名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藤井聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藤井聡のプロフィール

藤井聡、ふじい・さとし。日本の工学者。京都大学大学院工学研究科教授。奈良県出身。京都大学卒業後、東京工業大学教授などを経て京都大学大学院工学研究科教授。専門は国土計画論、土木計画学、都市計画、公共政策のための心理学。土木工学だけでなく、心理学、教育学、哲学などの学会に参加し、部門横断型の研究を行った。

藤井聡の名言 一覧

自分の損得ばかりを考えて行動する利己主義者は、正直者を出し抜いて一時的には得をします。しかし、長い目で見れば必ず損をする運命にあります。


悪い人はどこへ行っても、いい人々の輪に加われないので、損の坂道を下り続けることになるのです。そのとき利己主義者は「自分は上手く立ち回っているつもりなのに、運がない、不幸だ。」と感じることになるのです。


アメリカの西部開拓史でも、ならず者が甘い汁を吸い続けた町は最後は吸うべき汁も底をつき、遂には町自体がゴーストタウンと化してしまいます。


損得勘定一本で来た利己主義者の方は、変化に対して脆弱です。短期的には効率よく成果を上げますが、短期局所的な最適解ばかりを求めて無駄をカットしすぎた人間関係や会社は、条件がちょっと変わっただけで暗転します。


利己的と利他的とはまったく別次元に位置する対立概念ではなく、地続きの連続的なものです。程度の違いにすぎません。一見、気が利くタイプなのに評価の上がらない人は、自分の心の幅、つまり潜在的な配慮範囲が少し狭く、利他性が低いことに原因が潜んでいるのかもしれないのです。


進化心理学の考え方によると、イヌは嗅覚を高度に発達させることで生き残ってきました。コウモリは超音波を聴き分ける能力を身に付けたものが淘汰を免れました。同様に、社会的な存在である人間の場合は「悪者を見破る能力」を、進化の過程で異常に発達させてきたのです。


様々な人間がうごめく社会の中で、見破り能力を発達させられなかった人は誰かに騙され、生き延びることができませんでした。今日生きている私たちはみな、騙されない能力を発達させることに成功した人々の子孫であり、悪者を瞬時に検知する遺伝子を受け継いでいるのです。


もしもあなたが、自分ではそんなに悪い人間ではないつもりなのに損をすることが多かったり、頑張っているのに不運続きだと感じているとしたら、一度、自分は心の奥底で本当は何に焦点を当てているか、文字通り胸に手を当てて考えてみる必要があります。人を貶めるほどのことはしていなかったとしても、自分一人の不安感や近い将来のことばかり気にしがちではなかったでしょうか?


自分の損得ばかりに焦点が合っている利己主義者は、お互い様で成り立っている人間社会で、最終的には嫌な奴として人々から村八分にされます。そのため、よいパートナーに恵まれて力が倍加したり、窮地を支援者の助けで脱したりという幸運にも恵まれづらく、互恵が不能になるので、結局は正直者より損をします。


「自分」だけを考える癖を持った利己的な人は皆から嫌われ、結局「こいつは利用できるかも」と言って近づいてくる奴だけとしか付き合えない。結果、互いに利用して騙そうとするので、万事うまくいかなくなる。仕事でもプライベートでも、継続的に協力し合って富や幸せを築けない。そのとき彼らは「自分には運がない、不幸だ」と感じるわけだ。


「運」は予測できない現象であり、制御不能。だが、そんな予測できない運の良し悪しがあるのは、人間には「誰もが意識できない潜在意識」があり、その「癖」がいい人や悪い人をおびき寄せているからなのだ。人を助けてしまう人は、そう意識して助けるのではない。それは潜在意識の中で、「みんな」の「先々のこと」まで考えてしまう「癖」を持つからだ。そんな人なら、いろんな人を引きつけ、互いに感謝し助け合う互恵の関係を容易につくりあげる。


