名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

藤口光紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤口光紀のプロフィール

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

藤口光紀の名言 一覧

順調に見えるときほど落とし穴が待っているものです。仕事も同じで、たとえ計画通りに進んでいても、万が一に備えて準備はしておくべきでしょう。


自分に何ができるのか、何が向いているのかを見極めることが重要です。それを見つけることが、オリジナリティを発揮する第一歩です。


計画段階から別の手段を準備していくことも大切です。私の場合、備えの大切さはサッカーから学びました。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


目標の前にまず目的があって、目的の前にミッションがあります。数値目標は、ミッションを実現するための施策を積み重ねるとどうなるかという目安に過ぎません。まず数値目標を定めてから施策を決める会社もあるかもしれませんが、私たちはそれとは逆のアプローチです。


ミッションや理念に支えられていない目標は、モチベーションが低下して、かえって達成が難しくなるんじゃないでしょうか。壁にぶつかったとき、「何のためにやっているのか」という部分がないと、乗り越える気力が湧いてきませんし、もし順調でも、ふと振り返ったときに虚しくなりそうな気がします。


本当は誰でも光るものを持っているのだから、それを型にはめようとせず、自分で伸ばしていく姿勢が大切でしょう。たとえば、ひとつの分野に打ち込んでスペシャリストになってもいいし、総務的な仕事なら、コーディネート能力を突き詰めていく道もあります。


それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


結局、評価はその時々の上司の考え方ひとつで変わるから、短期的な評価に一喜一憂しても仕方ありません。それよりも、会社のミッションを理解して実現する努力をした方が、中長期的に良い評価につながるはずです。


Jリーグ発足当時、Jリーグ自体が初めての試みでしたから、何が本当に正しいのか、誰も答えを持っていませんでした。そんなときは、信念が強い方の勝ちです。たとえ風当たりが強くても、とにかくミッションを訴え続けるしかありません。


ミッションの裏付けがないと、目先の数値目標に振り回される恐れがあります。たとえば、一試合の来場者数1万人と目標を定めたのに、ある試合で5000人しか入らなかったとしましょう。とにかく数値目標ありきの場合、つじつまを合わせるために次の試合は招待券でも配って1万5000人を集めようとしてしまいます。しかし、小手先の対策が長続きするわけがありません。むしろ問題を先送りすることによる弊害の方が大きいはずです。


おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


弱いチームはボールを持つと攻めることしか考えないので、いざボールを奪われると一気にカウンターを食らって失点します。一方、強いチームは自分たちが攻めているときも、ボールを奪われたシーンを想定して動くので、またすぐにボールを奪い返せるのです。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


藤口光紀の経歴・略歴

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

他の記事も読んでみる

野田憲史

僕は創業メンバーに全幅の信頼を寄せています。だからこそ、困ったときは、なりふり構わず「助けてくれ」と彼らに言います。


ロバート・フェルドマン

スケジュールの中には進行中のプロジェクト、リサーチ、家族との予定、勉強しなくてはいけないことなど、さまざまな要素があります。それらをすべてジャグリングしながら進めていくのは精神的に大変で、ストレスになりやすいものです。そこで、自分が抱えていることを一度紙に書きだしてリスト化してみると、いま自分が優先的に取り組むべき用件が、スナップショットで見えてきます。そうすれば楽に行動に移れます。


古森重隆

会社にとって今一番大切なのは「成長への種まき」。


広津崇亮

生物を使ったほうが素晴らしい結果を得られる場合もあるんです。最近は「AIを使うともっと凄いことができますか?」という質問を受けますが、私からすると線虫そのものがAIより凄いので、生物を使ってもっと凄いことができますよ、とお答えしています。


田中仁(経営者)

技術は大切ですが、そのものを通して、どういう人生、どういうライフスタイルをもたらすかを提供できないと成長はない。


徳重徹

本当に事業を軌道に乗せるには市場選びこそすべて。


小島希世子

いまの流通は、質にこだわる農家さんも量を追求する農家さんも同じシステムに乗せられるので、それぞれのこだわりがお客さんに伝わりません。その結果、農家さんのこだわりが価格に反映されづらくなり、こだわればこだわるほど商売として成り立たなくなってしまう。それを打破するには、ネット直販で透明性を高めるのが一番です。誰がどのようなこだわりでつくっているのかわかるようになれば、こだわりのお米や野菜はそれにふさわしい価格をつけられるし、農家さんもお客さんの期待に応えようと品質をさらに高める努力をするようになる。長い目で見れば、それが農業を守ることにつながるという思いで始めました。


上土達哉

求職者に条件を提示してもらい、企業側にオファーを出してもらうことで、マッチング数が増えるということが起きています。たとえば、火曜日と木曜日の午後のシフトに人がいないという飲食店があったとします。このときは週3日以上で働ける人を募集という求人を出すケースが多い。そうすれば大体火曜と木曜は埋まるだろうと考えてのものだと思います。しかし、火曜だけ、または木曜だけ働けるという人がばらばらにいたら、2人採用してもいいし、火曜と木曜は学校が休校だからバイトは可能という人がいたら、マッチングは成立します。たとえば朝だけの仕事など1つの仕事を切り分けるといったことも一法でしょう。双方の条件をすり合わせることで、機会損失を減らすことが可能となるのです。


楠木建

経営人材はいまの日本に限らず、どの国のいつの時代でも、最も希少な経営資源なのです。その理由もシンプルで、育てられないから。


野口孝広

「守破離」という日本の伝統芸能の継承体系のように、まずは型という「守」をしっかり学んだうえで、自分なりの個性を出していけばいい。


高山善司(髙山善司)

正直、将来の地図にどんな用途があるのかまだ見通せませんが、様々な活用法が出てくると思います。そうした可能性を拓くためにも、先行してデータ基盤をきちんと構築しておくことが重要です。


佐藤安信

ビジネスパーソンでも部下や後輩が育つことはうれしいし、それが会社の成長にもつながるはず。私は弁護士としては挫折だらけですが、教え子のなかから次代を担う人材が育ってきたことに手ごたえを感じています。