藤原秀次郎の名言

藤原秀次郎のプロフィール

藤原秀次郎、ふじわら・ひでじろう。日本の経営者。カジュアル衣料の「しまむら」社長。慶応義塾大学卒業後、しまむらに入社。その後、社長に就任し、コスト改革と在庫管理でしまむらを急成長させた。

藤原秀次郎の名言 一覧

余計なものは全部省けばいいんだ!
【覚え書き|コストダウンの秘訣を聞かれたときの返答】


経営者は新しいことに挑戦する覚悟ができるかどうか。それに尽きる。


会社はまず社員の幸せのためにある。


社員が面白く働ける会社でなければ意味がない。社員が泣くような営業をするのならしないほうがいい。


もし変化のないままだったら、しまむらはすでに脱落していたかもしれません。


努力が当たる場合も当たらない場合もある。物事には何でもリスクがありますから。しかし、リスクをとって挑戦しないことはもっと悪い。何もしないことが一番悪い。


従来は商品を集めてくる問屋と付き合えばよかった。しかし、いまは自身でリスクをはってつくるデザイン力のある問屋、デザインメーカーでなければ取引する意味がない。


私が社員に言うのは「会社を自分のものだと考えてくれ」と。つまり、社員全員が当事者意識を持って仕事に取り組めば、会社はよくなるし業績も上がる。


優秀な人間が下を引っ張って、組織全体の底上げを図る必要がある。今の公立の小学校のようにできない方に基準を合わせていくのでは会社は成り立ちません。


千人のリーダーになる人もいれば、十人のリーダーが向いている人もいる。極端な話、適性でリーダーになれない人もいるわけです。でも、私はそれでいいと思う。千人を束ねるリーダーだけがスポットライトを浴びるというのはあまり良くないと思いますね。


人には良いところもあれば、悪いところもあるでしょう。しかし、悪いところを見てもキリが無いので、良いところを見てその人に最適な部署を見つけていく。それが上司の仕事。


ユニクロさんと当社は競合ではないんですよ。単純に言うと、和食とフレンチくらい違います。だから二軒並んでいるから競合するかと言うとそんなことはなくて、もちろん、ある部分では競合するかもしれませんが、むしろ別々のメニューを提供しているということで共存共栄になるんです。


経営者の端くれとして一番感じるのは、やはり目標は何かと。今後何年間の目標は何かということをきっちり定め、その方向に舵を切る。そのためにどんな手を打っていくかということが経営の基本だと思うんです。


藤原秀次郎の経歴・略歴

藤原秀次郎、ふじわら・ひでじろう。日本の経営者。カジュアル衣料の「しまむら」社長。慶応義塾大学卒業後、しまむらに入社。その後、社長に就任し、コスト改革と在庫管理でしまむらを急成長させた。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

経営者としての悩みを突き詰めていけば、最終的には人の問題に行き当たる。


磯村巌

創業以来、創意工夫ということをなによりも大切にしてきた会社ですから、「新しいものを拒否しない」という遺伝子があるのでしょう。私自身は先輩に「俺の言った通りやれ」なんて言われたことはありません。「責任は俺がとる。思った通りやってみろ」と言われてきました。


内藤哲也

目標をクリアし終わった時に新しいものが見えてくると思います。あとは継続するのではなくて、より上昇させたいと思っています。いま以上の波を、起こしたいですね。


松本大

僕が好きな、こう言われるとうれしい、という言葉があるんです。”Man of Principle(=信念の人)”。「お前は”Man of Principle”だからな」と言われるとうれしくて。「そうなんだよ」って。(笑)。だからあまり悩まなかったですね。決めちゃった後は、もう目指す だけなので。しかも口に出して、言っちゃったから。会社とかに対してはっきり言っちゃうともうかっこ悪くて「戻る」なんていう選択肢はあり得ない。もう背 水の陣みたいなもので、退路を断ったら、橋を壊したら行くしかないんですよね。


松本桂樹

社会人としての成長を望むなら、あえてプレッシャーの強い場に身を投じていくことも必要です。


金村徳厚

起業する前に、いろいろな勉強をしました。それで大手バッグメーカーのモノ作りの姿勢に疑問を持ったんです。その会社は名前を聞けば誰でも知っているほど有名なのですが、何と製品作りのほとんどを協力会社任せにしていたのです。もともと協力会社が持っている図面に、自社のマークを入れるとか、少しだけデザインを変えるとかしかしない。極論すれば、他社のロゴを差し替えて大量に作り、協力工場に対して価格を叩くだけなんです。どこにこだわりがあるのかと思いました。そんな具合ですから、新しい機能を開発して消費者に届けるといったメーカーとして当然追求すべきことができていない。これなら本気でやれば後発でも対抗できると考えました。


三ツ井創太郎

現場に入り、店長から話を聞くと一見事実のように聞こえるが、全てフィルターがかかっています。店長は少なからず自己弁護するものです。事実とは違うという認識が必要です。問題は現場に有ると言っても、闇雲に現場に入ればいいというものでもありません。ある程度、数値化したデータや仮説を得てから、本当の課題を洗い出します。


渕脇正勝

医者が3分診療では患者のことを分かり得ないのと同様に、私たちもお客様のことを知るには、まず一生懸命な気持ちで困っていることに耳を傾けます。営業トークなどという技術はあまり関係ありません。大切なのは、病気で笑顔をなくしてしまった方に、もう一度笑ってほしい、病気で困る人を無くしたいといった、心からの熱意です。初めて接する人に相談をするときは、まず心が打ち解けていないと切り出しづらいですよね。


島田精一

我々もかつては、今の若者と同じように試行錯誤しながら走ってきました。成功よりも失敗の方が多いくらいです。人は成功よりも失敗から学ぶことが多いもの。


菊間ひろみ

人は文脈で単語を覚えるようにできています。ある研究では、文章の中で20回見ないとその単語を覚えられないそうです。だから、単語は覚えなくていい。読んで意味のわからない単語を虫食い状態で我慢できるかどうか。英語は推察力が肝心なのです。


村瀬治男

比喩は、自分の考えを短いフレーズで相手の心に響くように伝え、共感を呼ぶことができる。中でも私がいまのポストに就いて以来、最も多用したのは「顧客主語」という言葉でした。たとえば、技術者は開発にあたり、とかく「仕様の範囲内」という言葉を使います。それは自分たちで決めたルールにすぎず、キヤノン主語の発想であって顧客にとっては意味がない。大切なのは顧客が価値を見出してくれるかどうかの顧客主語の視点であり、その価値が利益に結び付きます。


高松信彦

カネと戦略さえあれば企業が発展するわけではない。社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ。新日鉄住金時代、何度もそう実感しました。


出雲充

銀行勤めをしていた頃、神田神保町にあった支店だったので、取引先は出版社さんなどが多かった。そこで、営業に行く前に、どんな本を出しているのかを調べておくのです。それだけでも、実際にお会いして話してみると、「君、よく調べて来たね」と言ってもらえるのです。つまり、この程度の準備もしない人が多いということなのでしょう。


岡野雅行(岡野工業)

学校ってところがよくない。失敗しないために、あれもこれも覚えろこれも暗記しろ、はみ出るってことを教えてくれない。違うんだ。社会に出たら、わざとはみ出して人のやらないことをやらなきゃ、成功なんてできっこない。


尾平泰一

システムを万能選手みたいにとらえるのは危険です。あくまで意思決定をするのは経営者です。


ページの先頭へ