名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

葉真中顕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

葉真中顕のプロフィール

葉真中顕、はまなか・あき。日本の小説家、児童文学作家。東京都出身。『ロスト・ケア』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し小説家デビュー。大藪春彦賞受賞を受賞。

葉真中顕の名言 一覧

この世には完璧な善人も悪人もいないというのが僕の考えです。状況によって、個性のある部分が発露しているだけなんじゃないか、と思うんですよ。


どのキャラクターもそれぞれの正しさをもって、この時代を一生懸命に生きています。そこに現代の尺度を当てはめて、善人、悪人という判断は下したくなかった。


ここまで調べれば十分という明確なラインはない。資料にしっかり向き合いつつ、面白い物語にするのが一番大切。


これは『万引き家族』の是枝裕和監督の言葉なんですが、「大きな物語」に対峙するような「小さな物語」を発信し続けるのが映画監督の役目なんだと。僕もそういう小説家でありたいと思いますね。自信をもって送り出せる作品。読者にどう受け止められるのか、今から反応が楽しみです。


(『凍てつく太陽』は)これまでになくエンターテインメント色の強い作品になりました。「小説幻冬」という雑誌の創刊に合わせてスタートした連載で、自分も新しいことにチャレンジしてみたかったんです。北海道を舞台にするのなら、盛りこみたい要素はたくさんあった。


(『凍てつく太陽』を書いた)きっかけは「警察小説を書いてほしい」という出版社のオファーでした。しかし現代を舞台にした警察小説は、すでに傑作がたくさん書かれています。それで過去を舞台にしたらどうかと考えた。フィクションの世界だと特高=悪者というイメージが染みついていますが、あれはあくまで戦後の価値観。軍国主義の時代には、治安を守って維持してくれる優秀な警察官。恐れられていたにせよ、悪者扱いではなかったはずです。そうした当時の感覚を生かしながら、特高の活躍を描くことができれば、新しい警察小説になるんじゃないかなと。


葉真中顕の経歴・略歴

葉真中顕、はまなか・あき。日本の小説家、児童文学作家。東京都出身。『ロスト・ケア』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し小説家デビュー。大藪春彦賞受賞を受賞。

他の記事も読んでみる

塚原光男

誰かに勝ってやろうとか目立ってやろうという発想からじゃないんです。こんな技ができたら楽しいということに尽きるんです。
【覚書き:ムーンサルト(月面宙返り)をはじめ、新技を開発してきたことについて聞かれたときの発言】


丸谷智保

全国的なブランドを持たなくとも、北海道の消費者の所得水準に配慮し、質の良い商品を低価格で提供すれば必ず顧客は付いてきます。


小笹芳央

デスクを整理すと、頭の中身も整理されます。いままで仕事に追われ気味だったのが、整理することによって、ポジティブに追いかけられる状態に戻ります。毎週末でも月一回でも、ある一定のサイクルでやると、行動に移るためのいいきっかけになると思います。


知識賢治

部下と面談するとき一番いけないのは、多忙を理由に短時間で済ませようとすることだ。たとえば、「いま少し時間が空いたから15分でやろう」と部下に声をかけ、準備をせずに始めたとする。時間がないからと焦ると、言葉も乱暴になりがちだ。その結果、話した内容がまったく相手の心に届いていなかったということになってしまう。


神野直彦

結局、人間が未来に対する不安と恐怖におびえている。そのため、社会というものが人間を単なる労働力の手段としてしか考えなくなり、人間を手段とする社会になっているのです。しかし、当然ですが、社会というのは、人間を目的とするために形成されている。昨今の「人間を手段」と位置付ける経済学を、「人間を目的」とする経済学に鋳直さなければならない。


丸山康幸

スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


小堺桂悦郎

数字を見るときに大事なのは、知識より想像力です。


藤田晋

新入社員に仕事を教えることは、自分のためにもなります。側分の仕事のやり方を見つめ直したり、知識や経験を整理できたりするからです。時代の変化による、新しい視野や視点を得て、凝り固まった常識が変わったりすることも。指導した手前、恥ずかしい行動が取れなくなり、間然と仕事のモラルも高まります。ですから、自分の仕事で手一杯だとしても「教えることは良いこと尽くめ」と考えて接してほしい。


塚越寛

「人の行く裏に道あり花の山」とは、千利休が読んだとされる句です。私が会社経営で大切にしている言葉です。花見の時期、山の大通りには人だかりができている。しかし、主道から少しそれると、人混みに邪魔されずゆっくりと美しい桜を楽しめる。「付和雷同するのではなく独自の道を歩みなさい」という意味だ。これは経営にも当てはまる。


加藤俊徳

定年を迎えて会社に毎日通勤しなくなった人は、急速に記憶力が衰えていくとよく言われます。それは、会社に行かなくてよくなったことで、「時間を意識しなくなる」ことが大きな要因なのです。逆に言えば、リタイアした後も毎日の予定をしっかり立て、時間を意識して日々を過ごすことは、ボケ防止に大いに役立ちます。


生月誠

プライドが高いといわれる人の特徴としては、過去にスポーツなどをしていたり、勉強ができたりと、何かを極めた経験のある人が多いですね。自分では意識していなくても、自分の経験に基づいて他人を評価します。その人が有名な大学を出ていれば、「彼はどこをでているか」が評価のスタートになります。学歴以外のことはどうでもよく、他の要素で考えることを好みません。すなわち他人からは、あなたは「尺度のせまい人」と写っている可能性大なのです。


徳川吉宗

おしなべて褒められる者にも善人は少なきものよ。なかば褒められ、なかばそしられる者こそ、取りどころはあるなれ。