名言DB

9419 人 / 110788 名言

藤口光紀の名言

twitter Facebook はてブ

藤口光紀のプロフィール

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

藤口光紀の名言 一覧

順調に見えるときほど落とし穴が待っているものです。仕事も同じで、たとえ計画通りに進んでいても、万が一に備えて準備はしておくべきでしょう。


自分に何ができるのか、何が向いているのかを見極めることが重要です。それを見つけることが、オリジナリティを発揮する第一歩です。


計画段階から別の手段を準備していくことも大切です。私の場合、備えの大切さはサッカーから学びました。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


目標の前にまず目的があって、目的の前にミッションがあります。数値目標は、ミッションを実現するための施策を積み重ねるとどうなるかという目安に過ぎません。まず数値目標を定めてから施策を決める会社もあるかもしれませんが、私たちはそれとは逆のアプローチです。


ミッションや理念に支えられていない目標は、モチベーションが低下して、かえって達成が難しくなるんじゃないでしょうか。壁にぶつかったとき、「何のためにやっているのか」という部分がないと、乗り越える気力が湧いてきませんし、もし順調でも、ふと振り返ったときに虚しくなりそうな気がします。


本当は誰でも光るものを持っているのだから、それを型にはめようとせず、自分で伸ばしていく姿勢が大切でしょう。たとえば、ひとつの分野に打ち込んでスペシャリストになってもいいし、総務的な仕事なら、コーディネート能力を突き詰めていく道もあります。


それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


結局、評価はその時々の上司の考え方ひとつで変わるから、短期的な評価に一喜一憂しても仕方ありません。それよりも、会社のミッションを理解して実現する努力をした方が、中長期的に良い評価につながるはずです。


Jリーグ発足当時、Jリーグ自体が初めての試みでしたから、何が本当に正しいのか、誰も答えを持っていませんでした。そんなときは、信念が強い方の勝ちです。たとえ風当たりが強くても、とにかくミッションを訴え続けるしかありません。


ミッションの裏付けがないと、目先の数値目標に振り回される恐れがあります。たとえば、一試合の来場者数1万人と目標を定めたのに、ある試合で5000人しか入らなかったとしましょう。とにかく数値目標ありきの場合、つじつまを合わせるために次の試合は招待券でも配って1万5000人を集めようとしてしまいます。しかし、小手先の対策が長続きするわけがありません。むしろ問題を先送りすることによる弊害の方が大きいはずです。


おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


弱いチームはボールを持つと攻めることしか考えないので、いざボールを奪われると一気にカウンターを食らって失点します。一方、強いチームは自分たちが攻めているときも、ボールを奪われたシーンを想定して動くので、またすぐにボールを奪い返せるのです。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


藤口光紀の経歴・略歴

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

他の記事も読んでみる

ウォルト・ディズニー

そうかもしれない。でも、みんながどうして平凡が好きなのか、きっと、何か理由があるんだよ。
【覚え書き|娘に新作映画を観せたとき「平凡でつまらない」と言われたことに対しての発言】


坂本龍馬

人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。


小早川智明

当社はこれまで原子力に関する安全性、それから情報開示の広報対応の不手際などが指摘されてきた。この要因は外との関わりよりも中の縦割りの弊害だと感じている。こうした縦割りの弊害や責任が不明確といった課題は、原子力部門だけではなくて、全組織が抱えている問題だろう。安全最優先、地元目線、お客様目線を堅持しつつ、今後は開かれた組織づくりを進めていきたい。


鈴木健一(経営コンサルタント)

たとえば、日本に歯科医院が約7万あるそうですが、7万という数字だけでは多いのか少ないのかがわりません。でも、ここにコンビニの店舗数が約5万であるという比較材料を加えると、どのくらいの数であるかが即座に感覚として理解できるわけです。


フラナガン裕美子

上司の指示を、その言葉どおりに受け止めると、できないこともあります。しかし、「本当は何を求めているのか」を理解すれば、言葉どおりのことはできなくても、それに代わる提案をして、上司に喜んでもらうことができます。


昆政彦

米国は移民の国で人種のるつぼですから、もともと価値観の前提が違った人たちが集まってくる。そこを取りまとめるには好き嫌いではなく、タスクでまとめた方がチームとしてまとまります。これは米国や欧州、中国などの様々な国をまとめる上でも、タスクを中心にした方がやりやすい。ただ、日本はずっと同じ民族で来て、同じ価値観を醸成することで育ってきた人たちですから、最後はタスクうんぬんよりもハートなんです。


ウィリアム・A・コーエン

私にとってのイノベーションは、何かを新しい、より良い方法で行うことです。問題を解決しようとしていてたどり着く場合もある。それは需要サイドのイノベーションです。


大橋徹二

ダントツのハードウエアがないと、ダントツのソリューションは生まれない。


井村荒喜

私は私の職責について誠実であろうとした。これは先師道伯の薫陶によるところが多い。道伯先生は「どんなことがあっても嘘は言うな。これが誠の始まりである」ことを徹底して教えられた。骨の髄までしみこんでいる。私もまた我が子女を育成するのに「嘘だけは言ってはならぬ」ということを、ただその一事をもって訓育してきたと言っていい。自分の生活にどんな秘密もあってはならぬと思ってきた。
【覚書き|道伯先生とは外科医末永道伯氏のこと。井村氏が幼いころに漢学を教えた人物】


中野幸治

時々は蔵に行って感覚を途切らせないようにしないといけないと思っています。同様に営業の人たちにも造りの知識と感覚は持ってもらうために、蔵に来るように言っています。