名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

藍澤彌八の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藍澤彌八のプロフィール

藍澤彌八、あいざわ・やはち。日本の経営者。藍澤証券創業者。新潟県出身。日本法律学校(のちの日本大学)卒業後、出版社の金港堂、株式仲買商の帳簿係や営業、大連で柞蚕糸の貿易会社勤務、などを経て、証券業の港屋商店代表となる。その後、藍澤商店(のちの藍澤証券)を設立。以後、日本の証券業界の発展に尽力した人物。そのほか、日本証券投資株式会社社長、平和不動産社長、東京証券取引所理事長、貴族院議員などを務めた。

藍澤彌八の名言 一覧

株式市場はブームといわれているが、現在の兜町にも改善すべき点はいくつもある。そのためにも私もまた老骨にムチ打って大井に努力する覚悟である。
【覚書き|東京証券取引所理事長時代の発言】


月給なんかいらん。そんな考えでつくったのではないから、月給も名誉も全然問題にしていない。
【覚書き|太平洋戦争中、株価を安定させるために日本証券投資株式会社を発足させたとき、大蔵省から「自分が儲けるためにやってはいけない」と言われたことに対する返答】


私が借金だらけの港屋商店を引き受けてその立て直しに成功したのは、いい取引先を見つけたことと、思惑をやらなかったせいである。この方針を貫いたからこそ、50年もこの商売にくっついていられたのだろうと思っている。私が思惑をしたら、あるいは店もつぶれていたかもしれない。


店を閉めようとしたら50万円の借金が見つかった。結局私一人が借金を背負った形となって、このあと悪戦苦闘をする。そして立て直しに成功する。いい取引先を見つけたことと思惑をやらなかったせいである。
【覚書き:藍澤証券の前身である港屋商店を経営再建したきっかけについての言葉。思惑とは思惑売買のことで、自分の思惑でもって金融商品の売買をする投機的投資のこと】


藍澤彌八の経歴・略歴

藍澤彌八、あいざわ・やはち。日本の経営者。藍澤証券創業者。新潟県出身。日本法律学校(のちの日本大学)卒業後、出版社の金港堂、株式仲買商の帳簿係や営業、大連で柞蚕糸の貿易会社勤務、などを経て、証券業の港屋商店代表となる。その後、藍澤商店(のちの藍澤証券)を設立。以後、日本の証券業界の発展に尽力した人物。そのほか、日本証券投資株式会社社長、平和不動産社長、東京証券取引所理事長、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

ハワード・ヒューズ

いったん譲歩に同意したら、決してそれをキャンセルして元に戻すことはできない。


朝原宣治

アスリートに共通しているのは「コレだ!」という自分の感覚を持っていること。何度も代表に選ばれるような選手は、その感覚を自分でコントロールすることができる。スイッチの押し方を掴んでいるから、自信を持って競技に臨める。だから、一発だけじゃなくコンスタントに好タイムが出せる。


木南陽介

当社の強みは現場を知っているということ。既存のシンクタンクは机上の論理としては分かっていても、彼らが実際にリサイクル工場や廃棄物処理場に足を運んでいるわけではありません。しかし、当社は現場に足を運んで情報をとってくるしかなかったわけで、そこは他社との大きな違い、言い換えれば当社の強みになっていたのだと思います。


佐藤智恵(コンサルタント)

まず現場を見ることは、古今の名経営者がみな行っていることです。たとえば米沢藩の改革で知られる上杉鷹山(ようざん)も、藩主になってまず行ったことが藩内の視察でした。


笠倉健司

徳をもって周りの人々を活かしていくためには、自分にとらわれない広やかな心が必要です。それを養うのが「自分を忘れる工夫」、つまり「無心」になる修行なのではないでしょうか。


長谷川高

パートナー企業を選ぶとき、いいことばかり提案するところは考えもの。やはりあり得べきリスクをきちんと説明してくれて、メリットでもリスクでも、その客観的な根拠を示してくれる企業であることが第一条件。


青野慶久

仕事の時間を縮めて家事に貢献しているつもりでも妻から文句を言われてイラッとすることもあります。それを解決する方法は、お互いを尊重すること、パートナーに対して期待しすぎないこと。「十分してもらっている」と思えれば、いつも感謝の気持ちになります。


古市幸雄

最近は、職業が多様化し、より専門的な能力が求められるようになったので、通訳者や翻訳者であっても、専門的な知識がなければ、ビジネスの現場で活躍することができないという時代になってきました。だからこそ、即戦力として求められるのは、ある程度の英語力と、自分の専門領域に関わる単語&フレーズを使える人なのです。


岩澤巌

法律の規定でパワーの強いエアガンは日本では売れません。海外ではパワー不足とされてしまいますが、いつかは米国で勝負してみたいですね。当社の技術と感性が、銃の本場の米国でどこまで通用するのかを試してみたい。必ず大暴れしてやりますよ。


ロバート・キャンベル

数百年前の日本文化を扱う私の研究は、とても時間がかかります。長い歳月を共に過ごし、熟成させることは、古い文献を扱う醍醐味のひとつ。プロジェクトの樽をいくつも抱え、ひとつひとつの樽を何年もかけて仕上げていく。それが研究者としての私の風景。


鈴木敏文

数値目標は「一人歩きをする目標」にもなれば、「自分の殻を破る目標」にもなる。重要なのは、何のための目標なのか、意味合いが組織の中できちっと理解されていることです。


辻野晃一郎

コミュニケーションはどんなに取っても取りすぎることはありません。たとえば、マネジャーは週に一回は部下と一対一で話すことが義務付けられています。上司が部下を放っておくことはまずありません。業績評価も必ず本人と面談して伝えます。