名言DB

9419 人 / 110788 名言

菊池廉也の名言

twitter Facebook はてブ

菊池廉也のプロフィール

菊池廉也、きくち・れんや。日本の経営者。「株式会社ラーニングシステム」社長。兵庫県出身。学習院大学理学部卒業後、日本ユニバック(のちの日本ユニシス)、中央クーパース・アンド・ライブランド(のちのプライス・ウォーター・クーパーズ)などを経てシステムインテグレーターの「アイエム」社長に就任。その後、STEM教育会社ラーニングシステムを設立。

菊池廉也の名言 一覧

知識を詰め込むよりも、アイデアを生み出す能力を磨くことが、実社会で生きていく力になります。


体験的に得たものは、どんな教え方をされた知識よりも深く身につきます。


企業人は、みんな、それぞれの分野でプロであるべきです。プロフェッショナルとは、驚きを与えて感動させることができる人のことです。そのためには、新しいアイデアを出すことが求められます。


アイデアを生み出すためには、一人ひとりが主体的に動かなければなりません。


問題解決力は、座学だけでは身につけることができません。体験的に学ぶことが重要です。


これからの時代に、イノベーションを生み出す人材に必要とされる専門分野は科学、テクノロジー、工学、数学。こうした分野に関連する学校の科目は、世界中のどこの国でも、子供たちにとって難しく、ストレスを感じながら学ぶものです。そこで、プログラミングしたコンピュータと組み合わせて、思いどおりに動くロボット作りを通して、楽しみながら学べるようにと考られているのが、当社が使っているカリキュラムです。


菊池廉也の経歴・略歴

菊池廉也、きくち・れんや。日本の経営者。「株式会社ラーニングシステム」社長。兵庫県出身。学習院大学理学部卒業後、日本ユニバック(のちの日本ユニシス)、中央クーパース・アンド・ライブランド(のちのプライス・ウォーター・クーパーズ)などを経てシステムインテグレーターの「アイエム」社長に就任。その後、STEM教育会社ラーニングシステムを設立。

他の記事も読んでみる

栗原幹雄

秀逸なアイデアは、パッとひらめいたアイデアにこそ眠っています。フレッシュネスにしても、ワンズダイナーにしても、あれこれ考えてひねり出したわけではなく、直感的なひらめきから生まれています。時間をかけてアイデアを積み上げていくと、いろいろと考えすぎて、かえって凡庸なものになりがちです。とはいえ、ひらめいたことは、すぐに忘れてしまう。だから、私は即座に絵を描いているんです。


坂口英治(経営者)

将来、オフィスの仲介業務はAIに取って代わられるでしょう。技術の発展をむしろ活力に変える方法を考えなければならない。


吉永泰之

「スバリスト」という呼び名があるぐらい、コアなファンの方がおられます。こうしたお客様は、クルマをたんなる移動手段として考えているのではなく、走りの愉しみを重視していらっしゃいます。つまり、スバルがこれまでお客様に提供し続けてきた価値は、「安心と愉しさ」のふたつに集約できる。そこに経営資源を集中して、その価値を高めていくことをここ数年間、ずっとやり続けてきたわけです。


駒崎弘樹

倫理観を失うと、信頼そのものが崩れる。


新将命

方向性、すなわち理念・目標・戦略が示されると、トンネルの先に光が見えてくる。何かやるときに、自分もその一員として関与でき、チャンスを十分に持てると、当事者意識が芽生える.そして、結果が出たらそれがどのように評価されたのか、公正なフィードバックがなされると、モチベーションが上がる。こういう状況をトップがつくり上げることができれば、そこに全員経営が生まれるだろう。


井上慎一(経営者)

私がバカなことを言ってるのを聞いて、社員たちはときどきドン引きしています(笑)。でも、「CEOがこんなバカなことを言ってるんだったら、俺も一つくらい冗談を言っても許されるだろう」と気楽になるらしい。おかげさまで、「よくぞ集まってきたな」と思うユニークでタフな社員たちであふれています。


安達一彦

ビッグデータというのは、ある意味帰納法の世界。これからの世界は帰納法が力を発揮する時代。これまでの学問の中心は演繹法。地震予知も経済学もみんな演繹法に基づいています。だから滅多に当たらない(笑)。


倉本聰

僕はね、前年比という言葉が分からないんです。みんな前年より伸びないとダメと言うけど、前年と同じでいいじゃない。今の日本の「前年比感覚」は、自然と矛盾している気がするんですよ。前年比一辺倒から離れること。そこに本当の豊かさがあるはず。


大西洋

いま、一番危機感を持っているのは、社内に百貨店以外のスペシャリストが非常に少ないということです。一定のフォーマットの中で平均的にいい点数を取った人材が入社してくることが多いので、いくら会議をやっても同じような意見しか出てこない。


石浦章一

若い人には偉人や成功者の自伝を読むことをお勧めしたい。自伝を読みながら人生の岐路での判断、成功に至る道のりを疑似体験していると、いい気分になるものです。そういう成功者の考え方や行動を真似るだけでも、自分を変えるきっかけになるはずです。