名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

菜々緒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菜々緒のプロフィール

菜々緒、ななお。日本の女優、ファッションモデル、タレント。埼玉県出身。高校生時代にスカウトされ、大学3年で本格的にモデル業を開始。ミス東京ガールズコレクション グランプリ、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー、ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を受賞。テレビドラマ、映画で活躍。

菜々緒の名言 一覧

少し回り道をして、自分の幅を広げたら目的地にたどり着けた。回り道が私の転機になった。


私は「やる」と決めたら100%の力でやり抜くことを自分のルールにしています。子供の頃から、ずっとそうです。


基本的には何でもするタイプ。番組が求めているんだったら100%で応えたいんです。


私はまだまだスタートラインに立ったばかりです。未経験のことがたくさんあります。これからもモデルを続けながら「やる」となったら、いろんなことに100%の力を注ぎます。


高校2年生のときに街でスカウトされて今の事務所に入りましたが、本気で「モデルをやる」と決めたのは大学1年のとき。「やる」と決めたので、すぐに生活をがらりと変えました。


じつは、テレビに出るのも苦手意識がありました。モデルは誌面やCMで表現する立場。だから人前で話すことはしないものだと思っていたんです。しかし、出るからには全力でやろう。自分は番組でどういう立場なのか、何を求められているのかを研究したりしました。モデルだけやっていたら出会わない人たちに出会え、お話を聞けるのも、勉強になりました。そうしているうちに、テレビのお仕事が凄い好きになり、お仕事もいただけるようになってきました。


事務所の社長から「モデル以外の仕事もやってみないか」と言われたんです。えっ、どうして? 私はモデルなのにと思いました。「戸惑うのはわかる。でも、自分が興味を感じないことでもやってみたほうがいい。必ず何か吸収できるものがあるから。目標を達成するための回り道なら、したほうがいいんじゃないか」。社長の話を聞くうちに私の頑固な考え方がやわらかくなりました。それまでは「モデルがやる仕事じゃない」と避けていた仕事にも挑戦することに決めました。


菜々緒の経歴・略歴

菜々緒、ななお。日本の女優、ファッションモデル、タレント。埼玉県出身。高校生時代にスカウトされ、大学3年で本格的にモデル業を開始。ミス東京ガールズコレクション グランプリ、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー、ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を受賞。テレビドラマ、映画で活躍。

他の記事も読んでみる

原口兼正

セコムには実力よりも少し背伸びした役職を与えて社員の成長を促す文化がある。


熊谷眞一

シベールに事業拡大をもたらしたラスクの通販も、目の前の困難な状況を打破しようと考え抜いた末に行き着いたものです。当時、シベールは洋菓子店として山形県でトップクラスになっていました。そうなると、お客様から「そろそろ手仕舞いにしたらどうか」という声が聞かれるようになりました。これ以上店舗を増やしたら、味が落ちるというのです。私は企業家として行けるところまで行きたいという野心が募っていました。事業は拡大したいが、山形県では店舗を増やせない。ジレンマを克服するために思いついたのが通販でした。


奥山清行

うちの親父の世代は、実家の山形から東京に出ようと思ったら列車に揺られて8時間かかったわけです。いまは同じ時間でロサンゼルスまで行くことができる。逆に考えたら、かつて集団就職や出稼ぎで上京した世代の人たちは、僕らが外国に行くのと同じくらいの時間と労力をかけて働きに出ていたわけで、その覚悟をいまの世代が持てないなんてことはないはずです。


御手洗冨士夫

資本主義の会社の機能は、投下資本の拡大再生産の循環でしょ。社長や役員は、その機関を動かす機関士ですよね。その役割をうまくやっているかが大事で、何年やっているかは問題ではない。会社をうまく動かすために、ある人に任せる。その関係を考えたときに「人のために順番にポジションを用意する」ように見えることは、あまり合理的ではないと思いますね。


小野田寛郎(小野田少尉)

コンパスは方向は教えてくれる。でも、川や谷の越え方は教えてくれない。


瀧靖之

脳には記憶全体をコントロールする「海馬」という部分がある。海馬の体積が大きいほど記憶にかかわる脳力が高く、脳力を発達させる能力も高くなる。この海馬の神経細胞を新しく生んでくれるのが有酸素運動。また、最近は「瞑想」でも海馬が増えることが確認されている。


山田進太郎

「とにかく優れたサービスを作れば消費者がついてくるはず」と信じて、思いつくままにサービスを改善しましたが、消費者には全然響かない。そんな時期が何年も続きました。自分の中で風向きが変わったのは、モバイルゲームに進出した08年頃からです。世界を目指すという原点に立ち返り、どんなサービスなら世界に行けるかを考え抜きました。


寺田和正

これまでは「物」の消費でした。しかしこれからはゴルフや旅行という「事」に「物」が結びついていく「事物(こともの)消費」に移っていきます。そこで大事なのは「楽しさ」で、その演出をどうしていくのかという時代が来ました。


隈研吾

コンペで勝てるようになったのは、僕が審査員をやるようになってから。逆の立場を経験する前と後では、プレゼンの見せ方も変わってきた。提案を出す側と、その提案を審査する側とでは、同じものが全く違って見える。


澤田秀雄

企業は人であり、人は急に育ちませんから、育成は地道にやっていくしかありません。


高橋みどり

とくにいまは、ほかの人とは違う何か新しいものを生み出していかないと、生き残っていけない時代です。


吉永泰之

現場とのやり取りで私がよく言うのは、「結果の数字で議論するのはやめよう」ということです。損益計算書も販売台数も、結果としての数字です。それをベースに議論するのは意味がない。より良い結果を生むために何をやればいいのか、どうすれば可能性が高まるのか。仮説を立てることが必要なのです。