名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

菊池寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菊池寛のプロフィール

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

菊池寛の名言 一覧

とにかく勝つ人は強い人である、多く勝つ人は結局上手な人、強い人といわなければならないだろう。しかし、一局一局の勝負となると、強い人必ず勝つとはいえない。定牌を覚えたばかりの素人に負けるかも知れない。
【覚書き|趣味の麻雀について語った言葉】


最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


二十五歳未満の者、小説を書くべからず。
【覚書き|小説は人生経験を積んだあとに、その人生観をもとに書くべきだという主張からの言葉。】


少数の天才や才人だけが創作の権利を壟断した文芸の貴族政治は、過去のものだ。


人への親切、世話は、慰みとしてしたい。義務としては、したくない。
【覚書き|貧乏文士たちへの助力や金銭援助を行うことについて語った言葉。】


菊池寛の経歴・略歴

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

他の記事も読んでみる

津田晃

初対面では、政治やスポーツなど、個人の嗜好にからみやすい話は避けるのが無難です。「昨日の巨人の戦いは素晴らしかったですね」と切り出して、もし相手がアンチ巨人だったら、そこで会話が止まってしまいますから。


伊藤祐靖

面白いことに、人は楽しく、満足のいく生活をしているときの話はしないものだ。逆に、苦労して何度も諦めかけて、何とか成功したときの話をする。それこそが、自分にとって誇れることだと確信しているからである。だから、苦労していることは不幸なのではない。それがなければ、人は幸せになれないからだ。


柳井正

自分には必ずいいところがあると信じて、どんな境遇でもやっていくことが大切です。


岩田弘三

私は独立してはじめて欧州料理店を開いたとき、あるホテルから「この人しかいない」と見込んだシェフを招きました。彼の働いているホテルに毎日通って「私にはあなたが必要です」と訴え、「私を大きく上回る給料を払いますから」とお願いして、ついに来てもらうことに成功したのです。彼のおかげで店は行列ができるほどの人気店となり、いくつも支店を出すことができましたし、彼から多くのことを学びました。そのことが今日の発展の礎となっていると思います。


聖徳太子

早くから出仕し、夕方遅くなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日中かけてもすべて終えてしまうことが難しい。したがって、遅く出仕したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


井阪隆一

当社では仮説・検証のサイクルを「個人」が回し、「チーム」が回し、「会社全体」でも回します。「回す文化」が会社全体に根づいている。この徹底が、セブンイレブンの強みです。


ジェームズ・マックナーニー

産業の空洞化は大きな問題ではありません。大切なのは教育です。教育によって水準の高い労働者を育成できれば、世界で競争力を維持できます。優秀な従業員を育成できて、彼らはさらに他の人を教育できるなら、すべての仕事を日本で抱え込む必要はありません。教育が行き届かなくなれば、空洞化するしないに関わらず、仕事を失います。その方が問題です。


高田明(ジャパネットたかた)

失敗はないんです、100%(笑)。人生をシンプルに捉えて生きてますから、悩みもしないし、あえて失敗もないと。そういうと、なにかすごく横着に聞こえるかもしれないですけど、違うんです。失敗というのは、後悔するから失敗なんです。僕は、失敗を「試練」と思ってますから、一所懸命やった結果の失敗、いや、試練は必ず自分の身になります。


樋口武男

やはり伸び伸びと、意欲的に働くことができるような環境づくりと指導が必要だと思います。上から押さえつけてやらせても、それで人間のモチベーションが上がるかというとそうではありません。納得して動くことができる方向に持って行くことが一番大事だと思うんです。そして、公平・公正に見ること。そうすれば努力する方も努力のし甲斐があります。


村田諒太

成長のためには考え続けることが大事で、必死に考えてもがくスランプの時期は絶対に必要です。僕もプロ8戦目で判定勝ちに終わったあたりから、成長が止まった気がしました。フォームを見直し、下がってきたガードを上げようと意識しましたが、しっくりこない。そこで視点を変えて間接的な部分に着目し、体全体のバランスを見直して、いつも踏ん張ろうと意識していた右脚の力を抜いたんです。すると右膝が上がりバランスが良くなって、ガードも自然に上がった。「右脚を踏ん張らなければ」という意識が強すぎて全体のバランスが崩れていたことに気づいたおかげで、スランプを脱出できました。問題そのものではなく、間接的な部分に焦点を当てることで解決することも学びました。あのスランプがなかったら今も悩んでいたかもしれません。


エドガー・ケイシー

あなたの自分の中に奥深く秘められている、内なる創造の花火を外から覆っているものを引き裂きなさい。


神谷えりな

私もファンの方も、同じ人間。自分から心を開いて本音で接すれば、相手も心を開いてくれると、私は信じています。