名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤口光紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤口光紀のプロフィール

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

藤口光紀の名言 一覧

順調に見えるときほど落とし穴が待っているものです。仕事も同じで、たとえ計画通りに進んでいても、万が一に備えて準備はしておくべきでしょう。


自分に何ができるのか、何が向いているのかを見極めることが重要です。それを見つけることが、オリジナリティを発揮する第一歩です。


計画段階から別の手段を準備していくことも大切です。私の場合、備えの大切さはサッカーから学びました。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


目標の前にまず目的があって、目的の前にミッションがあります。数値目標は、ミッションを実現するための施策を積み重ねるとどうなるかという目安に過ぎません。まず数値目標を定めてから施策を決める会社もあるかもしれませんが、私たちはそれとは逆のアプローチです。


ミッションや理念に支えられていない目標は、モチベーションが低下して、かえって達成が難しくなるんじゃないでしょうか。壁にぶつかったとき、「何のためにやっているのか」という部分がないと、乗り越える気力が湧いてきませんし、もし順調でも、ふと振り返ったときに虚しくなりそうな気がします。


本当は誰でも光るものを持っているのだから、それを型にはめようとせず、自分で伸ばしていく姿勢が大切でしょう。たとえば、ひとつの分野に打ち込んでスペシャリストになってもいいし、総務的な仕事なら、コーディネート能力を突き詰めていく道もあります。


それなりに何でもできる人は増えてきたけど、それだけではもう差別化できない時代になってしまいました。これからのビジネスマンは、何かひとつ個性がないと、生き残れないかもしれません。


経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


結局、評価はその時々の上司の考え方ひとつで変わるから、短期的な評価に一喜一憂しても仕方ありません。それよりも、会社のミッションを理解して実現する努力をした方が、中長期的に良い評価につながるはずです。


Jリーグ発足当時、Jリーグ自体が初めての試みでしたから、何が本当に正しいのか、誰も答えを持っていませんでした。そんなときは、信念が強い方の勝ちです。たとえ風当たりが強くても、とにかくミッションを訴え続けるしかありません。


ミッションの裏付けがないと、目先の数値目標に振り回される恐れがあります。たとえば、一試合の来場者数1万人と目標を定めたのに、ある試合で5000人しか入らなかったとしましょう。とにかく数値目標ありきの場合、つじつまを合わせるために次の試合は招待券でも配って1万5000人を集めようとしてしまいます。しかし、小手先の対策が長続きするわけがありません。むしろ問題を先送りすることによる弊害の方が大きいはずです。


おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


弱いチームはボールを持つと攻めることしか考えないので、いざボールを奪われると一気にカウンターを食らって失点します。一方、強いチームは自分たちが攻めているときも、ボールを奪われたシーンを想定して動くので、またすぐにボールを奪い返せるのです。サッカーはリスクマネジメントのスポーツなんです。


藤口光紀の経歴・略歴

藤口光紀、ふじぐち・みつのり。日本の経営者、サッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)社長、サッカー日本代表。群馬県出身。学生時代からサッカーで活躍。慶應義塾大学サッカー部で1年生からレギュラーを獲得し、大学選手権優勝に貢献。在学中に日本代表に選出された。大学卒業後、三菱重工業に入社。浦和レッズの前身である三菱自動車フットボールクラブに所属しJリーグ発足前に日本サッカーリーグで活躍。現役引退後は、慶應義塾大学サッカー部監督、浦和レッズ事業広報部長、Jリーグ事務局次長、日本サッカー協会技術委員などを務めたのち、浦和レッズ社長に就任した。

他の記事も読んでみる

川上量生

今のコンテンツ業界の弱点は、エンジニアがいないことです。ネット時代におけるコンテンツ業というのは、自力でプラットフォームを作れる力を持つことが決定的に重要で、エンジニアと一体となったネット企業にならないと勝負できないわけです。


石村和彦

同じ商品でも同じお客様でも、喜んでいただけるポイントは常に移り変わるものと考え、その変化をとらえることが重要ではないかと思います。


奥山清行

僕の一番の仕事道具は手描きの絵です。これは会議や対話でいい発想を引きだせる人が「言葉」を大切にしているぐらいに重要なものですよ。仕事で顧客の希望に応えるためには、そのように主観と客観の間を往復するための道具を手に入れなければダメなんじゃないでしょうか。


上釜健宏

当社は創業以来素材から製品に至る全工程を自社で一貫生産するものづくりが強みです。素材から手掛けるため、製品の進化を主導でき、安易な模倣も許しません。


中丸薫

人生80年とすると、日数にすると3万日しかない。27歳が1万日、54歳が2万日、80歳で3万日となる。人生を計画に生きないと駄目ですよ。


藤井克政

目標を掲げて、社員を振り向かせるための努力を5年以上続けて、ようやく特許第1号製品が出ました。特許を取得すると皆の意識がガラリと変わり、開発志向が高まりました。


田中良和(GREE)

今日やったことがすぐに、花開くわけではありません。3~5年かけて頑張ってきたことが、ある日突然花開く。それが、ほかの人からは見えない。それまで取り組んできたことを知らないから、否定するわけです。世間は「うまくいっている瞬間だけ」褒めてくれるもので、実は否定されることの方がはるかに多い。だからこそ、それに飲み込まれてはいけないとも思っています。世の中の評価に左右されてしまうと、判断を誤りかねませんから。創業当初の思いを大切にし、「いい時も悪い時も関係ない」と思うようにしています。


午堂登紀雄

私自身、社会に出たばかりのころは入力などの単純作業さえ正確に実行できないダメ社員でしたが、コンビニチェーンヘ転職し、店長としてひとつの店舗を任されたことで意識が大きく変わりました。コンビニの店長は、人を雇い、商品を仕入れ、販売して利益を出すという、経営に必要な判断をすべて任されます。つまり、ひとつの会社を経営する社長と同じ立場なのです。そう考えた瞬間から、「やらされている仕事」などひとつもなくなり、私は売上を上げるためにあらゆることを実行しました。


大塚寿

接待で大切なのは双方が楽しむこと。もてなしの心を持ちつつも、自分も楽しむこと。相手を立てすぎて自分がくつろげなければ、その緊張が相手に伝わり、距離を縮めることができません。


大塚正士

大衆に貢献なき企業は滅びる。


松本久晃

当社も自社内でエコ活動を積極的に行っています。若い社員たちがポジティブに楽しみながらやってくれていることが何よりも嬉しい。自分たちが会社を創りあげていく気概が芽生えてきたのではないでしょうか。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」創刊時は、そこでモノが売れるとは考えていなかったです。ただ、最初からインターネットはビジネスになるとは思っていました。銀座の4丁目の角に自動販売機を置いたら、それだけで食っていけますよね。おでん屋でも花屋でも何でもいい。重要なのは銀座4丁目にあるということです。大事なのは「人のにぎわい」。人が、その街に行きたくなる理由があるかぎり、何をしたらよいかわからなくても、食う道はあると思っていました。