名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

落合陽一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

落合陽一のプロフィール

落合陽一、おちあい・よういち。日本の研究者、メディアアーティスト、経営者。「ピクシーダストテクノロジーズ」社長、筑波大学 学長補佐・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長。東京都出身。筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。筑波大学 図書館情報メディア系 助教・准教授、デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長、学長補佐などを務めた。

落合陽一の名言 一覧

システムの話をしたほうがいい。システムは数式で表現できるけど、感情論は個人のコンテクスト(文脈・背景)が多様だからあまり意味がない。


多様な人材を取る理由は、余計なことにフォーカスするのをやめるためです。多様な人材が共同で働こうとしたら、話が通じないから全員で解くべき問題しか議論にならないんですよ。


自動化しただけ、効率化しただけなら格安航空みたいになるわけですよ。ホスピタリティの高さのほうが重要になるわけで、今の人材の採用基準よりレベルが上がります。そこに残った人たちは給料が高いはずで、そうでない人たちは職がなくなる。その二択の試験がやってくるだけだと思います。


できれば、3つくらいは仕事になりそうな趣味(好きなこと)を持つことをお勧めします。合理性・利便性はコンピュータに吸収されてしまうけれど、趣味性は人間だけがその人の色をつけていけるのです。


たとえAIが人間の仕事を代替しても、人間とAIの間には必ずギャップがあります。たとえば、経理が自動化されたとしても、領収書をきれいに揃えて会計ソフトに入れる仕事は人間がしなくてはいけない。AIで便利になるほど、面倒な仕事を嫌がる人が増えて、面倒くさい仕事をきちんとやれる人が意外に重要になってくる側面もあります。


今、私たちに求められていることは、AIへの恐怖をやみくもにかき立てることではなく、新たな価値観を作り上げていくことです。自分のできることと、好きなことを掛け合わせた仕事を探し、ストレスの溜まらない働き方を始める。この「働き方のアップデート」をいち早く始めることが、これからの「超AI時代」を生き抜く最善の手段なのです。


これからの日本社会では、会社に雇用され、労働し、その対価をもらうという従来の働き方から、好きなことで価値を生み出す働き方に、考え方も仕組みも転換することが求められてきます。これまで「ワーク・ライフ・バランス」が重要と言われていましたが、近い将来、「ワーク・アズ・ライフ(ライフとしてのワーク)」の時代がやってくるのです。


先日米国でMIT、スタンフォード、UCバークレーなどの出身の人たちとワークショップをやって、生産性が日本の5千倍くらい高かった。それは学歴が高いからではなくて、今、何の問題を解かないといけないかにフォーカスして、そもそも他人とコンテクストを共有しないし、かつ生産性を高められるように全員が取り組むからなんですよね。同質化した社会では、「あの人の気持ちになって考えること」が先にあるので、フォーカスすべき対象の問題を解こうとしない状態になりやすい。


兼業解禁の流れは止まらないと思います。でもそれより先に、有給の取りやすさのほうが本質的な話だと思います。有給が思うように取れないのは、コーポレートガバナンスがしっかりしてない会社だと思うんです。突然、誰かが明日いなくなっても、チームが成り立つように二重三重のワークスタイルでものをつくるようになっていない。それってリスクマネジメントの点で不健全です。有給を自由に取れるようにすれば、そういうことが分かると思うんですよね。


(技術の進化によって)労働者が切られるという話ですが、そこで必要となるのは単純な肉体労働ではなく、もう少し付加価値の高い労働になります。高度なケアが必要な仕事を、今の介護業界の人材では充足できないはずなんです。つまり、今の人たちの職がなくなるからと言って、雇用全体が減るという話とはまた違う、介護が最低限の肉体労働ができる人が働ける職場という概念ではなくなるということです。


僕はお客さんの立場で物事を考えるけど、そこで労働する人の立場では考えていないんです。対象の問題を解決するには、そこで働いている人よりサービスを受益している人たちが、どうしたら低コストでかつ高安心なサービスを受益できるかにフォーカスすべきであって、働いている人たちの生活が保障されるかどうかは考えていない。そこはすごく重要なところで、どちらのポジションに立つか、もしくは中庸を目指すか、という話ですけど、僕はお客の側に立ったほうが本質的だと思っています。


グローバル化や、インターネット環境と通信インフラの整備によって、いつでもどこでも働ける世の中になりましたが、これは一方で、ワークライフバランスの考え方が崩壊したとも言えます。ワークとライフの関係性が「バランス」でなくなった今、自分なりの人生価値を、ワークとライフの両面で生み出し続ける方法を見つけられた人が生き残る時代となるのです。


職のポートフォリオ・マネジメントをするうえで最も重要なのが、働く人の「やりがい」です。週に1~2日、違う仕事をするとしたら、やりがいのある仕事を選ぶことが大切です。たとえば、ソーラーカーを開発しているベンチャーがあって、技術力はあるけれども事務仕事に手が回らなくて困っているとします。そこで、これまで総務や経理などの分野でキャリアを積んできた、クルマが大好きな人が、そこの事務仕事を週に1日手伝ってあげる――そんな、仕事面で持つ自分の能力・スキルを好きなことに活かせる場があるのなら、そこにはやりがいが生まれ、働くことのストレスもなくなるのです。


