名言DB

9490 人 / 112001 名言

萩原吉太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

萩原吉太郎のプロフィール

萩原吉太郎、はぎわら・きちたろう。日本の経営者。北海道炭礦汽船社長・会長。千葉出身、埼玉育ち。慶応義塾大学理財科(のちの経済学部)卒業後、三井合名に入社。その後、北海道炭礦汽船へ移り、人事部長、常務などを経て社長・会長を務める。炭鉱業が斜陽化し始めたのちは、北海道不動産(のちのグランビスタホテル&リゾート)や札幌テレビ放送(STB)などの設立にも携わった。

萩原吉太郎の名言 一覧

会社の財産は人間である。自己を捨てて会社のために尽くそうという人がたくさんいることは、私としては本当に心強い。


無心になり、ハダカになるということはいいことだ。短時日に私の長所と短所を知ってくれた人たちは、次第に私に対し警戒の気持ちを持たなくなった。こっちが開けっ放しで行ったら、接する相手も開けっ放しになってくれたわけだ。
【覚書き|三井合名から北炭に移った当時を振り返っての発言】


社長に就任したころの石炭業界は上向きにあったが、私は逆に警戒した。現状に酔っていてはいけない。世界のエネルギー情勢から遠からず石炭は斜陽産業になる。どんどん重油に食われていくだろう。これはもう単なる景気の問題ではなくて、燃料革命だ。いま適切な手を打っておかねば命取りになると考えた。


由来、北炭は組合に甘いといわれてきた。しかしできるだけのことをして組合員の安定を願い、かわりに組合は会社を盛り立て、会社に協力しようという機運をつくるのが私の方針である。力と力の闘争の愚かさは、過去10年の歴史がこれを証明している。世間から北炭は腰が弱いと非難された。しかし、どんなに非難され誹謗されても、私は自分の理想によって貫いてきたつもりでいる。


悪いことは全部自分が被るから、処分してくれ。が、ただその前に私の気持ちだけ聞いてもらいたい。
【覚書き|太平洋戦争終結後、追放令違反容疑でGHQで取り調べを受けたときの発言】


会社の財産は「人間」である。彼らはみんな有能な連中ばかりだからといってかえって栄転させた。それがどうだろう。いまでは会社の中心になって、大いに生産に努めてくれている。災い転じて福となったわけで、これが北炭の基礎となっている。
【覚書き|萩原氏が北炭常務になる直前、派閥問題によって氏の排斥運動が起こった後処理について語った言葉。彼らとは排斥運動をした人たちのこと】


君たちは1か月以上もヤマ(炭鉱)を留守にしている。これからもう1か月もんだところで結果は同じだから帰ってくれ。ただし、君たちも手ぶらでは帰れまい。だから俺が近く札幌に出かけて審議をすることにしよう。もしそこで妥協できなかったら、俺は潔く北炭を辞める。俺が首をかけるから、今度は早く帰ってくれ。
【覚書き|北炭人事部長時代、社員との労働協約での発言】


私は勉強不十分なのでなんにもわからないが、みなさんがさっきから議論している人事権よりももっと大事なものがあると思う。それは「人道」の問題だ。よしんば会社に人事権があるとしても、人道はすべてに優先すると私は確信する。今度の解雇は自分がやったものだが、不当に辞めさせらものがあるとしたら、人道上許せないから、会社は速やかに撤回すべきだ。
【覚書き|北炭人事部長時代の発言。労組から「上司の個人的感情によって首にされた者がいる」という抗議に対し語った言葉】


人間、健康ほど幸福なことはないと痛感した。そして、出世とかなんとかいうことはすっかり馬鹿らしくなり、もし病気が治ったら会社に出ないで蕨(実家の埼玉県蕨市)に帰り、花でもつくって一生を送ろうと本気で考えた。
【覚書き|三井合名に入社した4日後に肺尖カタルで2年療養生活を送ることになってしまったことを振り返っての発言】


萩原吉太郎の経歴・略歴

萩原吉太郎、はぎわら・きちたろう。日本の経営者。北海道炭礦汽船社長・会長。千葉出身、埼玉育ち。慶応義塾大学理財科(のちの経済学部)卒業後、三井合名に入社。その後、北海道炭礦汽船へ移り、人事部長、常務などを経て社長・会長を務める。炭鉱業が斜陽化し始めたのちは、北海道不動産(のちのグランビスタホテル&リゾート)や札幌テレビ放送(STB)などの設立にも携わった。

他の記事も読んでみる

林文子

私がクルマを売っていた当時、セールスは男性ばかりの職場でした。そんな中で女性がいきなりトップセールスになるのだから嫉妬心もあったと思います。ですから私は、上司から優しい言葉をかけてもらったことはほとんどありませんでした。その寂しさ、つらさを経験していたから、自分が上司になったら、部下をどんどん褒めようと思ったのです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「もっと豊かになりたい」という欲望や見栄のために固定費は、知らず知らずのうちに贅肉のように増えていき、家計を圧迫する要因になる。


須藤元気

お金に関するポリシーは「お金を稼ぐこと」にフォーカスし過ぎないことですかね。お金を稼ぐためだけに何かをやるのではなく、楽しいことをやっているとお金が入ってくる仕組みをつくった方がいい。


竹村健一

あたり前のことをやっていては駄目な時代になった。お客さんもよく見ていますからね。


丹羽宇一郎

会社経営も人間を最大の資産として扱うわけですから、教育分野と同じです。人間をどのようにして育て、活かすかが、今後ますます問われることになるでしょう。


貞末良雄

当社のシャシは、原価率が60%を上回っています。この業界では15~20%の原価率が通常です。追随しようとした他社が真似できなかったのは、この点でしょう。原価率6割でもやっていけるのは、総コストを安くするしくみを作ったからです。


武田斉紀

年初に自分の価値観を整理してみましょう。「世の中の役に立ちたい」「給料を増やしたい」「人に評価されたい」など20個ほど書き出し、それに優先順位をつけていく。手帳に挟んでおくと、何か迷った時にその「価値観リスト」を見て決められます。


佐藤秀樹(経営者)

私は、個人向けと機関投資家向け両方の商品を手掛けてきましたが、この2つを経験してきた者は、この業界にそれほど多くはいらっしゃらないでしょう。それが私自身の強みだと思っています。


俣野成敏

個人的感情ではなく、「どう喜んでもらうか」「世の中にどう貢献するか」と考えると、楽しい気持ちになってくるものです。


豊田圭一

学生時代に発展途上国を旅したこと、立ち上げた会社が倒産寸前になったこと。自分や他人の極限状況をたくさん目にして、「生きていれば何でもできる!」と思えるようになりました。


樺沢紫苑

現在アメリカではサーキットトレーニングが流行っていますが、体を鍛えると、仕事の集中力が上がるというデータが出ています。特に夕方の集中力が落ちる時間に30分程度の運動をするだけで、朝のような集中力を発揮できます。また、継続的な無酸素運動は成長ホルモンが出るので、太りにくくなります。エリートの間では、太っているのはできないやつというレッテルを貼られます。自己管理できない人はビジネスもできないという論理です。だから彼らは体を鍛え続けるのです。


菅谷信一

大企業に勤めていた人は、会社の看板を使って簡単に集客していたことでしょう。だから、どうしても集客を軽視し、商品の向上や優秀な人材の採用などに力を入れがちです。ところが、起業するときは優先順位が間違っています。社内の体制づくりより、集客の方が業績への影響力が大きいのです。