名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

蓮舫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

蓮舫のプロフィール

蓮舫、れんほう。政治家。東京都出身。青山学院大学法学部公法学科卒業。グラビアアイドル、タレント、キャスターなどを経て政界に進出。参議院議員、内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣、民進党代表、立憲民主党副代表などを務めた。

蓮舫の名言 一覧

ハウツーはあくまでハウツーで、「何が自分に合うか」は千差万別。だからこそ、まずは自分を知ることが不可欠だと思うんです。「よく見せたい」「かっこつけたい」の前に自分が伝えたい本当の声で、誠実にコミュニケーションすればいいと思います。背伸びせずにね。それができたとき身の周りが変わり、地域が変わり、日本が変わると思いますよ。


劇場型のスタイルは感情論に流されがちです。そこで私はひとつのルールを自分に課して、事業仕分けに臨んでいました。それが「感情を入れない」こと。感情を入れてしまったらすべての事業が「要ります」から。


ちなみに日本の社会保障費は70%が高齢者に使われ、子供には4%程度。だから事業仕分けでも、私にはムダな予算を子供たちの政策に回したいというモチベーションがあった。実に身近なところから政治に関心を持ち、いまもそれは私の声になっているわけです。


昔から国会議員にあこがれていたわけでも、政治への関心が高かったわけでもありません。「どこか遠いもの」に感じていましたよ。それを変えたのは出産と子育て。そして98年の栃木女性教師刺殺事件に端を発する「キレる子供たち」の取材だったんです。当時多発した、キレる子供たちの現場では、取材を進めていくと必ずコミュニケーションの問題に行き着きました。会話のキャッチボールがうまくいかないジレンマを抱え、自分の中に不満を押し込め、いつしか爆発する。もちろん背景には地域や家族といったコミュニティーが薄れ、話さなくてもいい社会が広がったこともあります。「子供たちが生きる日本の将来はどうなる?」と危機感を抱くようになりました。当初は自分がいるメディアの力で変えられたら……と考えました。でも2004年頃というのはドキュメンタリー番組に予算が回らなくなりました。ニュースはバラエティー化し、子供たちの環境を変えるツールにはなり得なくなりました。そんなとき、民主党から何度目かのお声がかかったわけです。


事業仕分けのときに意識したのは、役所の方の話し方、態度、声のトーンに感情移入しない、ということでした。「この人が好き」「嫌い」という第一印象があるとフェアなビジネスができないのはみなさんも実感されているはず。「天下りの人数は?」「年収は?」と私は同じ質問を極めて冷静に繰り返した。冷静さはときに冷徹に映ったようですね(笑)。「何だか怖い!」という声も相当いただきましたから。そういった評価は評価として、もっと大きなものを私たちは手にしました。これまで密室で決められていた予算編成の道程をオープンにできたことです。国庫のムダを認識するきっかけにしていただけました。さらにこの結果は実際の予算に反映されます。これは納税者のみなさんに絶対メリットのあること。野党時代はいくら追求しても、何も動かなかったものが一変しました。今回の仕分けで国会議員になって初めて良かったと思えたかも(笑)。


我々は当日の短時間だけで仕分けしたわけではないんです。今年の4月から3か月に渡り模擬仕分け作業を続け、さらに連日のようにヒアリングを重ねて臨みました。するとほとんどの事業の骨組、当初の目的は賛同できるものなんですよ。ただし手法はあまりにも非効率的なものが多い。とくに基金事業は驚くばかり。いちいち天下り団体を迂回し、人件費が差し引かれ、届くべき場所に届くべき額が届いていない。つまり「そこは見直そうよ」という話なんです。だからこそ冷静に客観的に判断する必要がありました。


蓮舫の経歴・略歴

蓮舫、れんほう。政治家。東京都出身。青山学院大学法学部公法学科卒業。グラビアアイドル、タレント、キャスターなどを経て政界に進出。参議院議員、内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣、民進党代表、立憲民主党副代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

高島郁夫

いままで失敗した原因を考えた結果、「いいものであれば売れる」というプロダクトアウトの発想がいけなかったことに気づいたんです。それで、「お客様の求めているものを売る」というマーケットインの発想に切り替えて、まずは店を開く天王洲アイルにはどんな人がいるのかを調べました。そうしたら、若いOLさんが約4000人いることがわかったので、その人たちにウケるものを売ろうということでできたのがFrancfranc(フランフラン)なんです。


