名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

萩本光威の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

萩本光威のプロフィール

萩本光威、はぎもと・みつたけ。日本のラグビー選手、監督。和歌山県出身。小学4年生からラグビーを開始。同志社大学4年のときに大学選手権大会優勝に貢献。大学卒業後、神戸製鋼所に入社し、同ラグビー部の日本一に貢献。ラグビーW杯日本代表に選出された。引退後は神戸製鋼所ラグビー部ヘッドコーチとして同チームを日本選手権大会2連覇、ジャパンラグビートップリーグ初代王者へと導いた。そのほか、日本代表監督、U-19日本代表監督、NTTドコモ関西監督、女子日本代表監督などを務めた。

萩本光威の名言 一覧

負けたときは、練習方法から試合運びまですべて否定されることが多いのですが、そこで悲嘆にくれるんじゃなく、冷静になって「ここはよかった」「ここはよくなかった」というように、問題を細かく砕いて検証することが大切でしょう。それが次の試合につながってくるわけですから。


ラグビーの楽しさは、使い古された言葉ですが、やっぱり「ワン・フォア・オール」「オール・フォア・ワン」に尽きるかな。ひとつのボールを運ぶために、人と人とが濃密に心と心を通わせるのがラグビーの醍醐味ですね。ぜひ、競技場に足を運んでください。


どうすれば、日本代表が世界のトップレベルで戦えるのか。それは、日本ラグビー界の歴史的課題でもあります。その答えはまだ出ていませんが、僕は、日本人選手のラグビー観を変えるくらいの意識改革が必要だと思っています。つまり、新しいラグビー観をU19という若い世代から植えつけていこうと。


現在の日本のラグビー教育は、南半球型の「ぶつかるラグビー」が主流です。その理由は、短期間でチームづくりがしやすいこと、ニュージーランドの「オールブラックス」やオーストラリアの「ワラビーズ」の強いイメージなどが考えられます。でも、国内の学生や社会人のリーグで通用しても、世界では体格差で歯が立ちません。しかも、アマチュアレベルの修得なので、状況が目まぐるしく移り変わる実戦では、使えないものばかりなのです。いったんフォーメーションが崩れると、パニックになってしまう選手もいます。これではいけないと思った私は、若いうちから実戦で使えるラグビーを覚える必要性を感じたのです。


萩本光威の経歴・略歴

萩本光威、はぎもと・みつたけ。日本のラグビー選手、監督。和歌山県出身。小学4年生からラグビーを開始。同志社大学4年のときに大学選手権大会優勝に貢献。大学卒業後、神戸製鋼所に入社し、同ラグビー部の日本一に貢献。ラグビーW杯日本代表に選出された。引退後は神戸製鋼所ラグビー部ヘッドコーチとして同チームを日本選手権大会2連覇、ジャパンラグビートップリーグ初代王者へと導いた。そのほか、日本代表監督、U-19日本代表監督、NTTドコモ関西監督、女子日本代表監督などを務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

本当に欲しいと念じれば、必ずその人材は現れるものだ。


後尾和男

社長就任当初、父が社長の時代の社員がほとんどだったので最初は社内に戸惑いもありました。自ら動いて結果を出すしかないと覚悟を決めてトップ営業マンに徹しました。売り上げが上がっていくにつれて社員の私を見る目も変わっていきました。


江上治

長期的に続く人間関係というのはお金じゃない。価値観を共有できたり、勝つ喜びを分かち合えたりすることが大切。


田中辰巳

いまの時代は法律の条文を眺めていただけでは危機管理はできない。大きな社会の流れを見ておく必要がある。キーワードは「公平・公正・安心・安全」。社会が成熟し、民主主義が浸透すればするほど「公平・公正・安心・安全」の確保が求められるようになる。


吉山勇樹

時間あたりの仕事の効率や生産性を高めるにはどうすればいいか。その解決策はただ一つ、「仕事を減らすこと」しかありません。「時間がない」という人は、自分が今やるべきではない仕事までやっている場合がほとんど。部下に積極的に仕事を任せるべきです。そのためには、「自分が今やるべきこと」を見極め優先順位をつける必要があります。


小林弘幸

私は「基本的にシャツは白しか着ない」と決めています。服選びの時間が短くて済むということもありますが、ささやかなことでも、なにかを選択する行為はストレスを生みます。「考えるべき重要な問題」と、「考えることなくオートマチックに行動すること」を区別し、さほど重要でないことは徹底的にルール化し、オートマチックに処理する。余計なストレスを招かないというのは、自律神経を乱さないためにとても重要なことです。


石川康晴

我々はベンチャー企業ではありますが、大手に「人事はクロスカンパニーを見習おう」と思ってもらえるような業界のイノベーションを起こしたい。


柳井正

チームの先頭に立ってビジョンを示し、問題があったら真っ先に飛び込む。経営者がまず変わるべきです。


松尾康史

相手と自分との間に「愛と感謝の海を作る」ことができたからこそ、お客様の心にスムーズに近づくことができた。


上田彩子

人の心をポジティブに変える表情をいかにしてつくるか。実はこれが案外簡単なのです。口角をキュッと上げるだけ。口角が上がると表情筋が動き、頬の筋肉が前に張り出し、目じりが下がります。これだけで相手の報酬系を刺激するポジティブ顔になります。女性はメークで顔を作り込むことができますが、男性はそうはいきません。その分、この口角上げを意識するといいでしょう。


佐野健一

日本の状況が混沌とした中で、我々企業は永続的に発展するために世界に出ていかなければいけない、それも運命であり、チャンスだと捉えた。


金川千尋

需要家の要望が本当に現実不可能なものであるなら、初めからできない契約はすべきではありません。その判断力も営業マンには必要です。一方、要望が的を射ていて、やるべきだと思ったのに実現できず、約束を守れなかったら責任を取って会社を辞めるくらいの気構えがないと会社は動かせません。