名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

藍澤彌八の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

藍澤彌八のプロフィール

藍澤彌八、あいざわ・やはち。日本の経営者。藍澤証券創業者。新潟県出身。日本法律学校(のちの日本大学)卒業後、出版社の金港堂、株式仲買商の帳簿係や営業、大連で柞蚕糸の貿易会社勤務、などを経て、証券業の港屋商店代表となる。その後、藍澤商店(のちの藍澤証券)を設立。以後、日本の証券業界の発展に尽力した人物。そのほか、日本証券投資株式会社社長、平和不動産社長、東京証券取引所理事長、貴族院議員などを務めた。

藍澤彌八の名言 一覧

株式市場はブームといわれているが、現在の兜町にも改善すべき点はいくつもある。そのためにも私もまた老骨にムチ打って大井に努力する覚悟である。
【覚書き|東京証券取引所理事長時代の発言】


月給なんかいらん。そんな考えでつくったのではないから、月給も名誉も全然問題にしていない。
【覚書き|太平洋戦争中、株価を安定させるために日本証券投資株式会社を発足させたとき、大蔵省から「自分が儲けるためにやってはいけない」と言われたことに対する返答】


私が借金だらけの港屋商店を引き受けてその立て直しに成功したのは、いい取引先を見つけたことと、思惑をやらなかったせいである。この方針を貫いたからこそ、50年もこの商売にくっついていられたのだろうと思っている。私が思惑をしたら、あるいは店もつぶれていたかもしれない。


店を閉めようとしたら50万円の借金が見つかった。結局私一人が借金を背負った形となって、このあと悪戦苦闘をする。そして立て直しに成功する。いい取引先を見つけたことと思惑をやらなかったせいである。
【覚書き:藍澤証券の前身である港屋商店を経営再建したきっかけについての言葉。思惑とは思惑売買のことで、自分の思惑でもって金融商品の売買をする投機的投資のこと】


藍澤彌八の経歴・略歴

藍澤彌八、あいざわ・やはち。日本の経営者。藍澤証券創業者。新潟県出身。日本法律学校(のちの日本大学)卒業後、出版社の金港堂、株式仲買商の帳簿係や営業、大連で柞蚕糸の貿易会社勤務、などを経て、証券業の港屋商店代表となる。その後、藍澤商店(のちの藍澤証券)を設立。以後、日本の証券業界の発展に尽力した人物。そのほか、日本証券投資株式会社社長、平和不動産社長、東京証券取引所理事長、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

上田準二

一般的には、もう少し暖かくなってから発表して、新社長就任は株主総会後というやり方もあります。しかし、私は社長を代わるに当たり、1月1日付にこだわりました。会社の経営はリレー競争です。前の経営者が全速力で次の経営者の所に突っ込んでくる。新しい経営者はそのスピードを落とすことなく、トップスピードで走り続けないといけません。いまは変化の速い時代ですし、競争も激しいからなおさらです。仮に3月に発表して、5月の株主総会後に就任するなんてことをやっていたら、1年があっという間に終わってしまう。総会後に社長になって、もしトンチンカンなことをしてしまえば、次の年度にも影響します。それだったら社長として早いうちに社内外に知ってもらった方がいい。そう考えました。
【覚書き|社長を退く発表を12月27日に行った理由を語った言葉】


川上哲治

周囲からどう評価されるか、という不安や心配から自らを解き放って、自分の想念を「無の境地」に置けば、問題の所在が良く見えるようになります。あとは、その問題を淡々と解決していく。こうすると自分も楽になるし、不思議なもので、だんだんと勘も冴えてくるように思います。


宮本恒靖

子供の頃から、選抜チームへ行けば、ほかの選抜選手たちの質の高さに衝撃を受けて、追いつくためにはどうしたらいいのかと考えて、上へ行くために、上へ行くためにというふうに僕はずっと生きてきた。


重松大輔

たしかに利用料金は高いほうが、私たちやオーナーさんにとってはありがたいです。ですから、利用者の方に納得していただける形で料金を上げていく工夫はしています。たとえばオーナーさんに対して、壁紙を変えたら高級感が出ますよとか、最初は低料金で始めて、いい評価が定着したらエリアの相場に合わせて少し料金を上げませんかといった提案もしています。みなさん最初は素人同然なのですが、やっていくうちにどんどんプロになっていく。


泉谷直木

ミッション(使命)を明確に与えないまま「おまえ、何とかしてこい」と全部個人任せにしてはいけません。


平野岳史

会社が大きくなっていく過程では、自分自身が置かれている立場も変わりますし、組織の作り方も違います。何回も変化しますから、常に会社の変化のスピードよりも自分が一歩先を考えて成長していかないとダメだな、というのが実感です。


古賀辰男

「引き抜かれた」側としては「あんなにかわいがってやったのに、あの恩知らずが!」と腹を立てるが、実のところ、上司が勝手にそう思っているだけで、辞めた部下は「かわいがられた」とは感じていないもの。


三浦雄一郎

多くの人は高齢者はこうあるべきだと、勝手に自己暗示にかかっている。「もう余生だから」と思っているわけです。よせぃばいいのに(笑)。僕の親父はいつまでもスキーがしたいと思っていたから、元気でいられたんです。


大野直竹

みんなに良かったと思ってもらえる形を考えていかないと、企業が成長し続ける方向にならない。


田原総一朗

僕はこの年齢なので、松下幸之助、盛田昭夫、本田宗一郎といった日本を代表する経営者と会って話をしてきました。掲げる理念や経営哲学はそれぞれ異なりますが、共通しているのは損得を判断基準にしていないということ。儲かるからやる、損するからしないという発想で事業をとらえていないのです。では、何を基準にしているのか。細かなニュアンスは違いますが、成功した経営者が必ず口にするのは「社会のためになるかどうか」「客のためになるかどうか」。これは日本にかぎりません。そうした軸を持った経営者が時代をつくっていくのです。


傳田信行

インテル日本法人の創業まもないころですが、本社が突然製品の出荷を止めました。米国市場で品不足が起きると、すでに日本の顧客から注文をもらっていても、何の前触れもなく出荷をストップするのです。出荷が止まれば、日本の顧客は生産ラインを止めざるを得なくなり、被害甚大です。顧客はかんかんになって怒鳴り込んできます。無理もありません。こんなときは、本社に対して声を大にして抗議します。担当者が駄目ならその上司、そして最後には社長に文句を言います。アンディー・グローブ社長にもずいぶん噛みつきました。


田中恭一

当社では「材料から製品まで」という経営の方針のもと、コンタクトレンズの素材研究から製造、検査まで一貫して自社で取り組んでいます。こうした自前主義に長年こだわってきたのは、創業まもないころに不良品の回収という大変にがい経験をしたからです。