これからの働き方を考えるうえで日本社会が早急に進めなければならないことは、兼業や副業の容認でしょう。兼業や副業をするというのは、「職をポートフォリオ・マネジメントする(最適に配分する)」ということです。これまでビジネスマンは、一つの会社で定年まで働くのが普通でした。それゆえ、会社で意にそぐわないこともやらなくてはならず、仕事にモチベーションを持てなくなった人も多いのではないでしょうか。また、企業側としては余剰人員にも働く場を作らなくてはなりません。これらの問題は、働く人・企業ともに生産性を下げる要因ともなります。ところが、職のポートフォリオ・マネジメントという考え方を取り入れると、違った見方ができます。


たとえば、ヒンズー教徒とイスラム教徒とキリスト教徒と日本人と中国人が同じテーブルでホームアプライアンスについて喋っている。全員家のスタイルも、子供の育て方も全く違うのに、ホームアプライアンスにあるべき機能について話すとなると、機能の要件定義について話すしかない。本質として切り出せる問題にフォーカスするので、それ以外の共有できないコンテクストについて議論するのは無駄であるという考え方です。そして、一度フォーカスしたら、その後でダイバーシティに対応できるように、コンフリクトするところを外していく。そういう考え方は製品作りのみならず、あらゆる部分に使えます。


僕がテクノロジーをやってない政治家だったら「皆さんの雇用が守られることが世界の正義なんです」とか言ってそうですけどね。対象の問題の本質はどこにあって何を解決すべきかを常に考えていて、テクノロジーで解決されれば良いと考えています。「人間の感情はどうなる」とか言われちゃうんですけど、人間の感情が動かし得るコストがどの程度になるのかを、僕は真面目に考えるんです。(介護などの)ケアというのが高度な仕事であって単純労働よりはるかに難しいというのは感情の話です。そこにコスト圧力が掛かるというのも当然で、そこで働く能力が低い人に対して僕が何かをしようとは思っていない。そこはシステムでどうにかするべきで、人間でどうにかするべき話でないと思っています。


落合陽一の経歴・略歴

落合陽一、おちあい・よういち。日本の研究者、メディアアーティスト、経営者。「ピクシーダストテクノロジーズ」社長、筑波大学 学長補佐・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長。東京都出身。筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。筑波大学 図書館情報メディア系 助教・准教授、デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長、学長補佐などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

人材育成はスパルタかな。やはりビシバシ鍛えないとダメです。気をつけるのは、決して突き放さないことです。「お前に期待している。だから頑張れよ」という気持ちをこっちが持っていれば、相手は応えてくれます。


北条重時

悟りを開いた境地に到達するには、物に捉われぬ心が大切だ。他人のためにわが財を惜しまず、また、賢者であっても天下の要職に登用してもらおうと気にかけたりなどしないことが肝要だ。つねにこのような心でいなさい。


出口治明

人生は、考え方次第です。今は雨でも、そのうち晴れるからラッキーだと考えられるかどうか。半分は資質ですが、もう半分は適応力です。賢い人が必ずしも生き残るわけではありません。社会は常に変化している。大事なのは、運を呼ぶ力と適応力でしょう。


白井一幸

二軍監督として、コーチの役割について考えたことは、私自身にとっても貴重な経験でした。チームの勝利に貢献できるコーチとは、一体どんなコーチなのかを常に考えるようになったからです。それは、一軍コーチである今も同じで、もしも自分が監督だったらどんなコーチが一番必要かと考えた時に、「それは自分だ」と言えるようなコーチでいることを常に意識しています。


マティアス・ブレシャン

我々は常に品質に妥協することなく、改良と開発を継続する。


森永雄太

ジョブ・クラフティングがうまくいかないケースを見ると、大抵、タスクを変えただけで、人間関係を変えていない場合が多いものです。タスクを変えただけでは、周りとの連携がうまくいかなくなってしまいます。タスクを変えると同時に、上司や周囲に意見を求めたり、フィードバックをしたりすることによって、自分もやりがいを感じられ、組織にも貢献できるジョブ・クラフティングが実現できます。タスクと人間関係を、バランスよく変えていくことが重要です。


本田幸大

日頃の環境とは異なる場所に身を置くことによって突然、閃きが起こったり、新しいことに挑戦するアイデアが生まれたりする。


小山田隆(銀行家)

世界屈指の商業銀行として、ステージをさらに上げていきたい。どのような環境下にあってもお客様の期待、信頼に応えられる事業基盤、収益基盤、財務基盤を持った強い銀行として、さらに成長を遂げていきたいということと、環境変化にきちんと対応していくことが大事です。このような難局だからこそ、それを次の成長に生かしていけるような卓越した適応力を兼ね備えた銀行。これが「世界屈指」の要件だろうと思います。


藤森義明

現状に満足することなく、自分に高い負荷をかけていかないと、人は成長しません。さらに目標を達成したとしても、達成感に浸り続けることなく、次の高い目標を掲げる。このような「ゴールをつくらない姿勢」が非常に大切なのではないかと思います。


大山健太郎

生活者のニーズはどんどん変化していくのです。今年のニーズと、来年のニーズは違うのです。そのニーズの変化さえきっちりつかまえていけば、ビジネス・チャンスはいくらでもある。アイデアが枯渇することなんてあり得ないのです。


ハロルド・ジェニーン

経営とは、いったんその事業計画と予算を定めたら、売上やら市場占有率やら、その他なんであれ、それを達成すると誓ったことをなし遂げなくてはならないことを意味する。もしその結果を達成することができなければ、その人は経営者ではない。


孫崎享

たいしたことはないだろうと手を抜くと、それがほんの少しのマイナスであっても、相手はこちらが思う以上にがっかりするものです。