名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

萩原利男(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

萩原利男(経営者)のプロフィール

萩原利男、はぎわら・としお。日本の経営者。壁紙革命社長。神奈川大学法学部卒業後、メーカーやフランチャイズ企業の営業職を務める。その後、壁紙を貼り替えずに補修する「クロスメイク工法」を発案し独立。

萩原利男(経営者)の名言 一覧

いわゆる「常識」には、実は根拠のない思い込みのようなものも多いんです。とくに専門性が高い分野では「業界の常識は世間の非常識」とでもいうべき事態に陥っている場合も少なくありません。


もっとシンプルに考えるべきです。料理ならおいしさを、家電なら必要な機能を故障なく使える性能を提供するために、一番簡単な方法を考えればいいのです。まっすぐ本質を突くことこそ、今の日本で求められていると思います。


「業界の常識」ではなく、自分が正しいと思ったことをやり遂げていけば、挑戦はいずれ実を結ぶ。そう確信しています。


失敗を恐れて前例を踏襲しているだけでは、何も変わりません。現状維持は停滞でしかないのです。常識を疑い、リスクを取る人間しか成功できない。私自身、数え切れないほどの失敗を積み重ねて、今があります。もちろん、現状に甘んじるつもりはありません。海外展開も視野に、布石を打っているところです。


施工代理店とのやりとりはフェイスブックを使って開示し、仕事の割り振りに不公平感が生じないように配慮しています。現場の人が損をするような仕組みは、いつか行き詰まるでしょう。お客様、施工代理店、当社のみんなが共に成長していく、Win-Winの関係を実現していきたいと考えています。


会社を立ち上げた当初は、私一人で壁紙補修に出かけていました。しかし、自分一人でできることなどたかがしれています。仲間が増えるとともに受注は伸び、今では施工代理店数は300超に達しました。


プロの技術にこだわるあまり、現代は商品やサービスが複雑になりすぎているように感じます。技巧を凝らした高級料理や配慮が行き届いた多機能家電は、いずれも熟練の技の結晶です。もちろんそれはそれでいいのですが、高度な技術が価格に転嫁され、結局消費者のニーズからかけ離れてしまっては意味がないでしょう。


業界の常識から一歩踏み出せば、もっと簡単に、もっと効率的に物事を進められることがたくさんあるはずです。しかし業界のプロフェッショナルと呼ばれる人たちは、セオリーを無視した提案を頭から拒絶してしまいます。素人に真似できない、プロの技術を駆使したものこそ最善、と考えているのです。


萩原利男(経営者)の経歴・略歴

萩原利男、はぎわら・としお。日本の経営者。壁紙革命社長。神奈川大学法学部卒業後、メーカーやフランチャイズ企業の営業職を務める。その後、壁紙を貼り替えずに補修する「クロスメイク工法」を発案し独立。

他の記事も読んでみる

窪山哲雄

リピーターのお客様ほど、ヒューマンウェア→ソフトウェア→ハードウェアの順でホテルを評価します。ホテルの真価が問われるのは、人の部分であるといってよいでしょう。


団野村

まず市場を理解すること。1億円相当の選手は10億円も貰えない。それを自負心の強い選手に理解させることです。そのうえでほかの選手のデータを参考にしつつ、どこでどう活躍したかを検証し、そこで見出したユニークさを武器に、交渉で1億5000万円、2億円につり上げるんです。


眞鍋寿男

長く穿いて欲しいという思いは、商品が回転しないという意味で妙味はありません。ですが、せっかく弊社の製品を多くの中から選択して頂いたお客様の安心感を担保することはメーカーの使命でもあるのです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

営業マンにおすすめしたい資格は簿記です。いまの不況下では売った後のお金の流れが把握できる、数字に強い常業マンが求められています。簿記を学ぶことで、財務が理解できるようになるので、営業をかける前に顧客の経営状況が数字で読めるようになるのです。


豊臣秀吉

信長公は勇将であるが良将ではない。剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。だから降伏する者をも誅殺した。これは人物器量が狭いためである。人には敬遠され、衆から愛されることはない。


リチャード・カールソン

私たちが体験することは、すべて私たちの思考が生みだしたものなのである。イライラしたり、くじけてしまったりするのも、みんな自分の思考、考え方のせいなのだ。私たちは前向きに考えられないのは周囲が悪いのだと考えてしまう。そして環境を変えようとするのである。あなたがそれにどう対処するかは、いつでもあなたがどう考えるかによるのである。


中村清

若くして流さぬ汗は、年老いて涙となる。


伊東孝紳

社内に危機感を持たせるには、トップが危機についてあらゆる場で語るしか手はありません。ある程度製品が売れ、利益が出ていて、トップが何のメッセージも出さなければ、これでいいとほぼ全員が思うでしょう。


佐藤大和

絶対にやってはいけないのは、ライバル企業の悪口だけを言うことです。自分への信頼感を落とす行為になりますし、過度な悪口は「業務妨害」等になることもあります。


大坪清

「現場にこそ真理がある」。これは製造業の経営を担う私の信念である。


山口多賀司(経営者)

いまの経営者に必要なことは頭を切り替えて、心を入れ替える。そうやって経営者の完全な再教育をしていかない限り、本当の日本再生はない。


伊原保守

アイシン精機はハードばかりやってきた会社なので、ハードとソフトが完全に切り離せなくなった時のビジネスモデルを作らなければならないというものすごい危機感を持っている。