中原淳

学び直しのポイントは「掛け算」。趣味のことでも、仕事との接点を探して、掛け合わせると、自分だけの強みを生み出せることがあります。一つのことを深く学んでいると、その接点が見つけやすくなるのです。たとえばSE(システムエンジニア)の人が、趣味の家庭農園をしていたら、「農業×IT」を掛け合わせてみます。すると、育てるのに苦労した経験から、「個人農園の生育状況をITで管理するには?」などというアイデアが出てくるかもしれません。試しに自分の農園で試行錯誤すれば、ノウハウが溜まってくるでしょう。すると、農業とITの両方がわかる希少な人材になり、本業でも重宝されるようになった――。こうした展開は十分に考えられます。


ジェームズ・ダイソン

私には、長い間、世界的な社会課題を解決したいという、燃えるような強い思いがあった。今、自動車メーカーがせきを切ったようにEV開発に乗り出しています。多くは「環境への配慮」をうたっていますが、私から見れば、規制によって無理に強制されているようにしか見えません。我々の動機とは明らかに違います。


家訓・社是・社訓・経営理念

土屋グループ「成功への十訓」

  1. ものの見方、考え方を変えると、人生が変わる。
  2. 信念・暗示など、心の潜在意識を活用せよ。
  3. 夢を見、目標を立て、現在に最善を尽くせ。
  4. 逆境こそ天が自分に与えた最高のチャンスである。
  5. 良い本、良い人、良いものに積極的に接せよ。
  6. 数字、時間、他人、自分に強くなれ。
  7. 専門知識または超一流のものを何かひとつ身につけよ。
  8. 人生、成功、すべてのものに先人の知恵を汗とで創りあげた公式があることを知れ。
  9. 常に問題意識を持ち、成すべきことを知り、それを成し遂げる根性を持て。
  10. 自分の立場や環境に感謝の念を持ち、現状改革にたゆまず挑戦せよ。

澤田秀雄

若い人には大きな視野で物事を見てもらいたい。インターネットで情報が集められる時代ですが、現地に行って初めて感じられる空気や感覚は、何にも代えられない貴重な体験となります。それがビジネスにも活きるでしょう。


鈴木あや(IBM)

報告や進行のタイミングの勘所がよくわかっている部下には、「失敗したら一緒に謝りに行ってあげるから、思い切ってやってごらん」と任せます。一方で、「何かあったら手遅れになる前に知らせて欲しい」と念を押します。誰しも自分の失敗は言い出しにくいものですが、報告が遅れると状況はどんどん悪くなっていきます。それは未然に防がなくてはいけません。


冨安徳久

自分の価値とは、調子の良いときに集まってきた人ではなく、困って大変な思いをしているときに助けてくれる人がどれだけいるかによって決まります。たった一人でもいい。このような人間関係をつくるような人生にしなければいけない。


フレデリック・アミエル

神の欲する通りに欲することが、我々を安静にする唯一の知恵である。


塚本隆史

みずほフィナンシャルグループの人材育成の方針は「自らのキャリアは自らの力で勝ち取る」です。そのために、ルーキージョブリクエスト(入社一年目の研修が終わった段階で次の配属先を自分で決められる制度)、ジョブ公募制度(みずほフィナンシャルグループ内のどの会社にでも、どの仕事にでも転属リクエストができる制度)、支店長募集制度などのプログラムを数多く用意しています。


須原清貴

何をするか考える時、よくないサンプルに惑わされてはいけない。例えば、外資系の会社では、「本社ではこうやってる」というセリフがよく聞かれます。でも、本社でやっているからといって、その全部が日本市場に当てはまるとは限らない。自らの意思で、何をすべきか、何をしないべきかを仕分けする必要があります。


トレイ・ヒルマン

日本の人々は謙虚であることが美徳だと思っているようだが、本当の意味での謙虚さとは「本音」を言うことである。


三谷宏治

みんなが当たり前だと思っている世間の常識や会社の常識に疑問を投げかけない限り、論点を見つけることはできません。同様に、大多数の人たちの共通意見からも論点は生まれません。常識や大多数に身を置く限り、問題を問題とは意識しないからです。