名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

菊池寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菊池寛のプロフィール

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

菊池寛の名言 一覧

とにかく勝つ人は強い人である、多く勝つ人は結局上手な人、強い人といわなければならないだろう。しかし、一局一局の勝負となると、強い人必ず勝つとはいえない。定牌を覚えたばかりの素人に負けるかも知れない。
【覚書き|趣味の麻雀について語った言葉】


最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


二十五歳未満の者、小説を書くべからず。
【覚書き|小説は人生経験を積んだあとに、その人生観をもとに書くべきだという主張からの言葉。】


少数の天才や才人だけが創作の権利を壟断した文芸の貴族政治は、過去のものだ。


人への親切、世話は、慰みとしてしたい。義務としては、したくない。
【覚書き|貧乏文士たちへの助力や金銭援助を行うことについて語った言葉。】


菊池寛の経歴・略歴

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

他の記事も読んでみる

竹下雄真

第一線で活躍されている方を見ていると、酒や夜遊びをまったくしないわけではありません。その後どうリカバリー(回復)して翌日の心身をクリアにするか、とか、どうやって睡眠の質を高めるかを意識しながら、メリハリのある生活をするわけです。遊ぶときは思いっきり遊ぶ、休むときはしっかり休むなど、何もかも意図的にやっているように見えます。これは一流のアスリートも同じ。


竹内敬介

もはや手計算や手作業による設計の時代に時計の針を戻すことはできません。それでも頭の中で絶えず原理原則を理解して、コンピューターを活用する人材の育成が欠かせません。コンピューターが導いた結果に誤りがあれば、何かそこに違和感を感じ取れる。そんな直感力が必要だと心から思います。


伊藤彰(コンサルタント)

フィードバックの原則は「褒める・叱る・褒める」である。次に解決すべき課題を示す的確なレビュー(評価)こそ新人を伸ばす一番の糧となる。レビューについては、帰りの電車の中など、移動時間や空き時間を有効活用し、日々のコミュニケーションの中で行えばいい。


サイモン・クーパー(経営者)

我々がライバルと差異化できるかどうかは、従業員がいかにホテルに新たな生命を吹き込めるかにかかっています。


及川智正

農業もちゃんと自分でマーケットに営業していって、お客様の要望に応えたものを提供できれば、「ありがとう」と言ってもらえる。私がしたかったのはキュウリ農家で儲けることではなく、農業の仕組みを変えること。もしかしたら、和歌山県の美浜町から日本の農業を変えられるかもしれないと思った。


江島優

大学を卒業したばかりの22歳の時のこと。私は原始林開拓団の一員としてブラジルへ渡ると宣言した。私には目的がありました。日本を打ち負かした米国とはどんな国なのか、自分の目で見て確かめ、何かをつかんで帰りたかった。ブラジル行きは、日本を離れる片道切符を確保し、米国での学費を稼ぐための近道だと考えたのです。


板倉雄一郎

遊んでいるとき自分はお客様の立場にあり、仕事をしているときはモノを売る側でありつつお客様の立場でもある。どちらにしてもマーケットに自分の身を置くということですから、その中でこの商品は役に立つな、このサービスってすごくいいなというように、まず感じること、それが僕の仕事のアイデアに結び付いていることが多いです。


西多昌規

「着手時」と「期限」に比べ、折り返し地点のイメージを描く人は少ないものです。マラソンを思い浮かべた場合でも、スタートやゴールに比べると、折り返し地点の印象は薄いものです。しかし、折り返し地点はもっとも仕事が「乗っている」時期でもあります。そのときの自分をイメージすれば、モチベーションは上がるでしょう。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

周りの人たちと接して感じたのですが、大企業に入ると、良くも悪くも組織に従順になってしまう。やる気に溢れる若者が、全力を尽くせず、いつのまにか飼いならされてしまっていると感じました。やる気のある若手が、自由にできる組織を創りたいと起業しました。


織田大蔵

責任とはとるものではなく、果たすものだ。「辞表をふところにして」という言葉は、カッコイイが、辞表さえ出せば何もしなくてもいいというものではない。辞表を出して責任をとるというが、それは責任を果たしたことにはならない。むしろ無責任だ。サラリーマンなら、それでもよいだろう。事業家はそんな甘いものではない。


樋口泰行

我々には従来のビジネスで顧客との接点を持っている強みがあります。日本企業はアップルの営業マンに会ったことはないでしょうし、アマゾンの営業マンにも会ったことはないでしょう? 名刺すら見たことがない。我々はきっちりと顧客を最後まで責任を持ってサポートできる。これこそが我々の信頼感を生んでいます。


鈴木敏文

セブンイレブンでも、重点商品のキャンペーンが始まると、意欲的な店舗は「シュークリームの販売数300個」「恵方巻の予約1000本」といった高い目標を掲げます。陳列方法から、顧客への声かけ、POP広告等々、一丸となってあらゆる方法を駆使します。意図的に高い目標を掲げて、いつもとは違う取り組みに挑戦し、店舗経営を活性化していくのです。