菊池寛の名言

菊池寛のプロフィール

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

菊池寛の名言 一覧

とにかく勝つ人は強い人である、多く勝つ人は結局上手な人、強い人といわなければならないだろう。しかし、一局一局の勝負となると、強い人必ず勝つとはいえない。定牌を覚えたばかりの素人に負けるかも知れない。
【覚書き|趣味の麻雀について語った言葉】


最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


二十五歳未満の者、小説を書くべからず。
【覚書き|小説は人生経験を積んだあとに、その人生観をもとに書くべきだという主張からの言葉。】


少数の天才や才人だけが創作の権利を壟断した文芸の貴族政治は、過去のものだ。


人への親切、世話は、慰みとしてしたい。義務としては、したくない。
【覚書き|貧乏文士たちへの助力や金銭援助を行うことについて語った言葉。】


菊池寛の経歴・略歴

菊池寛、きくち・かん(本名はきくち・ひろし)。明治末から昭和初期にかけての小説家、劇作家、ジャーナリスト、文芸春秋社の創業者、芥川賞・直木賞の設立者、日本文芸家協会の設立者。京都帝国大学文学部英文学科卒業後、小説家になり雑誌文藝春秋を私費で発行し大成功し財を成した人物。川端康成、横光利一、小林秀雄などの新進気鋭の作家に金銭援助を行った。代表作に『父帰る』『恩讐の彼方に』『真珠夫人』。麻雀好きで日本麻雀連盟初代総裁を務めた

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

毎回、簡単なテーマを設定することが大事。毎回テーマを持つと、マンネリ感がなくなっていつも新鮮な気持ちを保てる。


米村でんじろう(米村傳治郎)

やり続ければ、「しょうもないもの」も、「しょうもあるもの」に変わる。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

いまでいうコピーライター、経営コンサルタントの仕事を本格的にやり始めた。こんな仕事を生み出すことができたのも、私を取り巻いている悪条件のおかげである。私は学歴もないうえ、毎日、微熱で悩まされている。とてもまともな勤め人にはなれない。そうかといって、私の肩には家族の生活がかかっている。なにか、家にいて寝転がっていても、頭を動かして食べられる仕事はないものかという考えからである。
【覚書き|昭和ゼロ年代に経営コンサルタント兼コピーライターをはじめた当時を振り返っての発言】


山崎浩一(コラムニスト)

情報に振り回されないようにした方がいい。そのためには自分との対話が必要。でもそれはみんな、ボーッとしている時間や、退屈している時間にやっているんですよ。「自分は何にワクワクするのか」って。そこで自分のニーズが分かると思います。


角田秋生

今後は実績広報のようなことも含めて、公文の神髄を伝えていかなくてはと思っています。創業から半世紀以上が経ち、いま公文のOBやOGが第一線で活躍し始めています。「公文式で学んだことで、集中力が高まった」「作業を進める力が身についた」などとおっしゃる方が増えてきたのです。これは我が社の財産と考えています。


矢野一郎

第一主義はものすごく重要だ。一番初めにことを始めるには、必ずそこに創意工夫、努力、そして勇気が必要だ。それをしっかりとDNAとして受け継いでいこう。


大林伸安

ギブアンドテイクのポイントは、50:50の関係はなかなか成り立たないということ。自分では「これだけやったんだ」と思っていても、相手はそこまで「やってもらった」とは考えていないかもしれません。だから、私はギブとテイクの割合を7:3と考えるようにしています。ギブを多めに考えておけば、人間関係で苛立つことも少ないし、相手も気持ちよく応えてくれるはずです。


渋沢栄一

老人が懸念する程に元気を持って居らねばならぬ筈であるのに今の青年は却て余等老人から「もっと元気を持て」と反対な警告を与へねばならぬ様になって居る。危険と思はれる位と謂うても、余は敢えて乱暴なる行為や、投機的事業をやれと進めるものではない。堅実なる事業に就て何処までも大胆に、剛健にやれといふのである。


家守伸正

本当にメジャーと互角に戦うなら、決して泣き言を口にしてはいけない。彼らも世界各地で様々な問題を抱えているはずですが、狼狽する姿は絶対に見せない。これこそが世界で戦うトップの姿。


中野憲太

毎日が仕事であり、休日です。その差はありません。仕事と思って仕事をしたことも、遊びと思って遊んだこともありません。仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事があります。毎日が休日です。


魚谷雅彦

私は社内で、「イチガン(一丸)」という言葉をよく使います。例えば販売活動を支援するイベントでは、現場スタッフだけでなく、役員や本社スタッフ、研究開発・生産部門のスタッフも参加し、ともに汗をかくことで、団結力を強めてきました。


高橋祥子

実は、起業したことを両親に打ち明けたのは会社を創ってしまった後なんです。父は「何をやっても応援するから自分の好きなようにすればいい」とすんなりと理解してくれました。さすがに母は心配して、安定した大手企業に就職することを望んでいたようでしたが、結局心配されたからやめるという性格でもないので、自分のしたい起業を選択しました。


小林佳雄

自分の常識と組織の常識が違ったとき、どちらが正しいかを決めることが重要。考えることを止め、思考停止してはいけない。自分の勘を信じて決断することだ。


徳川家康

多勢は勢いをたのみ、少数はひとつ心に働く。


佐藤一彦(不動産投資家)

不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


ページの先頭へ