


自分に何ができるのか、何が向いているのかを見極めることが重要です。それを見つけることが、オリジナリティを発揮する第一歩です。


計画段階から別の手段を準備していくことも大切です。私の場合、備えの大切さはサッカーから学びました。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


目標の前にまず目的があって、目的の前にミッションがあります。数値目標は、ミッションを実現するための施策を積み重ねるとどうなるかという目安に過ぎません。まず数値目標を定めてから施策を決める会社もあるかもしれませんが、私たちはそれとは逆のアプローチです。


ミッションや理念に支えられていない目標は、モチベーションが低下して、かえって達成が難しくなるんじゃないでしょうか。壁にぶつかったとき、「何のためにやっているのか」という部分がないと、乗り越える気力が湧いてきませんし、もし順調でも、ふと振り返ったときに虚しくなりそうな気がします。


本当は誰でも光るものを持っているのだから、それを型にはめようとせず、自分で伸ばしていく姿勢が大切でしょう。たとえば、ひとつの分野に打ち込んでスペシャリストになってもいいし、総務的な仕事なら、コーディネート能力を突き詰めていく道もあります。


それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


結局、評価はその時々の上司の考え方ひとつで変わるから、短期的な評価に一喜一憂しても仕方ありません。それよりも、会社のミッションを理解して実現する努力をした方が、中長期的に良い評価につながるはずです。


Jリーグ発足当時、Jリーグ自体が初めての試みでしたから、何が本当に正しいのか、誰も答えを持っていませんでした。そんなときは、信念が強い方の勝ちです。たとえ風当たりが強くても、とにかくミッションを訴え続けるしかありません。


ミッションの裏付けがないと、目先の数値目標に振り回される恐れがあります。たとえば、一試合の来場者数1万人と目標を定めたのに、ある試合で5000人しか入らなかったとしましょう。とにかく数値目標ありきの場合、つじつまを合わせるために次の試合は招待券でも配って1万5000人を集めようとしてしまいます。しかし、小手先の対策が長続きするわけがありません。むしろ問題を先送りすることによる弊害の方が大きいはずです。


おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


弱いチームはボールを持つと攻めることしか考えないので、いざボールを奪われると一気にカウンターを食らって失点します。一方、強いチームは自分たちが攻めているときも、ボールを奪われたシーンを想定して動くので、またすぐにボールを奪い返せるのです。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


藤口光紀の経歴・略歴

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

他の記事も読んでみる

関根眞一

世の中には、筋道立てて説明しても、わかってもらえない人もいます。理屈が通じない相手です。その場合は、時間をかけるしかありません。「困りましたね。できないんですよね」などと繰り返し、答えを出さないでいるしかありません。


藤田晋

相手の立場になって考えるときに注意したいのは、相手の立場に同化しすぎないこと。例えば商品開発では、利用する側になりすぎると、ビジネスの視点が疎かになってアイデアが出てこなくなったり、コスト面で成り立たないアイデアが出てきたりします。モノを作る時は、提供する側と利用する側の視点を行ったり来たりしながら、バランスを取る必要があります。


小林弘幸

私の友人に東京から大阪まで行くのに、「こだま」を使うという人がいます。「のぞみ」ならわずか2時間半でつくところを4時間かけて行くというのです。「なにか特別な理由があるんですか?」と聞くと、「4時間というのが私にとって、仕事をするのに区切りのよい時間なんです」とのこと。つまり2時間半で目的地についても、駅を出てまた、仕事ができる場所を探して、作業を再開するのは時間のロスになるというのです。人によっては、その時間が3時間という人もいれば、2時間という人もいるでしょう。ただ、むやみに時間を短くすればよいという事ではないのです。


御手洗冨士夫

横並びの年功序列は良くないが、長期雇用で安心して仕事に打ち込めれば、その道にプロになれるし、生活設計も安定します。


はあちゅう(伊藤春香)

昨年出版した著書『半径5メートルの野望』に、感想をたくさんいただいたのですが、「落ち込んでるときに読んだら、怒られている気分になる」という意見がありました。私としては、けっこうマイルドに変換したつもりだったのですが、それでもまだ強く響いてしまったのかなと反省し、そして考えました。同じ言葉でも、エッセイやコラムのように著者対読者の形ではなく、物語の形にしたら、読者の方も読みながら怒られている気分にはならないかもしれない。書く側としても、登場人物の口を借りていいたいことをすべて詰め込められる、と。


伊勢谷友介

未来から見たとき、恥じることのない人生でありたい。


アルフレッド・アドラー

相手に間違いをわからせるには、親しみのある話し合いをすればよい。大切なのは、それができる信頼関係を築くことだ。


白川修一郎

お酒を飲むと、基本的に悪い睡眠しかとれません。夜中にトイレに起きる可能性が高くなります。また、自律神経が休めないので、朝になっても疲労回復しません。飲むなら寝る3時間前まで、日本酒なら1合までにしましょう。


寺島実郎

複眼的な思考が、経済リーダーに求められている。


泉谷直木

自分が教えを乞うときは同じ目線で敬語を使い、きちんと頭を下げて話すのは当然の礼儀である。それは社内でも同じことだ。自分が若い社員に何か教えてもらうときは社長室に呼ぶのではなく、各フロアにある打ち合わせ室へ行って話を聞くようにしている。


藤井孝一

読書と水泳は似ている、と私は考えています。水泳では、「呼吸」が重要であるように、読書もまたインプットとアウトプットの循環が欠かせないからです。泳げない人の多くは、息を吸うことに専念するあまり、吐くことを忘れています。身体は、息を吐けば酸素を自然と吸い込むようにできているのに。読書も同じです。本を読んでも身にならない人は、新しい情報を取り入れるだけで満足し、頭の中で知識がよどんでいます。


築山節

研究であろうがビジネスであろうが、自分が何をやっているのか、何をしたいのかを明確にして、批判があれば受けるという責任ある態度で話していれば、みんなが助けてくれます。それが人間の社会だと私は思います。