名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤原作弥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤原作弥のプロフィール

藤原作弥、ふじわら・さくや。日本のエッセイスト、ノンフィクション作家。日本銀行副総裁。仙台出身。言語学者の父に従って朝鮮、満州などで過ごす。ソ連軍の侵攻により命からがら帰国。東京外国語大学フランス語科卒業後、時事通信に入社。経済部記者として大蔵省担当となる。オタワ・ワシントン特派員、編集委員、解説委員、解説委員長などを務めた。そのほか日銀副総裁、日立総合計画研究所社長を務めた。『聖母病院の友人たち』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

藤原作弥の名言 一覧

万物は流転し、その中で君子も豹変する。西洋と東洋の哲学を合わせて考えるのが中央銀行だと記者時代から感じていました。


2000年8月のゼロ金利解除の是非は歴史が判定するでしょうが、その時々の情勢の変化に応じて最善の判断をすることこそが政策の役割だと思っています。


日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。


私は中央銀行を称して「職業的嫌われ者」と言っています。誰かの得になることは、反対に損をする人もいるということです。すべての人が喜ぶ政策はあり得ません。しかし、人が嫌がることを言う存在がなければ組織は成り立たないでしょう。例えば、財政というのは放漫に向かいがちですが、常にその先に思いを至す組織が必要なのです。それが中央銀行というものです。公の利益とは何かを考え続けた、日銀副総裁としての5年間でした。


藤原作弥の経歴・略歴

藤原作弥、ふじわら・さくや。日本のエッセイスト、ノンフィクション作家。日本銀行副総裁。仙台出身。言語学者の父に従って朝鮮、満州などで過ごす。ソ連軍の侵攻により命からがら帰国。東京外国語大学フランス語科卒業後、時事通信に入社。経済部記者として大蔵省担当となる。オタワ・ワシントン特派員、編集委員、解説委員、解説委員長などを務めた。そのほか日銀副総裁、日立総合計画研究所社長を務めた。『聖母病院の友人たち』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

他の記事も読んでみる

ジャン=ジャック・ルソー

他人を愛せよ。そうすれば彼らもまた、あなたがたを愛するだろう。
彼らの役にたて。そうすれば彼らもあなたがたの役にたつであろう。


ハロルド・ジェニーン

私は経験から、会社の個性を決定するのは最高経営者だということを知っていた。彼の下にいる人々は彼の命令を遂行し、彼のやり方を模倣する傾向がある。彼がやることとそのやり方は、一種のファッションとなって下の階層の人々に模倣される。


岡田克也

ハーバード・ケネディ・スクールには多様な文化や価値観を持った人々が集まってきます。多様な意見を交わす中で私自身の視野が広がったことは、留学で得られた貴重な経験でした。


川村和夫

経営統合を成功させるには相性が非常に重要。明治製菓と明治乳業は、かつては親会社が同じという歴史があり、企業体質やガバナンスの形も近かった。同じ業界であっても体質が近い会社同士でなければ合併を上手く進めるのは難しいでしょう。


出雲充

要は本気かどうか、心からそれが好きかだけが問われる。とてもシンプルなこと。人が本気でやっているか、心の底から好きでやっているかは、少し話せばすぐにわかる。


正垣泰彦

できるだけ多くの人に毎日、楽しく食事をしてもらい、その食事で健康になってもらうこと。それが起業のきっかけであり、ビジネスの目的です。


高城幸司

上司の命令に忠誠を尽くし、根気強くハードに働き、安定した実績を上げる。これができれば、出世に有利なのは当然。総じて、厳しい上下関係の中でハードなトレーニングを経験している体育会出身者は、ビジネスパーソンとしての高い資質を備えている場合が多い。


午堂登紀雄

会社から与えられた仕事だけをやってきた人というのは、その会社の中では成功できても、会社の体制が変わったり、転職したときに、環境の変化に対応することができません。自分の得意分野での専門性を高めるとともに、新しい仕事を創造できる人を目指すことが大事です。これからの時代に生き残れるのは、そういう人なのだと思います。


秋元征紘

本物に触れることが大切。DCではなく生演奏を聴く、美術館に行く。その感動体験が想像力の源になる。


鎌田浩毅

文章は提出期限の数日前に完成させることが重要です。仮に期限まで10日あれば、8日までに完成させるつもりで書き始め、2から3日のバッファー(緩衝期間)として空けておきます。なぜ前倒しして完成させるかというと、ひとつは思わぬアクシデントに備えるため、もうひとつは文章を熟成させるためです。


高橋英樹(俳優)

家族が与えてくれた影響はとても大きなものでした。なにより、心に余裕を持てるようになりました。これはとても大きなことです。自分目身が成長するためには、常にスポンジが水を吸い込める状態にしておかなければいけない。


熊谷正寿

今は、いいものを真摯につくり続ければ、インターネットによってその評価が広まり、お客さまが気づいてくれる時代になった。逆に言えば、いくら営業が強くても、プロダクトが弱ければ、お客さまはそれに気づく。そうなればお客さまは離れていってしまいます。ですから、技術力やデザイン力を高め、いいものをつくり続ける。これなくしては勝ち続けることはできません。