名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

葉真中顕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

葉真中顕のプロフィール

葉真中顕、はまなか・あき。日本の小説家、児童文学作家。東京都出身。『ロスト・ケア』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し小説家デビュー。大藪春彦賞受賞を受賞。

葉真中顕の名言 一覧

この世には完璧な善人も悪人もいないというのが僕の考えです。状況によって、個性のある部分が発露しているだけなんじゃないか、と思うんですよ。


どのキャラクターもそれぞれの正しさをもって、この時代を一生懸命に生きています。そこに現代の尺度を当てはめて、善人、悪人という判断は下したくなかった。


ここまで調べれば十分という明確なラインはない。資料にしっかり向き合いつつ、面白い物語にするのが一番大切。


これは『万引き家族』の是枝裕和監督の言葉なんですが、「大きな物語」に対峙するような「小さな物語」を発信し続けるのが映画監督の役目なんだと。僕もそういう小説家でありたいと思いますね。自信をもって送り出せる作品。読者にどう受け止められるのか、今から反応が楽しみです。


(『凍てつく太陽』は)これまでになくエンターテインメント色の強い作品になりました。「小説幻冬」という雑誌の創刊に合わせてスタートした連載で、自分も新しいことにチャレンジしてみたかったんです。北海道を舞台にするのなら、盛りこみたい要素はたくさんあった。


(『凍てつく太陽』を書いた)きっかけは「警察小説を書いてほしい」という出版社のオファーでした。しかし現代を舞台にした警察小説は、すでに傑作がたくさん書かれています。それで過去を舞台にしたらどうかと考えた。フィクションの世界だと特高=悪者というイメージが染みついていますが、あれはあくまで戦後の価値観。軍国主義の時代には、治安を守って維持してくれる優秀な警察官。恐れられていたにせよ、悪者扱いではなかったはずです。そうした当時の感覚を生かしながら、特高の活躍を描くことができれば、新しい警察小説になるんじゃないかなと。


葉真中顕の経歴・略歴

葉真中顕、はまなか・あき。日本の小説家、児童文学作家。東京都出身。『ロスト・ケア』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し小説家デビュー。大藪春彦賞受賞を受賞。

他の記事も読んでみる

江川達也

なんとか原稿の締め切りに間に合わせたけれど、こうすればよかったと、あとで思うことはあります。そういうときも、そこで新たに発見したことを次に活かせばいいと考えるから、間違いだとは思いません。


内藤剛志

いろんな先輩のやり方を見て、いいものを吸収してきました。とくにその姿勢で影響を受けたのはダウンタウンの浜田(雅功)さん。ドラマで共演した時、「全然NG出ないじゃないですか」というと、「本職じゃないからこそ、ちゃんとせなあかんのです」と答えられた。僕の本業は役者。でも、MCの時は、本職じゃない分、まず当たり前のことをちゃんとやる必要があるんですよ。


秋山進

仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


見城徹

SNSではまともな人付き合いはできないよね。僕は見城徹の名前を背負い、責任をもって言葉を吐き出してきたけれど、一般の人はほとんどが匿名だから、発言も無責任。真摯な人はごくわずかだよ。血の流れも、鼓動も伝わらない人と、濃いつながりができるわけがないよ。余分な時間が増えて、身動きがとれなくなるだけ。


吉越浩一郎

トリンプ時代に大きな成果をあげることができたのは、オーナーが日本の経営を私に思い切って任せてくれたことが最大の成功の要因だったと思います。オーナー企業のよさは、最近日本でも見直されていると聞く。株式を公開したことにより、無数にいる株主のさまざまな要求に応えるより、少数のオーナーのほうが、経営者もリーダーシップを発揮しやすいからです。私はそうした好運にも恵まれ、効率のよい経営ができたと自負しています。


村口和孝

「顧客の現実の存在に対して商品を企画すること」に成功せずして、事業の成功はあり得ない。顧客とは誰で、どのくらいの世の中に居て、それはどんな生活を送っている人、または会社なのだろうか。その人または会社は、当社の商品を購入するのだろうか。想定顧客が存在し、想定顧客が満足する様な商品を企画開発出来ているかどうか。


為末大

お金は重要だと思います。でも、それは自在であるために必要だからです。僕は、競技人生の終盤にスポンサーがすべて離れてしまい苦しい思いをしました。そういう状況では、貧すれば鈍すると言うよりも、「貧すれば屈する」という感じで、心理的にも屈してしまうわけです。それを痛感したので、やはり何かに縛られずに自在であるためには、お金を稼ぐ、もしくはその能力を持つことは重要だと思っています。


林文子

いまの若い人は、人に何かを聞いたり、頼んだりしなくても、情報が簡単に手に入るなかで育ってきたので、対人関係が苦手な人が多い気がします。それを克服するには、人と接する経験を数多く積むしかありません。ですから何事も、やる前から結果を勝手に予測しないで、一生懸命やってみる。そうしていると、あるとき、「こうすれば買っていただけるんだ」という営業のコツや自分のスタイルのようなものが体得できるのです。それで、なかなか実績が上がらずにいた部下の営業マンが、急に売れるようになったこともあります。あなたにもきっとそういう瞬間がやってきますから、あきらめずに、張っていただきたい。


遠山正道

三菱商事の社員だった当時、会社の肩書で仕事をし、時には偉くなったように錯覚している自分に疑問を感じていました。そんな時、子供の頃から描き続けてきた絵の世界で自分を試してみたいと思い、仕事とは関係なくタイル画の個展を開きました。その個展は70点の作品がすべて売れるほど成功したのです。この丸裸の自分をさらけ出して勝負した経験が転機となりました。この時、私は「成功することを決めた」のです。


芥川龍之介

矜誇、愛欲、疑惑、あらゆる罪は三千年来、この三者から発している。同時にまた、おそらくはあらゆる徳も。【覚書き|矜誇(きんこ)=自分の能力を誇る気持ち】


アダム・スミス

最小の努力をもって最大の欲望を満たすことが人間の経済行為の基礎原理である。


小倉広

マーク・マットソンの言葉で「意識して良い習慣を身につけなければ、悪い習慣を無意識に身につけてしまう」とあります。体調管理のための良い習慣をつくらないと、知らないうちに悪癖に襲われてしまいます。何もしないことが、ゼロではなく、マイナスを呼び込んでしまうというリスクに気づくべきでしょう。