名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

菊池昭一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菊池昭一(経営者)のプロフィール

菊池昭一、きくち・しょういち。日本の経営者。東京商工リサーチ社長。取締役、常務取締役中部地区管理本部長兼名古屋支社長、常務取締役管理統括本部長兼経営企画担当、常務取締役管理統括本部長兼経営企画担当兼システム本部担当などを経て社長に就任。

菊池昭一(経営者)の名言 一覧

会社を取り巻く環境は大きく変わりました。いま最も求められているのはリスク対応の経営です。しかも迅速にです。昔と異なり、取引先の企業情報の活用なくして経営の安定成長は難しく、社会的な役割や必要性はかなり高まっています。


現場におけるタイムマネジメントも課題のひとつです。多忙な一日を過ごすことで営業が二の次になってしまいがちです。外での活動をより効率的にするためにモバイル環境を整備しましたが、スマホやタブレットの全社的導入も考えなければなりません。既に導入しているフレックス制と併せて、より営業活動に打ち込める環境を整えていきます。


基幹システムを変更して全国の内勤業務を本社に集中させたことで、各現場の内勤事務にかける時間も効率化できました。そして、空いた時間をテレセールスによる営業サポートに充てたことで、売上に大きく寄与することができました。


属人的営業からの脱皮も必要です。これまでは1顧客1人担当で、当社の営業とお客様が「個と個」の関係でした。しかし、どちらかが異動や転勤、定年になると、そのお客様とは疎遠になってしまいます。そこで、顧客情報を全社で共有し、組織営業を実践できる仕組みづくりを検討しています。


重要なのはお客様に向いて仕事しているかどうかで、特にお客様と接しない間接部門の意識がどこにあるのか。彼らのお客様は社内の現場です。自分の仕事や部署の計画を優先することが多いのですが、昨年は全内勤社員の研修を行うなど、「セールスマインド」を吹き込もうと意識改革を進めています。


当社は昔のスタイルから脱却すべく改革を進めている最中です。多くの企業と同様、お客様と接する時間より社内にいる時間の方が長いんですね。社内のルールや規則、コンプライアンスに縛られて「報連相」をしなければならないために、社内にいる時間が一日のうち30~40%にも増大していました。それを半分にしようと思っています。


日本企業の多くは経験や勘、自分たちが持っているデータの範囲内で営業活動をしていますが、当社の「マーケティングスコア」は、お客様の既存顧客から優良顧客を定義して、そのプロファイルを分析します。その結果を当社が持つ国内最大級の企業情報データベースに当てはめてスコア化することで、その優良顧客に似た有望な見込み客を抽出するわけです。このように科学的根拠のあるデータに基づいて戦略を立てれば、むしろ費用を抑えながら、より確度の高い効率的な営業活動ができるはずです。


社内に対して「これからの120年を生き延びられるのか」という投げかけをしています。当社はまだまだ信用調査という意識を引きずっています。今後は当社が有する日本一のデータベースを、中堅・中小企業にもっと活用していただいて、経営の安定・成長に役立ててほしいと思っています。
【覚書き|創業120年目の年の発言】


菊池昭一(経営者)の経歴・略歴

菊池昭一、きくち・しょういち。日本の経営者。東京商工リサーチ社長。取締役、常務取締役中部地区管理本部長兼名古屋支社長、常務取締役管理統括本部長兼経営企画担当、常務取締役管理統括本部長兼経営企画担当兼システム本部担当などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

谷原誠

私の経験から思うに、強引に主張してくるタイプの人は、ひとつの物事に対して使えるエネルギー量が決まっています。ですから、話す機会を何回かに分けることで、こちらが耐えられる範囲でエネルギーを消費させることができるのです。


小林りん

どんな事業においても人はどん底を味わう日がある。そういう時でも、自分はこれが大事だと考えて、諦めずにこの事業をやりたいんだと本気で思えるような原体験がある人は強い。


中沢光昭

非常時には「遠いところから切り離す」のが会社です。従業員を辞めさせる時は、同じ実力であれば、自分が知っている人よりも、知らない人の方が辞めさせやすい。日頃から存在感をアピールすることで、いざという時に生き残れる可能性は高まります。


高城幸司

上司にしてみれば、飲みニケーションは仕事の延長線上にあるという感覚でしょう。確かに、会社や部署の全員が参加する宴会なら、業務の一環です。しかし、飲みニヶーションは任意のもの。そのため、誘うタイミングや理由に工夫が必要です。「仕事がひと段落したから」「君が好きそうな良い店を見つけたから」「20代の社員と順番に飲みに行っているから」など。「行きたい」「行くべきだ」と思える理由がないと、部下は喜んでついてきませんし、心を開いてはくれません。


生田正治

取締役で北米部長のころに120億円の損失を出す大失敗をしたことがあります。北米航路のコンピュータシステムの開発を日本本社のシステム部に任せていたのですが、世界最先端のロジスティックス(物流)が必要とするシステムに対する理解が得られないし、間に合わないと思ったから、定期航路部門の部長である自分自身がやるって言ってしまったんです。アメリカ人のエキスパートを集結してアメリカに会社を作って、アメリカの最先端技術で北米航路のシステムを作ろうと考えたのです。ところがニューヨークで1000人以上の専門家が二年かけて最先端のシステムを完成したつもりだったのに、テストランしてみるとうまく動かない。結局元のシステムに戻す結果になってしまいました。


坂本孝

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。


亀山郁夫

40代で大切なのは、スキルよりむしろ教養力を高めることだと思っています。20代でも30代でも、人はそれなりの教養を身につけてきてはいます。しかし、ここでいう40代からの教養は、いわば「自分をよりよく変えていくための知的行動」。人間的な幅を広げていくための新たな基盤づくりともいえるものです。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。


唐澤理恵

なぜ自分の外見を知る必要があるかといえば、人は相手に外見どおりの行動を期待するからです。ところが、その人の行動が期待と違うと、相手は裏切られたと感じます。


伊藤雅俊(味の素)

海外で活躍している味の素の営業マンは、アジアだけでも3000人います。彼らの営業スタイルは極めて地道です。味の素の営業マンは現地に徹底的に入り込むため、市場のおばさんと話して食べてもらったり、村の集会場を借りて娯楽の会などを開催し、集まってくれた人々に試食をしてもらうといったキャラバンを何百回も繰り返します。完全にネクタイ不要の仕事です。


藤冨雅則

「お客様は反射的に断ろうとするもの」と認識しましょう。お客様は実は必要であるにもかかわらず「必要ないよ」と答えるものです。断わりは突然の売込みに対する当然の警戒反応として、いちいちショックを受けずに受け止めましょう。むしろ勝負は、「いったん断られたあと」なのです。


佐藤優

理想的な上司なんてものはまずいない。そんなものを探し求めていたら、理想的な女性を探し続けているピーターパンみたいになる人と一緒。