名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

藤冨雅則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤冨雅則のプロフィール

藤冨雅則、ふじとみ・まさのり。日本のセールストレーナー、コンサルタント。東京出身。高校卒業後、一流料理店で板前修業をしたのちビジネスの世界に入る。マーケティングコンサルティング会社、ITベンチャー総販売代理店、同ITベンチャー本体などで営業として働きトップセールスを記録。その後独立し、企業の営業支援をしながら集客と営業について教えている。著書に『ムリせずウソをつかず1億売れた営業トーク』など。

藤冨雅則の名言 一覧

営業では常に「どうすればお客様の利益増加につながるだろうか」を真剣に考え、お客様の立場で想定し、戦略を共に練る誠実な姿勢で臨めば、お客様との強い信頼関係を築く土台が出来上がります。


営業先の経営状態はもちろん、お客様の仕事への思いや価値観といった深い部分をつかむと、面談時に成約する確度が高まります。


「お客様は反射的に断ろうとするもの」と認識しましょう。お客様は実は必要であるにもかかわらず「必要ないよ」と答えるものです。断わりは突然の売込みに対する当然の警戒反応として、いちいちショックを受けずに受け止めましょう。むしろ勝負は、「いったん断られたあと」なのです。


一件断られても引きずらないこと。次に会うのは断ったお客様とは別人ですから、心のリセットが大切です。


人は称賛や承認によって幸福を感じ、褒めてくれた相手に自分を開示したくなります。話を深く聞き出すためにも、折に触れ「素晴らしいですね!」などの称賛の相づちを駆使しましょう。専門知識と抱き合わせで褒めるのも、内容に説得力を持たせることのできる良い方法です。


営業ではこちらにも知識が不可欠となります。綿密な業界研究と企業研究は必須です。専門知識を存分に備えたプロの雰囲気を醸し出すことが、信頼性の源となるからです。


テレアポでは、まず不快感を表されてもひるまないこと。「いま忙しいから」と言われたら、「いつごろならよろしいでしょうか?」と問い返し、話の論点をしっかりと合わせることが大切です。また、大前提として「決定権のある人につなぐ」「買ってくれるお客様を見極める」のふたつをしっかりとおさえることです。


商談中に相手の言葉を遮るのは論外です。相手の話す速さ、呼吸を観察し、そのペースに合わせることで空気をつくりましょう。


お客様が無理な値引きを要求してきたときは、「これ以上予算を削ると、アフターフォローが十分にできません。すると御社との良い関係が築けません」と言い、「私はそれは望みません。お客様とは末永くお付き合いしたいです」と真摯な姿勢で伝えましょう。


商談中、「ちょっと失礼します」とお手洗いに行くのも手です。戻ってきたときには空気が変わっているので、「ところで……」とすぐ話を戻せます。お客様が退屈そうにされているときに気分一新する効果もありお勧めです。


テレアポは確かにお客様にとっては迷惑なものです。最初は否定的な態度をとられても仕方ありません。しかし電話をする営業がいるからこそ、良い商品やサービスがお客様にもたらされるのです。だとしたら、この突破口を開く仕事は大いに有意義ではないでしょうか。


電話営業で怒鳴られたり断わられたりしたら、「スクリプト(台本)が悪かったのだ」と思うこと。自分が否定されたという思いを払拭できるのに加え、そのスクリプトの改善すべき点も見えて一石二鳥です。


藤冨雅則の経歴・略歴

藤冨雅則、ふじとみ・まさのり。日本のセールストレーナー、コンサルタント。東京出身。高校卒業後、一流料理店で板前修業をしたのちビジネスの世界に入る。マーケティングコンサルティング会社、ITベンチャー総販売代理店、同ITベンチャー本体などで営業として働きトップセールスを記録。その後独立し、企業の営業支援をしながら集客と営業について教えている。著書に『ムリせずウソをつかず1億売れた営業トーク』など。