「協力する力」が進化するには、「裏切り者検知能力」が必須だ。例えば100人の人間がいて、全員協力すれば世の中うまくいくが、1人でも裏切り者がいて、協力する素振りをして裏切り(詐欺)を続ければ、この1人に99人は搾取され、秩序が破壊される。例えば銀行という組織は着服する行員が1人もいないことが前提であって、誰か1人がバレずに巨額な着服をし続ければ、いずれは倒産する。だから協力が進化するには、裏切り者を検知(発見)する能力が不可欠なのだ。つまりイヌが嗅覚を高度に発達させることで生き残ったように、社会的な存在である人間は裏切り者(悪者)を見破る能力を進化させることで初めて繁栄を手にしたのである。


最近の心理学研究で分かってきたのは、人間を協力するか裏切るかで分析して初めて明らかになる社会構造がある、ということ。裏切り続ける人が多くなると、戦争が続いたり、泥棒が増えたり、嘘が蔓延する無秩序社会になる。一方、協力する人が多くなると秩序が保てて安寧の世界が訪れる。だから協力か裏切りかの二者択一の中で、「協力する力」を持った部族・集団が生き残り、裏切ることしかできない部族・集団より優位に立つことができた。こうして人類は協力することで進化してきたということが進化心理学という新しい学問から分かってきた。


藤井聡の経歴・略歴

藤井聡、ふじい・さとし。日本の工学者。京都大学大学院工学研究科教授。奈良県出身。京都大学卒業後、東京工業大学教授などを経て京都大学大学院工学研究科教授。専門は国土計画論、土木計画学、都市計画、公共政策のための心理学。土木工学だけでなく、心理学、教育学、哲学などの学会に参加し、部門横断型の研究を行った。

他の記事も読んでみる

カーマイン・ガロ

実は、TEDに登場する誰もが大切にしているのが「練習」です。練習をすればするほど自信が生まれ、英語の会話も自然になることも覚えておきましょう。


吉田松陰

君子は、人として踏み行うべき義理の心が足りないことを恥じ、小人は、名誉がないことを恥じる。


ロデリック・クレイマー

プレイングマネジャーの失敗する原因のひとつは、マネジャーになるための訓練を積む機会を企業が十分に提供していないことです。それまでプレーヤーとして成果をあげることをひたすら求めてきたのに、ある年齢に達したら、いきなり管理職に昇進させる。これでは失敗するのも無理はありません。


中川具隆

単にものづくりだけじゃなくて、文化に根ざしたコンテンツをどう世界に広げていくかということが大切。


小山昇

大切なのは目標ではなく実績。前年の実績を上回ればいいのであって、その目標を達成することが目的ではない。対前年101%の計画を作って102%で達成。その一方、無謀にも200%の計画を作ったが、その60%しか達成できなかった。だが、その実績は120%。目標未達でも120%の結果のほうがすばらしい。皆さん、数字の見方が間違っています。


福原義春

たかが文字かもしれないが、正しく使うことが企業の品格を表す。


加藤丈夫

かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


遠藤功

すぐに花が咲き、実がなることは稀だ。でも、種を蒔かなければ、絶対に花は咲かない。必ず花が咲くと信じて、動き続けたことが実を結んだ。


竹田陽一

一度間違って覚えたものを正しく直すには、何も知らない人を一から教えるのよりも3から5倍の時間がかかり、もしも55歳を過ぎたガンコ者なんかであればたいがい直りません。


藤田晋

20代の頃は仕事が忙しくても気力でカバーできましたが、30代になってからはそれも難しくなっていました。体調を崩しても仕事のパフォーマンスだけは落とさないようしていましたが、それも限界があります。そこで昨年、体調管理の方法を根本から見直すことにしました。


柳井正

会社には6時ごろ来てます。うちの社員は7時ごろ来るんですよ。だから1時間は邪魔されずにいろんなことができる。効率がいいんじゃないかと思います。


森正文(経営者)

以前、ある社員から出た意見を取り入れ、経理をオープンにしたんです。どのようにお金が使われているか、全員で数字が確認できるようになりました。するとそれ以来、業績がアップしました。いまとなっては弊社の社員たちは、社長の独断や独走を防ぐ監査機関としてもなくてはならない存在です。私が使う交際費も厳しくチェックされています(笑)。