他の記事も読んでみる

桜井章一

ツキとか運が「欲しい」というときは、大抵は欲からだろう。でも、ツキとか運っていうのは、欲で取るもんじゃないんだ。じゃ、どうしたら掴むことができるのか? 考えて手にはいるもんじゃない。むしろ、どこにでも漂っていて、ある瞬間、ペタッと人間にくっつくようなものだ。感じる力がないと逃がしてしまうんだな。なんにも気づかないまま。


山崎亮

コミュニティデザインをやっていても、もう戦っても仕方がないでしょうっていう局面がよくあるんです。一番わかりやすいのが商店街の商売敵。いま、地方の商店街の多くが壊滅的な状態にあって、もはや内部で商店同士が戦っている場合じゃない。「戦わない」って、まちづくりにとっても重要なキーワードだと思いますね。


西岡常一

木にはそれぞれ癖があり、一本一本違います。産地によって、また同じ山でも斜面によって変わります。まっすぐ伸びる木もあれば、ねじれる木もある。材質も、堅い、粘りがあると様々です。木も人間と同じ生き物です。いまの時代、何でも規格を決めて、それに合わせようとする。合わないものは切り捨ててしまう。人間の扱いも同じだと思います。法隆寺が千年の歴史を保っているのも、みな癖木を上手に使って建築しているのです。


瀧本哲史

コンサルタント時代、売上高が数兆円規模の日系企業を担当しました。私のクライアントだった常務は、「間違ってこの会社に入ってきたのだな」というぐらい浮いていました。非常に頭がキレるのですが、社内では「ノリが軽すぎる」と受け止められているようでした。私は「これだけ優秀な人でも、この会社では常務止まりか」と思っていましたが、それから社内で大きな変化が起こり、その常務は社長に抜擢されました。このケースでは、常務より上席にいた「主流のエリート」は、環境の変化で傍流に変わってしまいました。


福島正則

弓を見てみよ。敵があるときはこのうえなく重宝なものだが、国が治まっているときは袋に入れて土蔵に入れておく。わしはつまり弓である。
【覚書き:平和な江戸時代になり、さらに領地を安芸・備後から津軽に飛ばされたときの言葉。猛将も平和な時代には用済みだということを皮肉っている】


松井忠三

ある冬に、売り上げが落ちたとしましょう。その年が暖冬だったとしたら、経験主義だと「暖冬対策がうまくいかなかったね」ということで終わってしまう。けれども、実際には暖冬でも業績良好の企業はあるわけです。そういう会社は、暖冬でもモノを作る「仕組み」を持っています。


今瀬ヤスオ

「どんな人でも人生のリベンジはできる!」。私自身の経験からもそう断言できます。倒産前の3年間はノイローゼ状態でした。「人生、終わった」と思いましたが、会社の清算後、気持ちが前向きになりました。以来、新会社が軌道に乗り、解散経験も役立ち、人生が充実しています。気持ちひとつでいくらでもやり直しがきくんです。


ドナルド・トランプ

何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない。


池田千恵

深夜に疲れ切った頭で熟考しても、正しい判断ができるとは思えません。そこで私が皆さんにお勧めしたいのは、出勤前の朝の時間を有効に使うことです。サラリーマンにとってはそれだけが、個人の裁量で自由にできる時間だからです。


窪田良

安定は努力してこそ手に入る。私はよく「動的な安定」と呼んでいますが、自転車のように動き続けるから安定して進むことができる。


新川義弘

お客様と会話するときは、当然のことなのですが、お客様を個人としてきちんと見るということです。その姿勢があれば、来店された際のご注文の内容や、交わした雑談などが自然と頭に入るはずです。そしてそのお客様がまた来店されたとき、「前回、ステーキの焼き加減はウェルダンだったかと思いますが、今回はいかがなされますか?」「最近、巨人は調子がいいですね」といった感じで話しかけることができるのです。


加藤清正

奉公の道に油断してはならない。朝は辰刻(7時~9時)に起きて兵法を使い、飯を食い、弓を射、鉄砲を撃ち、馬に乗るがよい。武士の嗜みのよい者には、とくに昇進させるだろう。